新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« バージョンアップ? アップデート??  果たして? No1223 | トップページ | 先の万引き犯人ビデオ画像公開騒動に思う   No1225 »

2014年8月20日 (水)

小生的注目記事  それにしてもマスコミ報道は。。  No1224

 此処数日 非常に興味のわく記事があった 是非 紹介したい。

 

その1 報道の真実

 この記事を書いている人も非常に興味深い。覚えておられるだろうか?

フジテレビ系列のめざましテレビで ニューヨーク特派員としてあの佐野

アナの後任として出演していた 長谷川豊氏を?

 2012年6月12日に フジテレビがニューヨーク滞在関連の費用を不正使用

したと発表があり、降格処分を受け、著作権契約部に異動となった。これに

より、アナウンサーを解任され。その後、ネットや週刊誌を中心に「長谷川

は横領犯である」と言う記事が多数流れ始めたのを。

ウィキペディアでは その後を こう書いている。

 

  退社翌日の4月2日より、期間限定ブログ 長谷川豊の American Journey

  最終章 〜僕に起きたことのすべて〜を開始した。

  その中で不動産契約のトラブルに巻き込まれた経緯などを記し、フジテ

 レビ側の処分は社員達に知らされることなく一部の人間が一方的に行った

 ことを公表。

  さらに、開設したブログのコメント欄などにフジテレビ社内とみられる

 IPアドレスからの執拗な荒らし行為があったことなどを公表した。

  また、上記した「横領疑惑」の記事は特定のフジテレビ現役社員が写真

 週刊誌にリークし書かせていたことなどを突き止め、その過程を公開した。

  実際は横領などの事実はなく、むしろ返金しようとしていた事などを当時

 の長谷川の個人メールのやり取りを公開し説明した。

 またフジテレビ社内の懲罰委員会において、その証拠メールはもみ消されて

 いたことなどを突き止めた。

  それらを書き綴ったその個人ブログは19日間で2400万PVを記録しており、

 2013年4月時点で非芸能人の個人として日本記録を達成したとしている。

 

つまり マスコミにいた人間がマスコミに攻めたてられたすると当人はその手

の内を知り尽くしているから逆襲に転じたことになろうか?。

 その彼のブログが これ

  長谷川豊公式ブログ  本気論

Photo

これらの記事は元テレビ局にいた人間がその裏側からの視点等を交えて書かれ

ていて 結構突っ込みどころ満載である。

 小生的に比重に面白かったのは、

   姉歯物件報道の真実

である。マスコミが、その餌食を見つけ 世間に謝らない社長 建築士を社会正

義の為といいながら心の中ではこれは視聴率が取れると踏んで過激な取材を行

い 追い込んでいく過程 (その中には「頭に被っているのまで外させろ」 と)

 そしてその手の専門家を呼び 「これは信じられませんね」  「悪質です」  と,

語らせる メディアリンチの加速である。建築士は諸悪の根源とされ数々の事を

指摘される、彼の私生活にまでその追求はあった。。。。。

 

 しかし 、実は彼の設計した建物は 東日本大震災でつぶれなかった。

長谷川氏のブログによると

 

 姉歯氏の言っていた言葉の方が正しかったのだ。国土交通省省の定める耐震

 強度がそもそも、あまりにも強すぎる設定になっているだけで、姉歯氏の計

 算通り、1000年に1度の地震が来ても、彼らの物件やマンションはビク

 ともしなかったのだ。

 

と 元テレビアナウンサーの彼はこうも書いている

 

 そんなことがあっても、東日本の震災を終えて、あの時の放送の謝罪、訂正

 一つしない。それがテレビの、マスコミの正体の一つだ。理由は簡単。

  「あまりにも謝罪してばかりいたら、テレビの信用性がなくなるから」

 だ。少なくとも、あの時の放送、半分は正しい。偽装はいけない。それは当

 然犯罪だ。

  だが、あそこまで袋叩きにしたのなら、東日本の震災の後は、ちゃんと検

 証もなされるべきだった。当時のマスコミは彼らの物件を

  「地震で倒れる物件だ」

 と罵っていたのだから。でもそれはしない。臭いものには、自分たちにとって

 不都合な真実は、大きく騒がれない限り、目をつむる。そういう体質が多くの

 マスコミには蔓延している事実は間違いなくあるのではないか?。少なくとも、

 僕はそう感じている。

 

これが、彼が元いた世界 マスコミの真実なのかも知れない。ブログにこの他の

余談も書かれている。小生は 長谷川氏のファンではないし 彼が何故フジテレ

ビヲ追い出されたのかにもあまり興味がないがブログ記事だけは面白いと言える

 

 

その2 有る意味 迫真です。

 

 このところ サンケイに 亡くなった 吉田元福島第一原子力発電所所長の

調書が載っている。これが 非常に迫真にみち その屈託のない発言から苦笑

すらする まさに日本の生死を分けたかも知れない瞬間が綴られている。

 曰く 「あのおっさんに発言する権利があるんですか」

Photo_2

 曰く、海水注入「テレビ会議、音声切った」「うるさい、黙っていろ、と」

Photo_3

これはもう 非常に興味津々である。

 事は今も続く日本科学技術の大事故  簡単にコメントできる物ではないが、

吉田所長自身のプロとしての自覚の前では例え総理大臣でも邪魔!と言える。

 

 これは何年か後には 誰か有能な監督が映画にでもしてくれないかなと、、

しばらくは この記事は注目です。 是非一度ご覧下さい。

« バージョンアップ? アップデート??  果たして? No1223 | トップページ | 先の万引き犯人ビデオ画像公開騒動に思う   No1225 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小生的注目記事  それにしてもマスコミ報道は。。  No1224:

« バージョンアップ? アップデート??  果たして? No1223 | トップページ | 先の万引き犯人ビデオ画像公開騒動に思う   No1225 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK