新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« クラウド?? オンラインストレージ 容量は??  No195 | トップページ | 7?  Vista?  XP?  X?    No197 »

2011年11月 6日 (日)

520日?? 6人は男だけ?? ムムム  No196

 昨日こんな記事が NETに載っていた。

 

火星想定旅行から6人が「帰還」、520日間の隔離生活が終了

     http://p.tl/zwur

 彼らが暮らしていた施設がこれだ  「火星500」

T_tky201111040110

 記事によると 火星への有人飛行を想定し、昨年6月から

モスクワで行われていた隔離実験「火星500」が4日終了し、

参加していたロシアや欧州、中国の医師や宇宙関連の専門

家の男性6人が、520日間の隔離状態から解放された。

 

 火星への有人飛行を想定し、昨年6月からモスクワで行わ

れていたらしい。

 隔離実験「火星500」は4日終了し、参加していたロシアや

欧州、中国の医師や宇宙関連の専門家の男性6人が、520

日間の隔離状態から解放された。

 火星往復のシミュレートで520日間を想定したらしいが(実験

期間の520日は、地球からの往路(250日)と火星着陸(30

日)、復路(240日)を想定した)。此処まで同じ場所・面子だと 

 「同じ科学実験の繰り返しで、もう関心が薄れてしまったよ」

とメンバーはこぼしていたらしい。でも実際に火星に行くとした

らそんな事言ってられるのだろうか??

 

 火星500ではロシア、フランス、イタリア、中国からの医者や

技術者6人が約550立方メートルの宇宙船を模した空間で暮

らしていた。食糧は宇宙食だけである。

9月中旬までは外部と直接通話もできなかった。空気は内部で

循環させているが、例えば、トイレは「地球」の下水道を利用して

いたらしい(これは問題かもしれない)。

火星を模したモジュールもあり、「着陸」の間だけ出入りできる。

火星には今年2月に到着した事になっていたそうだ。

「初めの頃に比べると、乗組員はだいぶ疲れて、活動が鈍って

いるのがわかる」。

 6人の様子を司令室から遠隔カメラで見守る上級技術者は話

しているそうだ。(遠隔カメラを使い、施設内の様子を24時間態

勢で見守っている)

T_tky201111040107 

 因みに 、実験期間中に6人の間でいさかいなど問題は

起きなかったという。

 参加者には「調査協力費」として各約300万ルーブル

(約770万円)が支払われそうだが 案外安い と思って

しまった。

 野郎だけなので 味気ないかもしれないが 女性が一人

混ざると 余計に ややこしいかも知れない。

« クラウド?? オンラインストレージ 容量は??  No195 | トップページ | 7?  Vista?  XP?  X?    No197 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 520日?? 6人は男だけ?? ムムム  No196:

« クラウド?? オンラインストレージ 容量は??  No195 | トップページ | 7?  Vista?  XP?  X?    No197 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK