新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 次は | トップページ | 鉄道事故 »

2011年7月24日 (日)

ひょんなことから

昨日twitterでひょんなことから軍艦の話になりました。

アニメ・SF映画から昔の軍艦の話になったのですが 乗り物好きの小生はすぐ食いつい

てしまいました。

 

小生が子供のころ読んだ物語に「戦艦大和の最期」がありました。その中で特に印象に

残っているのが「ゴリラ」と呼ばれた有賀艦長と最期まで生き残った駆逐艦「雪風」でした

 

      駆逐艦「雪風」 陽炎型の8番艦   

      基準排水量2000トン 全長118.5m

      速力35.5kt

です。戦闘があるたびに無傷で帰還する 好運艦でした。

  (一説には 僚艦が次々沈むので疫病神・死神とも呼ばれたとか??)

 

 最終的に太平洋戦争に参加した新鋭駆逐艦50隻の中で16回以上の戦闘を行ってい

るにもかかわらず唯一最期まで生き残っています。

201005150101002de_2  

 ほとんどの大きな海戦に参加しながらほとんど無傷というのがすごい。 

 

 最期の本格的な戦闘となったのが「大和」の沖縄特攻戦でした。

そのときには連合軍機400機近い攻撃に 戦艦1「大和」 軽巡洋艦1「矢矧」 駆逐艦

8隻からなる水上特攻隊はなすすべもなく「大和」は魚雷10本以上 爆弾5発以上を喰

らい(魚雷のほとんどが右舷に命中したという その米軍の作戦管理もすごいですが)

数時間後に大爆発を起こして沈没、他の艦艇もほとんど沈んでいく中 唯一隻「雪風」

だけが「ワレ被弾セズ」と無電を発信しながら戦闘海域を走り回っていたと言います。

最後は沈んだ船たちの乗組員たちを救助し 帰還したといいます。

 なんか かっこいい と思うのは小生だけでしょうか?

 

 しかも「雪風」はこれで終わりませんでした。しばらくは武装解除し復員輸送船として

南国の島からの復員業務に従事した後 1947年に中華民国に引き渡され(戦時賠償

として)「丹陽(タンヤン)」と名前を変え なんと中華民国海軍旗艦として軍務に復帰し

ているのです。その後 1965年(なんと小生が5歳になっている)に退役し 1970年に

解体された(日本への変換活動もあったそうですが)そうです。

 今もその錨は 江田島の旧海軍兵学校においてあるそうです。

 

 これが 奇跡の駆逐艦「雪風」の生涯です。

 日本海軍には 40kt以上の速力が出た「島風」 など個性的な駆逐艦がありますが

それらの中でも一番 有名になった駆逐艦であったと考えます。

 アニメ宇宙戦艦ヤマトには「雪風」をモチーフにした「ゆきかぜ」が出てきますがその

艦長が古代進の兄 守です(実写版 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』では堤真一が)

 (このあたりのネタから 軍艦の話になったのですが)

 ある意味 雪風 のすごさの表れでしょうか?

 

  「ワレ被弾セズ」 なんか映画のタイトルになりそうです 

 

 

 

 

 

 

« 次は | トップページ | 鉄道事故 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひょんなことから:

« 次は | トップページ | 鉄道事故 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK