新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 愛読書  読書  どれだけ読むか  雑誌感   No144 | トップページ | タブレットの話題  さて売れるかな  S     No146 »

2011年9月16日 (金)

スケバン  最近見かけない   NO145

そう言えば 最近「スケバン」さんを見なくなりました。

 

 (現代人は 桜塚やっくんのイメージで考えてください 色々写真

 探しましたが それももはや余り無い)

 一番「スケバン」さんを見かけたのは小生が高校生の頃から社会人

初期なので、70-80年代の頃ではないだろうか。

 チョンバックを振り回してロンスカで街を徘徊するアフロヘアーの女

の子などは、さっぱり見かけなくなった。

アンパン、マッポ、マブダチ、シャコタン、タイマン…これらの言葉は、

確かに今使用していたら笑われるだろうが、あの当時は彼女たちの

言語文化だったと記憶しています。

 

 少し調べてみると

 「スケバン」さんの起こした数々の記事で 有名なのが、1974年の、

護国寺30人乱闘事件だ。これは豊島区内の高校の2つのグループに

よる覇権争い。あなどるなかれ、彼女らの使用する武器は、タバコの

火、カミソリ、木の棒、それに自転車のチェーンを振り回す等々…。特

にチェーンは、肉を一瞬にしてそぎ落とし一生の傷が残る代物である。

 また、例えばこの頃に、○○○○ランドのスケートリンクで抗争が勃

発したが、スケート靴で殴り合いになり、リンクが血染めの修羅場に

変わった。手当たり次第にそこらにあるものが武器になり、本気度が

極めて高いのもこの頃の抗争の特徴である。

 

 と NETにありました。なんと恐ろしいことをしていたのでしょう!!

 

 今でこそオタクの聖地である中野ブロードウエイも、70年代は、地元

のスケバングループと新宿のスケバングループのシマ争いの「聖地」

だったと言うのですから 世の中の移り変わりを感じます。

 80年代に入ると、スケバンは街から消えていった。

 

 彼女たちも既に50歳を過ぎているはずで 彼女たちは早婚で有った

から既に おばあちゃんになっている人も多いであろう。

 「スケバン」のおばあちゃん ちょっとイメージが合いませんが 

 「ほめたって何にも出ないよ^^」

とか

「おい、見世物じゃねえんだよ」

 何て お孫さんに喋っているのかな??・

 こうして、スケバン文化の痕跡だけが 文化(と言えるかどうか)として

残っていくのかもしれない。

 

 

 その当時 「スケバン」さんをテーマにしたアニメがあり それを実写

化したのが 

  「スケバン刑事」

 そうご存じ 斎藤由貴(45) 南野陽子(44) 淺香唯(41)です 

 (括弧内はお歳です)

 31r1319mh7l__sl500_aa300_  あの当時は 素敵でしたが。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 小生は 南野陽子のイメージが強いのですが? みんなそれなりに

お歳を召されました。

あくまでもイメージだけで小生がドラマ見ていたわけではありません。

それでも記憶していたのですから あの当時の 「スケバン」の強烈

さが 小生の頭に書き込まれているのでしょう。

« 愛読書  読書  どれだけ読むか  雑誌感   No144 | トップページ | タブレットの話題  さて売れるかな  S     No146 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スケバン  最近見かけない   NO145:

« 愛読書  読書  どれだけ読むか  雑誌感   No144 | トップページ | タブレットの話題  さて売れるかな  S     No146 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK