新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 吉野家 (AIR吉野家) 餃子の王将 どちらも No313 | トップページ | iPhone統合型SNSアプリ とりあえず決定  No315 »

2012年3月 3日 (土)

貿易赤字 ?? 悪いことか??  No314

 先般 No277にて昨年の日本 貿易収支は赤字

だったと書いた。その後 少し持ち直しつつ有るのだ

が もう大きな黒字にはならないのだと思う。

 貿易で黒字を稼ぎ日本の富を増やす、という国家

的ビジネスモデルの崩壊に「日本沈没」のイメージを

重ねる人は少なくない。

R

 ただ、暗いことばかりでは無いのではとのNET記事

を見つけた。それを検証してみよう。

 次の記事を参照しました。

        http://diamond.jp/articles/-/16368

 

   赤字は悪いこと、黒字は幸せなこと。

語感からそう受け取る人が多いのだが、実はここに言葉

のトリックがあるらしい。

 赤字=損失=経済不安=衰退だとしたら米国の好景気

はなんだったのか。2000年代の初頭、米国の経常収支は

猛烈な赤字を記録した。だがこの頃が米国の絶頂で「史上

最高の繁栄」といわれた。

 逆に、この時期に黒字を貯め込み「世界最大の債権国」

になった日本は「失われた20年」のまっただ中にあったのだ。

逆にバブル経済に酔った1980年末期には、日本の黒字は

大幅に細っていたのだ。

 実は貿易や経常収支の黒字とは、経済の好不況と関係

ないのである。

 なぜ、と多くの人は思うかも知れない。言葉の上で根本的

に貿易や国際収支を「赤字」「黒字」で表現することが間違っ

ており、その 「赤字」のネガティブなイメージで世の中が誤

解している面があるらしい。そもそも 日本の黒字が減るこ

とで、困るのは米国だそうだ。

貿易や投資で稼いだ黒字は、日本国内では使われない国

境の外に流出していることになる(だから黒字と表される)。

「せっかくの黒字だ。国内で使えばいいじゃないか」と考え

る人は多いと思う。その通りだが、貿易で稼いだカネを設備

投資や消費など国内で使えば、輸入が増え黒字は相殺され

る。

つまり黒字は、国内で使いきれない余ったお金を表して

いるのである。

 家計で考えればよくわかる。家計の黒字は貯蓄となるのが

多いだろう。貯蓄は銀行を通じて他人が使う。自分が使うわ

けでは無いのだ。この同じことが国家間でも起きている。

日本は大きな黒字でアメリカ国債を買ってきた。つまり日本

の黒字でアメリカの金融支援を行ってきたのだ。日本人が

せっせと働いた汗の結晶が「対外債権」だが、見方を変えれ

ば、せっせと働いてわたし貯める人、あなた使う人(この場合

アメリカ人)の構造だったのだ。もちろん日本の貿易や金融

は米国だけが相手ではない。だが世界をならして見ると、一

番の債権国が日本で、最大の債務国は米国。つまり日本は

米国の消費と資金繰りを支えてきたとも言えるようだ。

 問題点は その黒字を現状日本は自由に引き出せない。

アメリカ国債を日本は自由に売れないのだ。中国は、自分

の意志で米国債を売ることが可能である。今後その投資を

ユーロへシフトするとも表明した。だから米国は中国を脅威

に感じている。日本にその心配が無かったのだ。

 

 今後だが 日本は今後貿易赤字である。赤字が拡大すれ

ば経常収支の黒字が縮小する。困るのは誰か。

 日本にとって、毎年の黒字が小さくなるが、日本で使われる

カネではない。マクロ経済で見れば日本経済への影響はない

だろう。困るのは「魔法の財布」がなくなる米国なのである。

 貿易赤字が更に拡大し、経常収支まで赤字になったらどうな

るか。日本人の貯蓄で賄われている日本国債の暴落を心配を

する人もいる。しかし よく考えてみよう。

 家計で考えてみよう。所得が減って家計が赤字になったら、

まずは貯蓄を取り崩す。

 これを国際関係に当てはめれば、米国に預けてあった債権

を取り崩すことだ。これは当たり前なのだが 日米関係を見る

と難儀だろう。しかし、見方を変えればチャンスである。赤字に

なったから支払いは貸金から引いてくれ、という交渉は成り立

つかも知れない。 国外に置いていた貯蓄が戻ってくれば、日

本の経済にカネが回りだす。米国に預けていた「購買力」が日

本に取り戻せるかも知れないのだ。

 又、賢いアメリカはそこまで読んで 円安に誘導する可能性

もある。円安になれば日本の企業の国際競争力が上がり貿

易黒字になり アメリカの魔法の財布が復活する。

 それらのことを 見極めることが重要なのであるらしい。

 

 

« 吉野家 (AIR吉野家) 餃子の王将 どちらも No313 | トップページ | iPhone統合型SNSアプリ とりあえず決定  No315 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貿易赤字 ?? 悪いことか??  No314:

« 吉野家 (AIR吉野家) 餃子の王将 どちらも No313 | トップページ | iPhone統合型SNSアプリ とりあえず決定  No315 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK