新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 日本の電子業界 どうしてアップルに。。 しかし。。  No1190 | トップページ | 絶対に有ってはならない  それにしてもどうしてMH??  No1192 »

2014年7月18日 (金)

ベネッセ情報漏洩事件に思う 業務提携なら良いのか?  No1191

 先般より報道等でお馴染みなのが かつてマクドナルドの社長として

有名な原田さんが現在社長を務めるベネッセの情報漏洩である。

6598605069_f7aa6eec28_z

ベネッセの情報管理を行う子会社の派遣社員が その情報を売り飛ばし

ベネッセの競合会社であるジャストシステムの手に渡ったと言う物で有

る。注意深い人が ベネッセに情報登録する際に ベネッセのみにしか

使用していない名前(姓名の内 名をひらがなで登録)でジャストシス

テムから DMが届いたことで発覚したという。

 (世の中には用心深い人がいる物だと 感心しきりだ)

 昨日、情報漏洩社員の逮捕にまで至ったのであるが 小生的には少し

疑問の点がある。

 

 ベネッセの事件は 明らかに個人がその情報をお金にし不当な利益を

得ているのであるから 確かに犯罪であろう。しかし そうではないが

個人の情報が本人の意志とは無関係に行き来していることは現在も有る

のだ。

 

 昨年 7月に騒ぎになったのが JR東日本がSUICAの使用履歴

から乗降駅、利用日時、利用額、年齢、性別等を日立に販売したという

ものだ。

  駅利用者の性別年代構成のほか、利用目的や滞在時間、乗降時間帯

  などを収集し、それぞれのデータに分析を加えた月1回のリポート

  を販売する。スイカ利用時に記録される乗降履歴や利用時間、定期

  券の区間など個人情報を含まない情報をJR東日本から提供を受け、

  日立のビッグデータ技術で解析する。10カ所の駅データ提供を

  1年間契約した場合の最低構成価格は500万円。

と言うものであった。JR東日本は当初「「名前や住所を匿名化しており、

個人が特定される恐れがないため」としていたが顧客のクレームにより

最終的に謝罪する事態になった。

 

JR東日本、Suica利用データ提供について謝罪 希望者は提供データから除外も

 

 つい最近では読売新聞が警鐘を鳴らしているのだが、Tポイントを

運営するカルチャーコンビニエンスクラブ(CCC)-TUTAYA

の運営会社-とヤフー(ソフトバンク)の業務提携である。これにより

4千万人を超えるTポイントカードを持つ所有者が レンタルDVDや

入った喫茶店、購入した医薬品、泊まったホテル、買った本といった

全国7万4000店舗で収集した生活履歴をヤフーに渡すのが可能になる。

 5511705813_149d66c2c0_z

  知らぬ間に履歴提供…ヤフー・Tポイント相互に

 

小生の会社の同僚によると かつてTポイントカードを何らかの理由で

作ったあとで 今まで買い物したことすらない紳士服チェーンからDM

が届いたことがあり 調べてみるとそういう事が出来ると会員規約に書

かれており カードを作ると言うことはそれに同意したことになってい

ると言うことになるそうで それを知り怒り心頭でカードを解約したそ

うである。

 (因みにSUICAにもそういう旨が書かれているらしい)

 

 今の世の中は先行きどんなことがあるか分からない。自分は阪神が

大嫌いで大阪梅田で開門する際には絶対阪神には行かず、阪急で買い

物していた人がいて阪急のペルソナカードを作っていたとしても、今

やその情報は 嫌いな阪神に筒抜けになっている(阪神と阪急は経営

統合した) そんなものなのであるが 阪神嫌いの人から見ればそれ

に同意したことは決した無いはずだ。それでも合法的に 経営統合や

業務提携をすれば情報の往来は構わないと言うのは如何にも片手落ち

では無いだろうか??

 

 個人がお金を手にすれば犯罪であるが 企業グループがそれを利用

すれば合法というのは 如何なものかである。

 (当然 個人情報を入手する際に大変見にくい会員規約や何かにそ

  の旨のことが書かれているに違いないが そんな物まで読んでい

  るはずが無いのが普通の人である)

 

 本来で有れば 個人情報を取り扱う会社が業務提携や経営統合を行

う場合 一度全ての個人情報を破棄して 再度顧客に提携・統合後の

情報登録を求めると言うのが一番正しいやり方だと思うがそれでは、

提携・統合のうま味が企業側になくなるのであろう。

 

 以前書いた事が有るかも知れないが かつて小生も祖父の死亡届を

役所に出しに行った際に自身の名前・住所を書く必要が有ったのだが

その後 仏壇屋から沢山DMが来たのには驚いた 個人情報の管理が

今ほど五月蠅くなかった時代ではあるがその情報を漏らしたのは役所

で有ることは間違いない。それから時代は進歩しているはずなのだが

形を少し変えてみると 結局個人情報は何にも守られていないと言う

事にもなりかねない。

 (あえて書いておきますが 小生は今の個人情報管理は行き過ぎて

  いるようにも思います 小生が何処で何を買ったかなんて大した

  情報では無いように考えているのですが。。。。。。。。。。。)

« 日本の電子業界 どうしてアップルに。。 しかし。。  No1190 | トップページ | 絶対に有ってはならない  それにしてもどうしてMH??  No1192 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベネッセ情報漏洩事件に思う 業務提携なら良いのか?  No1191:

« 日本の電子業界 どうしてアップルに。。 しかし。。  No1190 | トップページ | 絶対に有ってはならない  それにしてもどうしてMH??  No1192 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK