新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 何とか修復は出来ました  たった4ヶ月なのに  No946 | トップページ | うーーんそう言うことか iPhoneのコネクタ  No948 »

2013年11月16日 (土)

これは受け入れるという意思表示だろうか?  JAL ANA No947

 何度か書いている (No905 他) 先般 10月2日に国土交通省

が決定した来春拡大する羽田空港の国際線発着枠において その

配分がANA11枠 JAL5枠と言う決定に対して JALが申し入れて

いた是正に関し国交省は、11月5日 先般の決定通りの配分とする

方針を明らかにした。

 

 今回の配分に関しては JALが猛反発という図式であったが結局

国土交通省が押し切ったことになる。

 その反発かどうかは不明であるが、今まで貿易不均衡等 日米での

貿易摩擦が出るたびに その代替えとして必ず出ていたアメリカ製航

空機の購入という 日本の航空2社の運用航空機比率のアメリカ偏重

に対抗すると言うか 政府の要求にはもう応えないと言うべきなのか

JALは次期主力運用機にアメリカ製ではなくエアバス社の A350の

選定を発表している。

 

 過去、政治家の疑獄で騒がれたように 航空会社の機種選定では

当時の政治家・官僚を巻き込み時には航空会社の望まない機種選定を

特にJALは受け入れてきた。

只、そのやり方がもはや通用しなくなったのは はJALの破綻から

明白である。

 ANAにしてもJALにしても 日本政府という後ろ盾を期待せず

自身で羽ばたく時期に来ているのだ。各国が求めるオープンスカイの

考え方では 各航空会社はどの国からでも自由に路線を設定し航空機

をとばせるようになる。そうなれば 空港のキャパシティだけでその

収益が大きく左右される 現在の羽田の状況はいつまでも続くもので

は無かろう。今はその議論が少し停滞気味であるが 横田基地が仮に

有る程度民間航空会社への門戸を開けば LCCがあっという間に羽

田のキャパを奪うような気がする。 先般 成田から関西へLCCを

利用して更にその思いが強くなった 小生の思うところ 成田も関西

もそれぞれの都市からさほど離れているわけではない。そこに横田や

神戸が加われば 何も無理して羽田と言うこともなくなるし、リニア

が東京-名古屋を45分で結べば中部であっても首都圏空港として機

能出来る可能性だってあるかも知れない。(少し無理があるかな?)

 

 これらの事を考えたのかどうか は全く分からないが 国土交通省

が再配分はしないと表明してから10日後 その後余り発言していな

いJALが FACEBOOKにUPした1枚の写真が小生は気にか

かる。これがそうである。

1460242_669454386420562_98670261_n

 向こうに先に飛び立った ANAの機体 中央に羽田空港(羽田空

港は正式には東京国際空港である)のターミナル そして手前には、

まさに今飛びたとうとしているJALの機体 更に念押しでこの写真

のUP時のコメントが

 「あ、先越された!!」

である。

 

 小生は これを

   先の配分を受け入れるが 今に追いつくからな!!

と言う JALの明確な意思表示と 考えるのだが。。。。。。。。

« 何とか修復は出来ました  たった4ヶ月なのに  No946 | トップページ | うーーんそう言うことか iPhoneのコネクタ  No948 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは受け入れるという意思表示だろうか?  JAL ANA No947:

« 何とか修復は出来ました  たった4ヶ月なのに  No946 | トップページ | うーーんそう言うことか iPhoneのコネクタ  No948 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK