新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 決して負け惜しみでは  634vs642  自然の恵み No791 | トップページ | 日本人は保守的??  NETアレルギー??  No793 »

2013年6月25日 (火)

US-2機  日本が誇る飛行艇 もし無ければ  No792

 先般ニュースキャスターの辛坊治郎氏の遭難騒動は

ご存じかと思う。

 その際 海上自衛隊厚木基地から 2機その救援に

向かったのが海上自衛隊が誇る救難飛行艇US-2機

である。

 製造は新明和工業である。

実は日本(と言うか新明和工業) 飛行艇に関しては世界

最先端で それら古く1941年にまでさかのぼる。

 

 日本海軍が開発製造は川西飛行機(今の新明和工業)

が担ったのが 2式大艇。4発大型飛行艇としては世界の

傑作機と呼ばれた。

 その技術は戦後も引き継がれ 1974年 世界始めての

水陸両用飛行艇として US-1がデビューする。

   飛行艇の有利な点として、洋上での発着が可能なこと

   から、飛行場の無い離島へもアクセスできること、ヘリ

   コプターより長い航続距離と、ヘリや船舶よりもはるか

   に高速であることがある。US-1はこれらの利点を最大

   限に活用できる。

とウィキペディアにある。

 US-1は1976年(昭和51)7月1日に第71航空隊が隊員83名

で発足して全3機が移動した。7月12日に銚子沖東方300マ

イルで発生したギリシャ船乗組員の手首切断事故で初出動、

海上から羽田空港へ患者を空輸して命を救い、US-1の実用

性を知らしめた。以降、機体は6機に増え、1981年(昭和56)

に出動100回、同年にUS-1Aに機種転換され、1982年(昭和

57)3月から厚木に分遣隊を置いた。1997年(平成)に 出動

500回を達成、2005年(平成17)7月までに745回以上の出動

によって、730名以上を救助しているらしい。

 

そしてその後継機として US-1Aは優れた飛行艇であったが、

いくつかの問題も抱えていた。特に海上自衛隊からは、離着

水時の操縦性の改善・患者輸送環境の改善・洋上救難能力

の維持向上などが要求されていたのだが 当時贈収賄事件

が発覚 その開発は遅れただ しかし2001年に試作1号機の

組み立てが開始され 各種テストの後2007年に正式採用

2009年に量産1号機が納入された 導入間もない最新鋭機

であり 現在4機が配備されている。

Us2_2
 その 4機しかない最新鋭飛行艇US-2を2機も使い辛坊

しの救助活動が行われたのだから NETでは各種議論があ

るようだ。

 特に 遭難場所が日本から約1200km強離れている。

  (US-2の航続距離が4700km 往復で約3000km弱で

   あり捜索他のことを考えればぎりぎりの距離である点)

  救助時、現場の波高は3~4m、風速16~18mという状況

  であり US-2の持つ着水条件 波高3mを超える物で

  ある(その為 1機目は救助を断念)

と言ったところからUS-2乗組員11名の命さえかけた決死

の救助であったようで、現に着水時波をエンジンが被り1機

停止(その後再起動は出来たようだ) 更に帰還中にそのエ

ンジンが再び停止し 帰還は1時間以上予定より遅れた。

   (下は帰還時のTV映像で 確かに機体向こう側 手前

    のプロペラは停止している)

Up9546_680

まさに 映画「海猿」(海上保安庁がテーマだが)の様な決死

の救助活動であったようだ。

 どちらかと言えば 地味な装備である飛行艇 US-2

しばらくは主役の座を維持しそうである。

   (個人的には 6月21日 本救助活動に関してTwitter

    上に時には写真入りで 海上自衛隊の投稿が 繰り

    返された 活動の広報 と言う意味では有る程度は

    あるのだろうが有名人の救助活動と言うことで少し

    はしゃぎすぎ と感じたことを申し添える)

 救助後の辛坊氏の言葉

  「この国の国民で良かった!!」

  「どの面下げて 今後コメンテーターが出来るのか?」

    (彼は一時期自衛隊の装備等が税金の無駄

                使いと発言した経緯がある)

が印象に残る。

 やはりこの手の装備 有る程度は必要なのは間違いな

さそうだ。

尚、

 批判等に関しては

   http://www.news-us.jp/article/367142351.html

   本件に関する防衛省最終プレスリリース

   http://www.mod.go.jp/j/press/news/2013/06/21e.html

 参照。

 最終的に 4機の航空機を派遣した一大救助プロジェクト

になっている。費用もかなりもモンだったのだろう。

 (それを考えれば 上記Twitterの連投 もうなずける)

« 決して負け惜しみでは  634vs642  自然の恵み No791 | トップページ | 日本人は保守的??  NETアレルギー??  No793 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: US-2機  日本が誇る飛行艇 もし無ければ  No792:

« 決して負け惜しみでは  634vs642  自然の恵み No791 | トップページ | 日本人は保守的??  NETアレルギー??  No793 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK