新ブログです

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 本筋ではあるんですが 日本ユニセフ 黒柳徹子  No954 | トップページ | ここまで出来ると確かに一眼レフは? iPhone アプリTADAA SLR No956 »

2013年11月24日 (日)

もはや一太郎では? 時代の流れ? 一太郎は永遠に不滅 No955

 No950で書いたように小生としては20年以上ぶりに日本語変換IME

(昔で言うFEP)をAROKから GoogleIMEに変えた 1980年代から

使用してきたのだが 昔はFEPそのものバリエーションが少なくATOK

の完成度も高く 非常にユーザーも多かった。ということはワープロソ

フトである「一太郎」使用者も多かったということになる。

 

当時を思い出すと 一太郎&ロータス1・2・3 VS EXCEL・WORD

という図式であったかもしれない。しかしさすがにOSとの融合性が高

く一社で全てがまかなえるという点 OFFICEと言う統合化された複数

のソフトという点で 90年代なかばにはその雌雄は決死 特に大企業

ユースでは マイクロソフトの圧勝となったのは 現在ほとんどの方が

EXCELやWORDを使われており事からもお分かりかと思う。

 

  しかし、小生はどうもマイクロソフトのソフトに馴染めない、さすが

にEXCELは業務上受け取るDATA等で圧倒的に多いのでこれを使

用しないわけにも行かず 使用しているが ワープロソフトは先般も書

いた通り 一太郎である。

 はじめに使用したのは 一太郎Ver3当たりだったように思うがその頃

はワープロ専用機「書院」メインであった。パソコンで仕事の量をこな

すようになったのは間違いなく一太郎4.3である。これは確か富士通のPC

(オールインワンだったと思う)にプリインストールされていた。非常に

使いやすく 小生はこの段階で完全にパソコン以降したと記憶している。

 その後 8はしばらく使用したように思う。

 さすが、ここ10年はお財布さんとの熾烈な競争に勝てずリプレイス

が出来ない為、一太郎のヴァージョンは11で止まったままである。

(調べてみたら2001-2002年の商品である---12年も使っている)

更に どういうわけかメールソフトも そして今ブログを書いているの

もジャストシステムの製品だ(xfyBlogEditorである)。

 どうも小生の感性がジャストシステムと合うのかもしれない。

ブログエディターにしても しばらくWindwosLiveWriterを使用したが

現xfyの使用感にははるかに及ばなかった。きちんと使用できその機能

にも全く問題ないのだが なかなか表現するのが難しいところで馴染

めないのだ。

 WORD文書は添付ファイルになることもあり 使用することもある

のだが 未だに読むだけのソフトでしか無く 編集するのであればわざ

わざコピペしてでも一太郎で行うほうが圧倒的に多いのだ。

又、Ver11で止まっていても現在の業務で全くその使用感に問題を

感じないのも完成度の高さなのかもしれない。

 (OSにしてもソフト・アプリにしても完成度の高いものが出てしま

  うとユーザーは乗り換えない やむなく今度のマイクロソフトがXp

  のサポートを打ち切るとアナウンスしているが逆に言うとそれだけ

  Xpの完成度が高かった証である)

2013

 現在 一太郎は 2013玄 が現行モデルだそうだが小生今のところ

Ver11で十分なので 変更する予定もない。

が 果たしていつまで使えるのであろうか自身の文書であれば全く問題

なく使用続けられよう 外部への提出はほとんどがPDF化するので此

も問題なかろう、一番やっかいなのはフォーマットが既にWORDで書か

れていて それに書き加えることで文書が完成するパターンだが此は既

に仕方なく対応しているので大丈夫そうだ。

 と言うことは いつまででもOK とありがたい答えになるのだと本

当にうれしいのだが。。。。。。。。。。。。。。。

 

 小生がメインのワープロソフト変更したら必ずご報告致します。

 

 

しかしである、GoogleIMEの完成度の高さには驚いている。

20年以上使い続けたATOKで 1週間で入力の体感は余り変わらな

くなってきている 辞書の学習機能が優秀なのかも知れない。

 昔 マイクロソフトがIMEの開発に手間取り(初期のMS-IME

の出来はかなり悪かった)ATOKを買いにジャストシステムを訪れた

との話を聞いた事すらある あのATOKに かなり近づいてきている

印象である。

  只、此ばかりは小生が10年以上前のATOKを最新鋭のGoogleIME

を比較しての事 と言うことはご理解ください。最新鋭のATOKは

もっと凄いかも知れないので。

 

 但し、もし今からと言うのでは6000円を超えるATOKと無料の

GoogleIMEとの価格比較もあるのであるから 此は 勝負にならないか

もしれない。

ATOKが使用されないと 一太郎が廃れる すると益々小生は少数派

となる。  うーん 困った問題である。

 

 そう言えば探したのですが iPhoneで一太郎DATAが読める物は無い

ようだ 少し前まで GT-Dcument for Dropvboxなる物で読めたそう

であるが 既にストアからは消えているそうだ。

 ジャストシステムさん AtokPadで読める様にしてくれません

かね???

 (滅多にソフト・アプリ買わない小生が買ったアプリがもっと利用

  出来るのはありがたいので。。。。。)

« 本筋ではあるんですが 日本ユニセフ 黒柳徹子  No954 | トップページ | ここまで出来ると確かに一眼レフは? iPhone アプリTADAA SLR No956 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もはや一太郎では? 時代の流れ? 一太郎は永遠に不滅 No955:

« 本筋ではあるんですが 日本ユニセフ 黒柳徹子  No954 | トップページ | ここまで出来ると確かに一眼レフは? iPhone アプリTADAA SLR No956 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK