新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« たんすの扉 蝶番 スライド丁番 ドライバー 道具 No155 | トップページ | サッカー 遠藤選手 ダイビング スキージャンプ  No157 »

2011年9月27日 (火)

スーパーカー  LP700 LP500  No156

 先般Twitterにこんな呟きが 

  ジャスコに買い物に行けば小生の車もスーパーカー

 まあ 冗談はさておき 以前にも書きましたが小生が中学

生のころはスーパーカーブームでした。

漫画「サーキットの狼」がきっかけになっていたと思いますが

 

 その中で ひときわ人気が高かったマシンの中に LP500

(市販車はLP400)カウンタックがあります。

 (現在 「カウンタック」 ヤングジャンプに連載中です)

220pxlamborghini_countach_lp500s 1970年代のスーパーカーです。

 今から40年前だが デザインは斬新です

 

 さて 現在その後継として 昨日から 新型車

   「アヴェンタドール LP700」

が発売されます。

 価格は ほんの 3600万円弱 安いでしょ!!!

 エンジンSPECは

 LP500は 440馬力/7400rpm  51.0kgm/5000rpm

  に 対して

 LP700は 700馬力/8250rpm  62.2kgm/5500rpm

かなりのパワーUPです。

 デザインも中々です

Lamborghiniaventador001  エンジンルームが

Lamborghiniaventador003

 

 極めつけは コックピット

Lamborghiniaventador004

 

  近未来的です。小生が子供ならめっちゃあこがれるでしょう。

「アヴェンタドール」とは、ランボルギーニの伝統通り、スペイン

の闘牛に由来するもので、1993年10月にサラゴッサ闘牛場で

開催された「トロフェオ・デ・ラ・ペーニャ・ラ・マドロニェラ」に出

場しその傑出した勇猛さを称賛された牛の名前から採られた

という。

 車体構造は、ムルシエラゴよりさらに前のモデル「ディアブロ」

から続いて来た鋼管スペースフレームをついに捨て去り、先進

的なカーボン・ファイバー強化プラスティック(CFRP)製フル・モ

ノコックに。これにより高い剛性と受動安全性、そして軽量な車

両重量を実現したという。乾燥重量は1,575kgとムルシエラゴの

標準モデルより約100kgほど軽い。全長4,780mm×全幅2,265mm

×全高1,136mmというボディ・サイズは、ムルシエラゴと比べる

と17cmも長く、2cmも幅広くなっている。

カーボン・ファイバー製のドアは「カウンタック」から続く伝統を受け

継ぎ、上に跳ね上がるように開く。

Lamborghiniaventador005 パワー・ユニットに組み合わされるのは、やはり新開発の「ISR

(インディペンデント・シフティング・ロッド)トランスミッション」と呼ば

れる7速セミAT。名前の通りシフティング・ロッドがギアを分離する

前に、別のシフティング・ロッドが次のギアを噛み合わせるという機

構を持ち、変速時間は僅か0.05秒と「フェラーリ599GTO」を0.01秒

上回る。

強大なパワーはハルデックス社製電子制御4輪駆動システムを通

して前後輪に伝えられ、最高速度350km/h、0-100km/加速2.9秒

を達成。ムルシエラゴよりも10km/hと0.5秒ほど速くなっているが、

燃費とCO2排出量は20パーセントも改善されているそうだ。

足回りにはF1からインスパイアされたというプッシュロッド・サスペン

ションを採用。フロントは19インチ・ホイールに255/35タイヤ、リアは

20インチ・ホイールに335/30タイヤを装着する。ブレーキ・ディスクは

カーボン・セラミック製で、フロントに400mm径ディスク+6シリンダー

・キャリパー、リアには380mm径+4ビストン・キャリパーが備わる。

最新鋭の航空機のようにデザインされたというコクピットは、計器板

の代わりにTFT液晶ディスプレイが情報を伝える。サブ・ディスプレイ

は標準装備のカーナビとマルチメディア用。センター・コンソールにあ

る赤いカバーが付いたスターター・ボタンを押せば、背後で12気筒が

目覚めるというわけだ。また、スイッチによってエンジン、トランスミッ

ション、ディファレンシャル、ステアリング、ダイナミック・コントロール

などの特性を切り替えることができる「ドライブ・セレクト・モード・シス

テム」が付き、走行条件に合わせて「ストラーダ(公道)」「スポーツ」

「コルサ(サーキット)」の3段階から選べるという。

 試乗記事では レポーターが 「コルサ」モードに入れることが恐か

ったとも書かれていた。

内装は13色のボディ・カラーと2トーン・カラーが選択できる。もちろん

色と素材を "ノー・リミット" で自由に選べる特別注文プログラムも用

意される(おそらく請求される金額もノー・リミットなのだろう...)。

 

 これだけのかっこよさと性能が たった3600万円 安いでしょ!

 初回は世界で700台なので早く買わないとなくなります。

 

 小生は 余り安物を買うのも何かと少し躊躇しています。

(たぶん 一生躊躇ですが。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。)

« たんすの扉 蝶番 スライド丁番 ドライバー 道具 No155 | トップページ | サッカー 遠藤選手 ダイビング スキージャンプ  No157 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパーカー  LP700 LP500  No156:

« たんすの扉 蝶番 スライド丁番 ドライバー 道具 No155 | トップページ | サッカー 遠藤選手 ダイビング スキージャンプ  No157 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK