新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 本ブログの 右側サイドバーを修正しました  No790 | トップページ | US-2機  日本が誇る飛行艇 もし無ければ  No792 »

2013年6月24日 (月)

決して負け惜しみでは  634vs642  自然の恵み No791

 この記事は決して負け惜しみでは有りません。先に

明言しておきます。

 

 元ネタは少し古い日経からです。

相変わらず 東京スカイツリーは多くの観光客で賑わって

いるそうである。本来はテレビ等の電波塔であり東京地域

に電波を送り届ける為の施設だ。東京スカイツリーが出来

るまではその任は 東京タワーが担っていた。

 東京スカイツリ-(2012年竣工) 高さは有名なムサシ 634m

Photo_3 そして 東京タワー(1958年竣工) 高さは332.6mだ

Photo_4
さて このタワー(塔) 関西では どうだろうか??

京阪神の有名どころでは 

 神戸ポートタワー(1963年竣工) 108m

Photo_5

京都駅前の京都タワー(1964年竣工) 131m

Photo_6
そして 我が大阪では 通天閣(1956年竣工)100m

Photo_7
で決まりだろう。

 しかし それぞれの高さを見ているとそのスケールは

東京スカイツリーも東京タワーも 京阪神の3タワーと

比較して 数段違う、明らかに京阪神の3タワーは低い

のだ。

 どうしてだろうか?????????????

 

関西人は ケチなので 高いタワーを作らないのか??

「アホ(馬鹿)と煙は高いところの登る」のことわざ通りで

東京人は馬鹿なのだろうか???

 

なんて事は決してありません。

冒頭にも書いたように それは。。。。。。。。。。。。。。。。

 スカイツリーにしろ東京タワーにしろ電波の発信塔ですが

京阪神の3タワーは 基本的に電波を発信していません。

あくまでも観光目的なのです。

では どうして京阪神には電波塔が無いのでしょうか??

それは スカイツリーの634mを超えるものが大阪には

既に以前から存在しているからです。

 もう 大阪の方ならお気づきでしょう。

標高642mの生駒山です。(神戸の場合は摩耶山がそれに

当たります)大阪のテレビ塔は生駒山山上近くに設置されて

いるのです。そこに設置すれば十分役に立つので平地に

多額のお金をかけて 高い塔(タワー)を設置する必要がな

いのです。

 大阪の方なら一度は生駒山から見た大阪の夜景や神戸

六甲山から見た神戸の夜景(100万ドルの夜景と呼ばれる

 No290参照下さい)を見たことがあるはずです。

直ぐそこにすばらし夜景が広がります。

Photo_8

 大阪にもかつて電波塔がありました。

    大阪タワー

     (1966年竣工-1997年閉鎖-2009年解体)158m

Photo_9
     しかしこの電波塔も 朝日放送からの電波を生駒山

     への中継電波を送信する為の物であり一般視聴者

     は生駒からの電波を受信していました。

      このタワーの中層109mの所には朝日放送のスタ

     ジオがあり毎朝 「おはよう朝日です」 の生放送を

     行っていたのだが1995年1月17日の阪神大震災の

     時間はまさにその時である。 が しかし この時期

     エレベーターの保守点検時期であった為にこの中層

     スカイスタジオは使用していなかった。もし放送してい

     たらあの地震を100m以上の所で生放送となったの

     だが。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

話しを元に戻します。

 そう言うことで 大阪には大自然が作り出した 634mより

も高い(此処は強調します)642mの生駒山があるおかげで

無駄な(此処も強調したい)お金を使うことなく皆さんがテレビ

を見ることが出来るのです。

 そう言えば その642mの生駒山に昔は愛する奥様(その

当時は愛する彼女でしたが)と夜景を何度か見に行きました。

 また久々に 愛する奥様と出掛けようかな。。。。??













 

« 本ブログの 右側サイドバーを修正しました  No790 | トップページ | US-2機  日本が誇る飛行艇 もし無ければ  No792 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 決して負け惜しみでは  634vs642  自然の恵み No791:

« 本ブログの 右側サイドバーを修正しました  No790 | トップページ | US-2機  日本が誇る飛行艇 もし無ければ  No792 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK