新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« さてその後のR732  No609 | トップページ | さて久々の中国である No611 »

2012年12月24日 (月)

それにしてもである  報道 No610

マスコミの使命の一つに時の政権を常に監視しそれを 

報道する事により有権者たる国民に知らしめると言うこ 

とがあること異論を唱える人は無かろう。 

そこに現在は強大な権力が生まれ今や三権ではなく 

四権だと言う人もあるくらいだ。 

報道各社それぞれに意見がある事は当然でありその 

主義主張は 各報道に色濃く出てくる物なのだが それ 

が余りにも偏向を持ち あたかもその視聴者、読者を

誘導するようになっては 報道としての使命からは逸

脱していると言わざるを得ない。

      

先の総選挙の前 台風の目と言われていた橋下徹大 

阪市長(当時は日本維新の会 代表)の出自に関する 

週間朝日の記事が物議を醸し出したのは記憶に新し

いはずである。全く論外の事件で 週間朝日 及びその

親会社たる朝日新聞の全面降伏と相成ったのである

が、その週間朝日が 総選挙後に出した号の表紙が

今、新たな問題を。。。。。。。。

      

自民党総裁 安倍晋三氏が FaceBookにアップしてい 

たのだが 

第45回と第46回の総選挙後の表紙の比較で有る。

154443_515632811794782_828505330_n

明らかに 国民が選択した新政権なのだがその門出に 

対して此処まで報道を偏向するか? と言うような表紙 

であり こうなると今回の総選挙で安倍政権を選択した 

有権者達までを馬鹿にした報道であり 如何なものかと 

考えてしまう。 

いったい週間朝日が前回の総選挙後報道した「民主 

党革命」とはどんなものだったのであろうか?その総

括もせずに 次の政権が自身がお気に入らないとする

と不安をあおり立てるのでは 果たして報道機関として

の見識が有るのだろうかとも思う。

   

せめて この三年間の民主党政権が何であったのか、 

自身が報道した記事が正しかったのか?ぐらいの検証 

記事を登載した後での 記事とすべきである。

      

更にである、この週間朝日 別の問題を引き起こした。 

 

  日本肝胆膵(かんたんすい)外科学会(宮崎勝理 

  事長)の名前を無断使用し、病院施設に多額の広

   

告料を要求していたことが判明したとして、同学会 

  が週刊朝日側に抗議文を送付していたことが20日

  分かった。

 

と記事が出ていた。

 

  学会によると、週刊朝日は平成25年2月発売予定 

  の「手術数でわかるいい病院2013」に掲載する広告 

  企画で、「取材協力」として学会と理事長名を無断で 

  表記。多くの病院に広告料として100万円以上を要 

  求していたとされる。 

 

これが事実であれば もはやその存在意義は無いのでな

いか?お金を出さないと いい病院では無いのか??

全く持って 馬鹿にしている。

 

こうも立て続けに問題を引き起こす週刊誌 こうなると 

他の週刊誌が 

   「抗議数で分かる良い週刊誌2013」

なんて特集を組まないといけなくなるのでは??

« さてその後のR732  No609 | トップページ | さて久々の中国である No611 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それにしてもである  報道 No610:

« さてその後のR732  No609 | トップページ | さて久々の中国である No611 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK