新ブログです

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 目から鱗のビジネスモデル  エプソンとアップル  No1208 | トップページ | 遂に自殺者まで  ハイ状態が人を追い詰める  No1210 »

2014年8月 5日 (火)

もっと襟を正すところがあるはず。  生命保険   No1209

 No299 No304 No700 No988 と休眠口座について書いています。

今日はそれに関連して生命保険のお話。

 Insurancepolicy

昨日 日経にこんな記事が出ていました。

  保険金もらえぬトラブル、保険会社だけが悪いのか

保険金支払いに関するトラブルで 最近の週刊誌に出た記事に対する反論

記事で 保険コンサルタントの方(元生命保険会社の人)が書いているの

ですが、その内容については もっともな書き方をしています。

しかし小生 気に入らない部分があります。

 

 「しかし保険会社だけが悪く言われるような話なのでしょうか。」

 

という書き回しの部分です。生命保険の場合 契約者は基本個人でありその

多くは社会的には力のない方々になります。それに対して生命保険会社は巨

大で 多くの都市の駅前には各生命保険会社名を掲示する大きなビルが乱立

しています。個人対巨大会社ですから立場は完全に弱者と強者になります。

その強者が あたかも対等の立場にあるかのように弱者である個人と対応し

て良いはずがありません。

 

こんな部分もありました。

 

 しかし一般的には、契約書に署名・押印するということは内容に同意した

 ことを意味します。「がん保険に入っていてがんにかかったから、保険金

 をもらえるものだと思っていた」という言い分が後で通用しないことは覚

 悟すべきです。

 

基本契約の趣旨がそうであっても 果たして今まで生命保険を加入する生保

レディ(生保のおばちゃん)はそれを的確に説明してきたのでしょうか??

 そうであれば No988 で指摘したように契約内容の確認を何故する必要

が有るのでしょうか???? 契約に関して的確な説明が出来ていないと言

うこと 生保各社が認めたからこそそれを行っているのでは無いでしょうか。

 

更に日経の記事では 保険金についても

 

 もう一つ、保険がありとあらゆるリスクを保障するなら、保険料はもっと

 高く設定せざるを得ないという視点も必要ではないでしょうか。言い方を

 変えれば、保険料を多くの消費者にとって手が届きやすい水準に抑えるた

 めには、重大な事態にならない病気についてはあえて保障しないという考

 え方も、保険商品づくりにおいては成り立つということです。

 

とも有りました。これは正論ですしかし この記述に一部疑義が出る報道が

やはり昨日有りました。

 漂う生命保険金 受取人他界・認知症…請求なく未払い

 高齢者死亡後、生命保険金未請求のケース多数 大手生保調査

 

調査したのは明治安田生命だそうですが

 

 90歳以上の契約者約1万1千人のほぼ全員を調べたところ、2割弱にあたる

 約2千人はすでに亡くなっていたが、保険金を払っていなかった。大半は、

 保険料の払い込みが終わり、亡くなるまで契約内容が適用される終身保険

 だ。総額はわかっていないが、専門家らによると、高齢者の保険金の平均

 は300万円程度とみられ、2千人分だと計約60億円になる。

 

これは凄い数字である。10%以上の本来支払われるべき保険金が支払われ

ていないと言うことになる。法律上は 保険会社は、受取人らから請求がな

ければ保険金を払う義務は生じない。つまりそれらは自身の利益にして構わ

ないと言うことになる。しかし保険料の算出時にこの未払いとなるべき保険

金の予測は果たしてきちんと按分されているのであろうか??

 全生保を集めると 500億円/年間以上になるのでは??

 

 これは 先般指摘した銀行での休眠口座と同じではないのか???

請求しないから払わないと と言う生保が 保険料を多くの消費者にとって

手が届きやすい水準に抑えている と言えるのでしょうか????

少なくとも 未請求の保険金が有れば一定の期間を経てやはり国庫に と

言うことは出来ないのでしょうか?????

 

 単純に 生保って凄く儲けているような気がするのですが。。。。??

« 目から鱗のビジネスモデル  エプソンとアップル  No1208 | トップページ | 遂に自殺者まで  ハイ状態が人を追い詰める  No1210 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もっと襟を正すところがあるはず。  生命保険   No1209:

« 目から鱗のビジネスモデル  エプソンとアップル  No1208 | トップページ | 遂に自殺者まで  ハイ状態が人を追い詰める  No1210 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK