新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« スマホ用IP通信系アプリ SMARTalk   No831 | トップページ | オレンジジュース あるブランドの歴史は 炭酸鉱泉 No833 »

2013年8月 4日 (日)

果たしてこの記事が喜ばしいのか?? 下請け  No832

 日経の8/3の記事である。

アップル、高精細液晶搭載の「iPad mini」を10月量産へ

こう載っていたのであるが。。

 記事によると アップルが iPad miniの次期モデルを今年

の10-12月に生産を始めると有った。

 iPhone iPad関連の記事は頻繁出でてくる それだけ注目

も高いのだが、記事の信憑性はたとえ日経でもそれほど高く

はなく結構ガセネタが多いのだが。。

8393041468_78554540d2_z

 今回小生が注目したのは 新型の生産が始まると言うこと

ではない、ディスプレイの製造は サムソン LG シャープが

行うと書かれていた後に こう綴られていたことだ。

 

    Appleの求める品質基準や納期に応えることができる

    のは、Samsung、LG、そして日本のディスプレーパネル

    メーカー数社だけだとウォール・ストリート・ジャーナル

    は伝えている。

此処に注目したい。 

 今までで有れば これらのメーカーの技術力が高いのだ

と読んでいたのだが、先般 雑誌の書籍紹介に

 「アップル帝国の正体」 後藤 直義 (著), 森川 潤 (著)

と言うのがあった。この記事の紹介欄で著者が書きたかった

のは、もはや日本の電子部品メーカーはアップルの下請け

に成り下がった 各メーカーの現場ではメーカーとしての活

力はなく アップルの監視の元 ある意味仕方なく商品を流

す姿がある と。。。。。。。。。。。。。

 アップルは部品メーカーのコストテーブルまで提出させ原

価を把握するようである。

 

 小生は 中小零細企業に従事していて 今まで下請けの

憂き目を 思う存分味わってきた。今 それを我々を下請け

として使ってきたメーカーの人々が味わっている様だ。

 100%言うことは出来ず 引かなければならないことが多

いのが下請けの立場である。規模を無視した無理難題を

押しつけられ右往左往したことも数々だ、それらの憂き目を

彼らが味わっている。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

 そのことに関しては時の流れを感じるのであるが、しかし

日本メーカーの多数に及ぶとなると 危惧する。

 アップルの商品は ある意味少なく 1商品の商談がか

なり大きい その為 失った時の損失が膨大になる それを

恐れ 無理して受注しているところもかなりあるようだ・・

 何社かは 次モデルの商談に破れ 最悪の場合倒産した

所もあるのだ。。。。。業界の一部では 毒リンゴ の呼び名

すら有るとも聞く。。。。。。。。。

そろそろアップル式商談から距離を置く必要が日本メーカー

にはあるのでは無いだろうか?? 確かにアップルに変わる

魅力的な商品を作れる日本メーカーが出て来ないことには

それは無理かも知れないが。、。。アップルの次がサムソン

では日本メーカー どうしたんだ となる。

 がんばれ日本メーカー である。

 アップルに関してネガティブな事を書いたが、別の筋からは

こんな話しも聞いたことがある。魅力的なパーツが開発できた

のだが、そこの会社は経営が苦しく量産化に躊躇していた、

そこにアップルがやってきて とても魅力的なのでお金を出

すから量産化を成功させてくれと ポンと多額の費用を負担

した、メーカーはそのお金で 何とか量産し アップルに商品

を納入することが出来た。と言うものである。

 出すときには出す 絞るときには絞る とメリハリが利いて

いるのかも知れない。

 それにしても あの大メーカーが下請けとは。。。。。。。。

「アップル帝国の正体」買って読もうかな。。

9305523217_766473136e_z

« スマホ用IP通信系アプリ SMARTalk   No831 | トップページ | オレンジジュース あるブランドの歴史は 炭酸鉱泉 No833 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果たしてこの記事が喜ばしいのか?? 下請け  No832:

« スマホ用IP通信系アプリ SMARTalk   No831 | トップページ | オレンジジュース あるブランドの歴史は 炭酸鉱泉 No833 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK