新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 仕事納めでした 果たして来年は   No990 | トップページ | 本年最後でございます。 2013年の反省  No992 »

2013年12月30日 (月)

果たしてどの程度危険なんだろうか? 日本語入力  No991

 2013年は情報漏洩に関して様々な騒ぎが有った。やはり一番大きいのは

元CIA職員スノーデン氏の米政府内部情報のスッパ抜きであろうか?

 米政府機関が外国の首脳の携帯電話まで盗聴していたと言う事実を彼が

その国籍と引き換えにすっぱ抜いた事件だが 考えてみれ非合法な事をし

ていたとの事を非合法に情報を漏らしたのであるから 果たしてどちらが

悪いのか?? 日本のマスコミ報道で 彼をスノーデン容疑者と統一して

報道しているのも 小生はかなり違和感を感じる 彼を容疑者と呼ぶなら

日本政府機関やメルケル首相の電話を盗聴していた内容を知ると言われる

オバマ或いはアメリカを「容疑者」と呼ぶ必要があるのではないか???

 

 そんなアメリカは中国のインターネット機器会社 Huawei社の機器に

情報を盗み出す機能があるという理由で政府関係から閉めだした、自身

が行うのは良くて 他人がするのは良くないというわがままな理論にな

る。

 

 小生に関係がある可能性だったのが、年末になり騒がれた 中国製の

IME BaiduIMEのDATAが中国に送信されていると言う事件だ

No950、953 955等で書いた様に小生今年長年お付き合いいただいた日

本語入力 ATOKからIMEを乗り換えた(結局GoogleIMEにしたのだが)。

その際の乗り換え候補の一つに BaiduIME もあったのだ。

予測変換 同音異義語の説明等の部分でGoogleIMEにしたのだが、通常

使用状況では十分使用できるとの判断はしていた。

 (少し 中国製と言うのは確かにひっかかっていた。。。。。)

Baidu  

しかし このニュースもよく読んでみると果たして??と思うところが

ある。

ニュースはこう報道されている

  日本語入力BaiduIMEがユーザーの入力情報を無断で同社のサーバー

  に送信していた。

どうも 「ユーザーに無断で情報を送信していた」という点が問題らし

いのだが 全ての検索エンジンではその検索後を送信している そうし

ないと「検索」なんて出来ない。どうもそれはOKだが 日本語入力の

際にそれを無断でしていた事が問題としているのかもしれないが、これ

も変換効率を良くするため含めてクラウド型の処理を行うというのは今

の技術で有り得る話なのだが(実は無断ではなく インストール時の同

意事項で説明していると百度は説明している)。

No890で書いたがSUICAでもその乗り降りの情報をJR東日本は当

然サーバーで収集している、これを当然自社の設備計画等に利用してい

るうちは本来の目的であるからOKであり それを他社に販売すること

が問題であると述べた。

今回のケースは現時点では 前者だと思う(百度を弁護するつもりはな

く 百度がそれを販売や転送する可能性は無いとはいえないし、有り得

る話なのだが。。。。。。)

 

 どうも情報が無断で使用されることが怖いあまりそれを有効に活用す

るために収集することまで問題にし始めているようだ。

 (そうならばテレビの視聴率なんてそれを調査されている側の人は

  それがわかっているからDATAを作ることすらできるのだが)

 一つに今年映画等でも取り上げられた「ビックデーター」というのが

ネガティブに理解されているのではないだろうか?

 

 この日本語入力問題に関しての小生の見解である。

 小説 ブラウン神父の童心 の中の名言「木の葉を隠すのは森のなか」

は今のスーパーコンピュータには通じないかもしれない ただ小生ごとき

小市民がこんなブログを書くためにちまちま日本語入力をしている情報を

どこかの国が 莫大な費用 を掛けて分析するのであろうか??

 送信されるのを恐れる人達はそれほど重要な情報を保持しているのであ

ろうか? ビックデーターの解析で一番怖いのはやはりその解析すべき情

報が大きすぎることであろう。秘密は隠匿するほど小さなDATAになる

それを解析するのは簡単だ しかし巨大にしてしまえばそれが秘密で有る

かどうかすらわかならなくなる「木の葉隠すなら森のなか」は今も生きて

いるのだと思う。

 (おそらく日本中のパソコンでの日本語入力が全てBaiduで変換され

  その情報が全て送られれば向こうがパンクするように思うのだが)

極論すれば 小生的には日本語変換レベルでの情報送信は許されると言う

認識なのだ。

 

無断に情報を送信するというのは望ましいことではない、ただそれでは

クラウドは成立しない。小生的にはクラウドはまだまだこれからの技術

だそのコンセンサスを来年2014年は確立させる必要があるのかも知

れない。Googleの問題点 FacebookもTwitterの問題点も実はそこにある

皆さん気がついていますか? なぜあなたのほしい商品のCMがFacebook

の右側に表示されるのか??????

 (実は もう既にあなたの情報はかなり漏洩しているのですよ!!

  それを良しとするのかどうかはあなた次第です。)

« 仕事納めでした 果たして来年は   No990 | トップページ | 本年最後でございます。 2013年の反省  No992 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果たしてどの程度危険なんだろうか? 日本語入力  No991:

« 仕事納めでした 果たして来年は   No990 | トップページ | 本年最後でございます。 2013年の反省  No992 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK