新ブログです

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 個人情報の保護 と ICカード  矛盾する利害  No1296 | トップページ | どうしてソニーだけ??  ひとり負け状態  No1298 »

2014年10月31日 (金)

こういう事故って小生的にショックです  シグナス  No1297

 テレビ等で放映されたので見た方も多かったであろう。

   米国の衛星打ち上げ会社オービタル・サイエンシズが11月28日

   国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「シグナス」を、

   米バージニア州にある米航空宇宙局(NASA)のワロップス

   飛行施設から打ち上げたが、ロケットが直後に爆発、発射場に

   落下して炎上し、打ち上げは失敗した

打ち上げに使用したロケットはアンタレスロケットと言う(アンタレス

とは蠍座の1等星で巨大赤色恒星)もので ロケットの規模とすればア

メリカのデルタⅡとほぼ同じ規模で日本のHⅡAよりは小さい(低軌道

への打ち上げ能力が アンタレスが4,200kg HⅡAが10,000Kg).。

 

 今回問題となったのは その1段目で 旧ソ連が開発したNK-33と言

われるエンジンをエアジェット社が購入改造を行ったものを使用してい

る(2碁使用)。但しその基本設計は40年以上前のものでNK-33を登

載した旧ソ連の大型ロケットN-1は4度の打ち上げ全てを失敗している。

 では そんな信頼性の低いものを オービタル・サイエンシズがどう

して採用したかと言うというと 単純に 安かったからとの説がある。

ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト によると

 

 NK33ロケットエンジンは、1990年代半ばに約40基が米国のロケット

 エンジン製造会社エアロジェット社に売却されたが、その売却額は

 1基100万ドルと驚くほど安かったといわれている。

通常新たなロケットエンジンの開発には数億ドルかかるのが普通で如何

安かったがよく分かる。

 因みにロケット全体とすれば HⅡAが 18億ドル デルタⅣが27億

ドル アトラスⅤが24億ドルであったそうだ。

このアンタレスロケットが今回打ち上げようとしていたのが シグナス

である。国際宇宙ステーション(ISS)への補給機の一つで他にはドラゴン

や日本のこうのとり(HTV)等がある。

 

 シグナスの姿はこうなる

1280pxcygnus_orbd15

 今回の失敗で ISSへの補給に問題が懸念される。

 

 しかし、冒頭の映像は やはり衝撃的です。

ロケットの持つエネルギーのすごさもだが やはり高度な技術の組み合

わせでロケットは飛んでいくものだと改めて感心した。

 

 日本のHⅡAは 25回で 1度だけ失敗しているが(6号機)、それ

以降(2005年以降)ほぼ10年間連続して成功している。

  来月待つには はやぶさ2号の打ち上げが予定されている。

成功することを祈るばかりである。

H_iia_no_f23_with_gpm_on_its_way_to

« 個人情報の保護 と ICカード  矛盾する利害  No1296 | トップページ | どうしてソニーだけ??  ひとり負け状態  No1298 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 個人情報の保護 と ICカード  矛盾する利害  No1296 | トップページ | どうしてソニーだけ??  ひとり負け状態  No1298 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK