新ブログです

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« IFTTTこんな限界が、、、 先行受信は何処へ行った? No1201 | トップページ | この報道に怒りが!!!  実需を考えろ!!  No1203 »

2014年7月29日 (火)

国が変わっても考えることは同じかも??  GODZILLA続編 No1202

 愛する奥様と土曜日夜中に見に行った GODZILLAであるが 前回の

ハリウッド版よりははるかに出来が良かった。と、言うか前回のものは

登場していたのは GODZILLAではない共言える様な代物 完全に爬虫

類であった。

 

 今回は 背中のとげ等の見せ方等にも配慮が見られゴジラらしい雰囲

気が盛り上がってくるよく出来た映画に仕上がっている。小生的にはそ

のストーリーは不満(ゴジラ以外の出演はリアルであるべき)ではある

のだが 映像的には及第点であったであろうか。

 全米ではかなりヒットしているらしく 26日には早くも続編の撮影

が決まったと報道されている。

 

 しかしである 報道内容によると次回作はモスラやラドン、キングギ

ドラが登場し、ゴジラと闘うとのこと。

 Photo

 実質 1964年公開の「三大怪獣 地球最大の決戦」のリメイク版の近

い内容との噂があるようだが 実はこれには小生がっかりである。

 実は この「三大怪獣 地球最大の決戦」はゴジラのキャラクターを

それまでの破壊王 から 人類の味方へ変更したターニングポイントの

作品であり 逆に言うとゴジラのパワー感というか圧倒感が失われ始め

る作品でもあるのだ。(当時小生は 4歳 まだストーリーも分からな

いので その後の子供向けゴジラは僕らの味方という印象しかないのだ)

 Photo_2

 そういえば 今回の「GODZILLA」を見終わった後 観客の人がこんな

話しを・・・・

 「所詮 モンスタープロレスの映画だ!!」

と!!

 小生的には今回はその領域寸前で止まっているかの如く感じたのだが、

そういうとらえ方をする人もいるのかも知れない。これが 上のような

次回作のモチーフであれば 完全に モンスタープロレスの世界に再び

と言うか日本映画でも三度同じ道を歩んだので ハリウッド版がもしそ

うなら四度という事になりかねない。

 

 此処は プロデューサー、トーマス・タル氏の手腕に期待したい所で

もあるが・・・・・・・ 

 そういえば ターミネーターでも 回を重ねる毎にターミネーターは

僕らのヒーロー になっていった。 スターウォーズシリーズにおいて

の最高の悪役ダースベイダーでも最後の最後は主人公を助ける。悪役で

登場しても最後はヒーローになるのは 定めなのかも??)

 

小生的にゴジラは決してヒーローにはなりえない圧倒的パワーの悪役

であるべきと思うのだが。

« IFTTTこんな限界が、、、 先行受信は何処へ行った? No1201 | トップページ | この報道に怒りが!!!  実需を考えろ!!  No1203 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国が変わっても考えることは同じかも??  GODZILLA続編 No1202:

« IFTTTこんな限界が、、、 先行受信は何処へ行った? No1201 | トップページ | この報道に怒りが!!!  実需を考えろ!!  No1203 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK