新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 情報が多いのはありがたいのですが。。。 防災情報他 No1214 | トップページ | Googleカレンダーにメールで予定入力   No1216 »

2014年8月11日 (月)

統計から見るLCCの立つ位置 スカイマークは  航空統計  No1215

台風11号の影響南大阪では案外小さかったようです。進路が少し西にズレ

再上陸したのが赤穗辺りだったのが小生周辺では影響が少なかった原因で

しょうか?、進路の周辺では大きな被害が出ており大自然のパワーを改め

て思い知らされました。

 又、お盆の帰省ラッシシュが始まっているにも拘わらずこの台風ですか

ら空の便などは欠航が相次いだので空港では大変な騒ぎになっていたので

は無いでしょうか。。。。(フライトレーダーのスレッドでは ANA機が

一発で着陸したやら アリタリア航空航空が小豆島上空で6周していると

かで盛り上がっていましたが事故にならないことが一番ですから。。。。)

 

 さてそんな空の便 2013年の統計から分かることを考えてみましょう。

  記事は  タビリンスから引用しています 

路線別での搭乗者数では

【旅客数ランキング】(単位:人)

   羽田-札幌   8,950,756

   羽田-福岡   7,932,119

   羽田-伊丹   5,274,547

   羽田-那覇   5,098,242

   羽田-鹿児島  2,283,854

   羽田-熊本   2,022,909

   羽田-広島   1,792,740

   羽田-小松   1,634,164

   羽田-長崎   1,553,919

   福岡-那覇   1,511,309

   関西-札幌   1,432,330

   羽田-松山   1,419,568

   羽田-宮崎   1,385,709

   中部-札幌   1,269,863

   那覇-石垣   1,243,805

   羽田-高松   1,208,421

   成田-札幌   1,179,958

   羽田-北九州  1,170,457

   羽田-大分   1,142,918

   関西-那覇   1,136,432

   羽田-関西   1,115,138

   羽田-函館   1,095,814

(年間100万人以上をランキング)

圧倒的に 羽田発着便が上位を占めています。これを見ると如何に羽田空港

の発着枠が旅客数につながるかが分かります。一連のスカイマーク報道でも

スカイマーク社が持つ羽田の発着枠が大きいと言われていましたが。。。

Naheda

 羽田ー新千歳路線は世界一の路線とも言われます。

又 都市コードOSAの3空港(伊丹 関西 神戸)と羽田を結ぶ路線及び

羽田-福岡は新幹線との競合が有りながらの数字ですからこれはこれで凄い

数字です。

 

所が 本当の意味での採算につながる搭乗率になると大きく様変わりします。 

【座席利用率ランキング】

  関西-仙台  88.2%

  関西-鹿児島 85.0%

  成田-伊丹  80.7%

  伊丹-函館  80.5%

  関西-長崎  80.3%

  伊丹-札幌  79.3%

  成田-関西  78.1%

  関西-札幌  78.0%

  関西-那覇  77.1%

  関西-松山  76.7%

  伊丹-那覇  75.9%

  成田-松山  75.8%

  羽田-石垣  73.4%

  小松-札幌  72.9%

  羽田-出雲  72.8%

  羽田-久米島 72.5%

  成田-高松  72.3%

  神戸-札幌  71.2%

  仙台-那覇  71.1%

  関西-福岡  70.8%

  関西-女満別 70.7%

    全路線平均 63.7%

なんと 関西空港及び伊丹路線が上位を占めます。

Kansai_2

Itm_2

上位2路線の関西-仙台と関西-鹿児島は、いずれもピーチだけの区間です。

如何にLCCのパワーが大きいかを物語ります。更に小生も愛用する路線、

関西-成田間も 当初は利用客が少ないと言われていましたがM搭乗率は

案外高く78.1%(ピーチとジェットスターが就航)これもLCCが掘り起

こす潜在需要かも知れません。

 又 羽田路線に較べて伊丹・関西空港路線は飛んでいる飛行機が小さい

と言うのも搭乗率を押し上げる理由になっています。

 一般に 大手航空会社では60-70%以上 LCCでは70-80%

以上が採算ラインと言われますがこれらの路線は採算ベースにあるとも言

えましょう。

 逆に利用率の低い路線では スカイマークが路線を設定するが搭乗率が

低く 直ぐに撤退と言うパターンがここ数年多く 潜在需要を掘り起こす

べくチャレンジするも断念 と言うのがスカイマーク尾の社風かも知れま

せん(ピーチもジェットスターもそれぞれ全日空 日航の出資を受けてお

りその辺りのマーケッティングがに一日の長があるのかも知れません)

 

では 実運行の状態はどうでしょうか

【定時運航率ランキング】(単位:%)

   日本航空          93.55

   全日空              92.60

   スターフライヤー      91.83

   日本トランスオーシャン 91.56

   エアドゥ             90.87

   ソラシドエア          90.53

   ジェットスター         87.69

   スカイマーク         87.22

   ピーチ             83.12

   バニラ             73.10

      平均 91.80

 これを見て やはり大手航空会社が高いと見るか LCCも案外低く

ないと見るか意見が異なるかも知れません。

逆の数字 欠航率では

【欠航率ランキング】(単位:%)

   ピーチ             0.55

   ソラシドエア          0.85

   ジェットスター         1.00

   スカイマーク          1.03

   日本トランスオーシャン 1.13

   全日空             1.21

   日本航空           1.26

   エアドゥ              1.50

   スターフライヤー       1.59

   バニラ               2.00

       平均 1.22

なんと LCCの方が欠航率が低い結果に これに理由があり地方空港では

設備の関係で空港そのものが使用できなくなり欠航となることが多いのです

がLCCはそういう路線には就航しておらず 結果として欠航率が下がると

言うことになるそうです。でも 意外な数字ではあります。

 (ただし LCCで一時期騒がれたパイロット不足による運休はこの数字

  には含まれません 一説ではLCCは欠航にせず運休にして欠航率を低

  くしているとも言われています からあしからず)

 

これらの数字をお金に置き換えると

【旅客収入ランキング】

   全日空              6638億円

   日本航空            4196億円

   スカイマーク            848億円

       日本トランスオーシャン 330億円

       エアドゥ                     298億円

       スターフライヤー         240億円

        ソラシドエア               222億円

        ジェットスター            176億円

        ピーチ                     171億円

        バニラ                       25億円

                        計 1兆3192億円

やはり ANA JALが抜きんでています 3位のSKYの5倍がJAL

ですから。ただ スカイマークの規模は他の中小エアラインから見て抜きん

でています。一つの目安1000億円までもう少しですから もはや大手に近

いかも知れません。

次に

【輸送人員あたり旅客収入ランキング】

            日本航空                    15,900円 〔934km〕

            エアドゥ                     15,400円 〔926km〕

             全日空                    15,200円 〔870km〕

            スターフライヤー          15,200円 〔952km〕

            ソラシドエア                14,300円 〔1,057km〕

            スカイマーク               12,600円 〔1,037km〕

            日本トランスオーシャン 12,200円 〔928km〕

            ピーチ                        8,000円 〔930km〕

            バニラエア                   7,600円 〔1214km〕

            ジェットスター                7,200円 〔1038km〕

                                        平均 14、600円

これを見るとエアドゥが高いのはやはり 新千歳-羽田路線が大きいよう

です。LCCは圧倒的に此処が低く安い運賃と言うことが分かるでしょう

か? ただ数字的に比較がしにくいのでもう少し分かりやすくしましょう。

【輸送人キロあたり旅客収入ランキング】

                   全日空                    17.5円

                   日本航空                 17.1円

                   エアドゥ                    16.6円

                   スターフライヤー        16.0円

                   ソラシドエア               13.5円

                  日本トランスオーシャン 13.2円

                  スカイマーク               12.2円

                  ピーチ                        8.6円

                  ジェットスター               7.0円

                  バニラ                        6.3円

                                     平均 16.0円

この数字はイールドと呼ばれ1km当たりの運賃を示しています。

 (全日空では 1000kmで17,500円と言う意味になります)

これを見ると2つのことが分かります。

 1 大手航空会社のイールドは正規運賃と比較して低く 割引運賃で

   乗っている人がかなりいる

 2 LCCの運賃は大手航空会社の実質運賃の半分以下

1000kmと言えば 羽田-福岡 や 大阪ー仙台が相当するでしょうか

正規で買えば3万円を超えますが イールドで見れば17000円強デス。

団体割引やツアー客が多いと言うことになるでしょうか?

 又 その区間でもLCCだと1万円以下で乗れるという事も。

 

 更に 同じLCC3社でも ピーチとバニラでは30%弱もイールドが

異なります そうなるとピーチの搭乗率が70%としてもバニラは100%

の搭乗率がないと同じ路線で同じ旅客収入を上げられないことになりま

す。これは ピーチの収益性が高いというのか バニラが苦しいという

のかどちらかになります。

 スカイマークは此処でも大手とLCCの丁度中間当たり 絶妙な位置かも

知れませんが 逆に中途半端なイメージも。。。。。

 

 これらを見てみると小生はLCCは定時運航率は低い物のそれに見合

う運賃安さがあり それが支持されて高い搭乗率を得ていると言う結論

なのですが 皆様は どう見ますか???

« 情報が多いのはありがたいのですが。。。 防災情報他 No1214 | トップページ | Googleカレンダーにメールで予定入力   No1216 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 情報が多いのはありがたいのですが。。。 防災情報他 No1214 | トップページ | Googleカレンダーにメールで予定入力   No1216 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK