新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« あこがれの | トップページ | プレゼント »

2011年7月17日 (日)

甘い。。

    今日は 甘いものの話である。

 

 小生の従兄弟に饅頭屋がいる(一昨日 親戚に不幸があり久々会った、元気であった

が少し頭が。。。。。。。。。)

 

 小生の知人に 小倉デニュシュ・饅頭と甘いものばかりのツイートをするやつがいる。

さっきは、おはぎ尽くしの写真が

P_m

 彼はキット  糖尿3秒前である。(彼に言わすと小生はメタボ3秒後だそうであるが)

 

 こうなると やはり甘いものを書かずにはいられるまい。

 小生も洋風菓子よりは 和風菓子のほうが確かに好きである。その意味では上記甘ツ

イリストのやつが小倉デニュシュとしているのはやはり邪道と言う気がしてならない。ここ

は小倉アンパンが正しい選択であるということを明言しておきたい。

 

 さて本題であるが、饅頭とは基本的に 「生地で餡を包んだもの」 と定義できる

と考えます。(それを蒸したものというのもありましたが) 

 その意味では 小倉アンパンも饅頭の範疇に入るかもしれません。

当然 豚マン もこの饅頭の範疇ですし 餃子 焼売 もそうかもしれません。もともと

 中国の饅頭(マントウ)がルーツだといわれているのでさしずめ従兄弟と言った所で

しょうか!!。

 和菓子の範疇に入る饅頭だけでも何種類もあります。生地での分類・餡の種類・調理

方法とさまざまなので(小生個人的には塩饅頭が好きです、はい 塩饅頭です お忘れ

なく) このブログでは書ききれません。(くどいようですが 参考に塩饅頭写真です)

100x100_5610_801

 又 日本古来の行事等でも饅頭は出される場合があります。

 これは やはり古来は甘いものが非常に贅沢なものとされていたため 甘い饅頭は

喜ばれるので 慶弔の行事で多様に使用されるのです。

 因みに 本日の弔事では 従兄弟の作った上用饅頭が用意されていました。

Evernote20110716203a023a25_2

  後でいただきました ご馳走様でした。

 さて、生地に包まれる「餡」(あるいは餡子)ですが饅頭に入れるものは 小豆をはじめ

とする材料を甘く煮た具や、でんぷんを糊化したものが多いようです。

    (先に書きましたように たとえば餃子に入れるのも餡ですがここでは甘いもの

     限定とします)

 小豆を原料とする場合 大きく分けてつぶ餡(小倉餡)とこし餡に分類できます。

 (ここで 糖尿3秒前の彼と意見が分かれます 彼はやはり邪道な小倉餡が好きで

  すが 小生は上品な こし餡 が好きです ここは性格のよさが出てしまうようです)

 因みに小倉餡は

041d720cs_2

こしあんは

23002m

他に 白餡 黄身餡 ほかもろもろ書ききれないほどあります。

因みに小生の従兄弟は、日本屈指の黄身餡の銘菓、吉宗吹上を作る2代目であります

    (興味のある人は 阪急宝塚線 庄内駅西側 菓匠 栄久堂吉宗 まで

        http://kimian-zeppin.at.webry.info/

 結構 コーヒーなんかとも合いますよ!!

Img_284358_5172456_10_2

 いろいろ種類はありますが やはり 和菓子は良いと思うのですが。。最近では大阪

方面では堂島ロールなんかが有名になり洋菓子びいきなのかもしれませんがまだまだ

和菓子にはがんばってもらわないと 、がんばれ和菓子 頑張れ栄久堂吉宗

(糖尿病には注意しましょう !!!)

 

« あこがれの | トップページ | プレゼント »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘い。。:

« あこがれの | トップページ | プレゼント »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK