新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 特許は誰の物 特許制度改正 そしてノーベル賞  No1287 | トップページ | うまい演出です  小生も気を付けないと  No1289 »

2014年10月22日 (水)

そんな簡単にいくはずがない、 新たな輸出産業として  No1288

 日経にこんな記事が載っていた。

 

  国産航空機、50年後にボーイングに勝つ

905_topimg_1410  

先般 やっとロールアウトにこぎ着け世間にその綺麗な機体をお披露目した

のが MRJ である。確かに意欲的な機体ではある 記事から引用すると

 

  燃費は既存の同サイズの機種より1~2割いい。価格は47億円。エレク

  トロニクス産業がコモディティー化の競争に巻き込まれる中で、自動車

  と並ぶ輸出産業を模索する日本にとって、最も注目される新ビジネスの

  1つである。

 

と 先般小生も書いた(No1188)様に凋落するエレクトロニクスに取って

変わり 輸出産業の花形に躍り出るかのような書き方だが。。。。。

 (まあ記事の最後の方に 今世界の君臨するボーイングですら50年以上

  かかってたどり着いた地位である 自身が作る旅客機を運行する航空

  会社-今のユナイテッド-まで作る壮大な戦略が有ってこそとも書か

  れているのではあるが)

 

そうは簡単にはいかないであろう。

参考にボーイングを調べてみた。

2012年の売上高は約8兆円強 内民間旅客機で 5兆円 軍需用で3兆円

を稼ぎ出す巨大企業であるが。その民間旅客機部門では(2013年)

   737型機  440機

   747型機   24機

   767型機   21機

   777型機   98機

   787型機   65機 

    合 計   648機

を売っての5兆円である。

 

MRJの機体価格は 当然737型機よりも安い。 航空機の値段は諸

条件でかなり変化するのであるが 概ねで言えば

   737  50-70億円

   MRJ  40-50億円

と言ったところであろう。

 

 そうすると MRJを年間 100機売っても 4000億円である。

1000機売れば4兆円になるが それは今のところあり得ない数字で

あろう(第一それだけの量を作ることが出来まい)

 

 凋落著しいエレクトロニクス産業であるが確かに完成品のテレビやスマホ

では大幅な輸入超過である。(約4兆円弱)

  昨日のサンケイにはこんな記事が

 

 iPhone売れるほど…貿易赤字懸念 販売動向に政府関係者ピリピリ

 

しかし エレクトロニクス全体で見ればその赤字額は1兆円に満たない。

電子部品が3兆円の黒字であるからだ。

 政府もマスコミもその事実にもっと目を向けるべきであり 中小含めて

電子部品メーカーを保護することを考えた方が貿易赤字は減らせる可能性

が有るように思うのだが。。。。

 

 確かに 1機50億円もするMRJは目につくし華やかである。しかし

MRJにもスマホニも使われる(但しあまり人目にはつかないが)例えば

小さなセレミックコンデンサは本当に大事な輸出商品なのだ。

 確かにiPhoneはアップルの製品だが 日本の部品メーカーの製品がなけ

ればそれは作れないのである。

 

 確かに航空機産業は将来の夢として育成していく必要性は有るであろう。

しかし 同時に今 エレクトロニクスの分野を見捨てるのは早すぎる。

« 特許は誰の物 特許制度改正 そしてノーベル賞  No1287 | トップページ | うまい演出です  小生も気を付けないと  No1289 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 特許は誰の物 特許制度改正 そしてノーベル賞  No1287 | トップページ | うまい演出です  小生も気を付けないと  No1289 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK