新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« こんなところに時代の広告があったとは? No584 | トップページ | 明暗 くっきり  夢を持って  No586 »

2012年11月29日 (木)

果たして本当に円安方向?  No585

世間は完全に総選挙ムードである。各政党が乱立して 

党首対談番組が成立しないほどの盛況ぶりだ。前回の 

総選挙で空手形ばかりつかまされた我々は今度こそ真 

に付託できるのは どこか?を見極めて投票する必要が 

ある。

 

そんな中、選挙がらみではあるのだが野党自民党の安部 

総裁が金融緩和に言及したタイミング等で 若干の円安に 

なり 発言した当人はしたり顔である。 

374435_270873123036138_584594884_n
安部総裁 このところFACEBOOKの使い方が非常に旨く

多忙なときには秘書が その様子をアップしており「友達」 

である小生にもその様子が伺うことが出来る。 

又、日本維新の会の橋下代表代行も Twitterに連続投稿 

を繰り返しており 「フォロワー」である小生のタイムライン 

が埋め尽くされている場合すらある。この両名SNSを巧 

みに操っているのかも知れない 

公職選挙法の問題はあるかも知れないが、これからの 

選挙の方向性だろうか??

 

御両名含め 政治家さん達は 公約を守り日本を活性化 

していって欲しいと切に願う。

 

 

さて、此処のところの円安であるが 日経によると安部氏 

の発言以前に 今年のIMF総会にその伏線があるとの記 

事が出ていた。日経系のTVでも取り上げたようだ。

 

Thumbnail_706033837001_333964624002

 「海外の総会出席者から日銀に、白川方明総裁への 

 面会申し込みが相次いだ」と明かす。総会には各国 

 の中央銀行総裁や研究者のほか、金融機関トップを 

 含む多数の市場関係者が出席した。来日をきっかけ 

 に海外投資家の日本への理解が進み、貿易赤字や 

 対外直接投資額の増加など円安要因が改めて意識 

 されるようになったという。「円売り基調が続くという見 

 方は海外投資家の共通認識として根付きつつある」 

とある。

 

現在の日本銀行 白川総裁は確かに重要な使命では 

有る思うが「通貨の安定」にその全力を注いでいる。 

しかし世界の潮流は 通貨を含めての国力の向上であり 

韓国が自国通貨安を背景に エレクトロニクス産業の中 

を席巻しているのは事実である。 

この現状を早く打破して欲しいと考えるのだが、円安に 

ふれると原料費等の円ベースでの実コストが上がる。

   

企業努力の限界と言う言葉は直ぐに受け入れられない 

がそれを口実に 電力各社の値上げ申請が相次いでい 

る、さらなる円安でそれが加速されてはたまらない。 

   

経済は難しい 先の日経の記事では現状 円安方向に 

各国中央銀行は舵を切っているように書いているが、 

それが持続するかは まさに一寸先は闇である。 

その舵取りを 誰に付託するか。。。。 

そう言えば 白川総裁 本来は副総裁であったのが政 

治に振り回されての総裁就任であった。そんな人事を

繰り返しては行けないと思うのだが。。。。。。。。。。。。

    

嘉田知事 海部元首相の二の舞には決してならないでく 

ださいね!!!

« こんなところに時代の広告があったとは? No584 | トップページ | 明暗 くっきり  夢を持って  No586 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果たして本当に円安方向?  No585:

« こんなところに時代の広告があったとは? No584 | トップページ | 明暗 くっきり  夢を持って  No586 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK