新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 円安での悲喜こもごも  日本企業としてのありかた  No746 | トップページ | ブランド力はデザイン力??  知る人ぞ知る  No748 »

2013年5月11日 (土)

この記事NOですから ジャンボ  心残り   No747

 この記事NOである以上 この内容になるのは致し方

有るまい。

 

 30歳代以上の人で始めて乗った飛行機がボーイング

747型機である人は 多いのではないだろうか??

 1969年初飛行であり 翌1970年には日本航空にも導入

されており 1970年に放映された アテンションプリーズ

(主演 紀比呂子)でも その雄姿が映し出されている。

Photo
 少し 747型機のお勉強を

コメットで幕を開けたジェット旅客機の時代は1950年代

に開発された ボーイング707 及び ダグラスDC-8が

1960年代には世界中を飛び回っていたが そのキャパ

は150-200人乗りであった。各航空旅客会社はその機

材で乗客の獲得競争を行っていたのだが、その中で

パンアメリカン航空(パンナム)は 当時 将来の航空機

として 各社が超音速機を考えているにもかかわらず、

航空需要が右肩上がりになると読み、従来機の2倍以上

(400人)の乗客キャパをもつ大型機の開発をボーイング

社に要求した。米軍向けの大型貨物機競争でロッキード

社に破れた(その時の勝利した貨物機がC-5ギャラクシー

である)ので 開発途中の機体を旅客転用しボーイングが

回答したのが 後の747型機であると言われる。

 計画当初はALL2階建ての案もあったようだがFAA基準

である 全乗客が90秒以内に機外に脱出できること が

クリアー出来ないと判断し断念したそうである。

 因みに ボーイングでは将来は超音速機の時代になる

と考えていたので 大きな頭は将来貨物機に転用できる

様に残したとも言われる。

 或意味当初は あくまでも繋ぎ・急場しのぎの機体との

考えであったのだから その後莫大な利益をもたらすとは

ボーイングも考えていなかったであろう。

 計画はパンナムが20機を発注したことで実生産になる

のだが 其れを聞き 英国航空や日本航空が相次ぎ発注

しボーイングは本腰を入れだしたとも言われる。

 7478     パンナムはその後倒産している。

  

 当初は エンジン性能が所定の能力に達せず 超長距離

運用には困難さがあったが 次第に改良が進み 最終的に

は 東京-ニューヨーク間の飛行もこなせるにまでなった。

(-200型)

 

 この機体がベストセラーになったのは 当時の時代要請と

細かい改良を続けたことになろうか 同様のキャパを持った

機体が無く 選択肢もなかったのである。

 大きな機体であるにも拘わらず エンジンの高性能化及び

巧みな翼の補助翼などで 離着陸に必要な滑走路長を必要

としなかった事も大きい。

7474
これらにより 1970年から今でも改良型機の生産が続いて

いるのである。(実に40年を超えているのである)

 

 747型機の特徴の一つは大きな頭を利用した2階席であ

る 当初は ラウンジみたいなものも考えられていた様だ。

7471
 実は747型機が飛び出してから分かったのであるが、

この大きな頭部分と 垂直部分の距離が短いほど燃費

が良くなる。当初の改良型機である -SPで 機体を短く

した所(始めは軽量化の意味で機体を短くしたのだが)

著しく燃費が向上したのである。 その為 -300からは

その頭部分を後ろの延ばし(SUD スーパーアッパー

デッキの略) 乗客キャパを増やし燃費を良くする一石

二鳥が測られている。

 (増やしたキャパはYS-11 1機分に相当するのだ)

 初期型が

7476
 そして SUD が

7475
である。

 

 当初のコックピットは

7477
 と 今となっては古めかしいが -400になると

グラスコックピットが採用されている。

74710_2
  

 ベストセラー機で有る故 変わり種も多く 各国の政府

関係機体も多く存在する。

 有名なエアーフォースワン(知っておられる方もいるが

エアーフォースワンは アメリカ大統領が乗っている機体

と言う意味で この機体を特定するものではない)

 VC-25 が正規の名称である。

A1_3
 日本国政府専用機(此は正式名称である)

Photo_2  ( コールサインは任務により変わる

   Japanese Air Force 001/002: 任務飛行中場合。

   Cygnus 01/02: 訓練時、および任務外移動時。等)

などである。

 

 全部で1500機に近い製造がされ 航空会社1社による

合計発注機数は、日本航空の113機が最多である。

 

 さて 乗り物ファンの小生の心残りは 747型機の2階に

乗ったことである、此は実に残念なのであるが日本の航空

会社からは 退役しているので その望みは叶えられない

可能性が高い。諦めたわけではないが。。。。。。。。。。

747型機 通称ジャンボ(因みにであるが この通称当初

はボーイング社は認めたがらなかったそうであるが)は今

も世界を飛び続けているのである。

7473

 書くことが多すぎて 書きたいことの内少ししか書けな

かった 又日を改めて 蘊蓄を。。。。。。。。。。。。。

« 円安での悲喜こもごも  日本企業としてのありかた  No746 | トップページ | ブランド力はデザイン力??  知る人ぞ知る  No748 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この記事NOですから ジャンボ  心残り   No747:

« 円安での悲喜こもごも  日本企業としてのありかた  No746 | トップページ | ブランド力はデザイン力??  知る人ぞ知る  No748 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK