新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 少し気になるこの報道 若者のPC離れ キーボード離れ No1293 | トップページ | どうして最適な大きさなのに採用されない??   No1295 »

2014年10月28日 (火)

鉄筋コンクリートの寿命って 50年?? 100年?? 150年  No1294

 この記事が公開される頃 小生は新幹線で上京中であるはずだ。

 

この新幹線 先般満50歳を迎えている。雑誌等の記事でも新幹線50年

とか 同時期に開業した 東京モノレール50年とかの見出しが結構ある

様だ。

 所で ふと思ったのだが これら建設の基本にある鉄筋コンクリート

って寿命はどのくらいあるのであろうか??

 

 もし 50年としたらもはや寿命????? そう思うと 東京モノ

レールの橋桁なんか 山手線から見ていると結構古くなっているような?

また 大阪から上京するとき間もなく東京駅到着で徐行している窓から

枕木近辺を見ていると 高架橋の老朽化がかなり目立つようにも。。。

 

 

 少し調べてみた。

日本の法律では 建物(鉄筋コンクリートが多い)の法定耐用年数は65年

と定めれれている様だ。

 建築等で一般には鉄筋コンクリートの寿命は65年以上はあると言われ

ているようだが 実際には経済的理由や水道・下水道などの配管設備など

の老朽化でスクラップアンドビルド(つまり建て替え)される方が遙かに

多いようです。

 因みに欧米では100年から150年というのが相場だと言う記事もあ

りました。

 (専門的にはコンクリート自体の寿命は、大気中の炭酸ガスが徐々に浸

  透して、コンクリートのアルカリ性を弱め(中性化)、内部の鉄筋が

  錆びるまでの時間 と言われる)

正直なところまだ鉄筋コンクリートが本格的に世界中に普及してから100

年程度しか立っていないので 本当のところは分からないと言うのが現状

と言う説もあった。(上記の寿命の定義から かつて使われたことがある

海砂を含んだ場合は かなり劣化が早い)

 日本の場合 鉄筋コンクリートで検索すると 最も早く使われたのは、

長崎県の軍艦島(端島)である と言うのが目に付いた。あの 007

の映画「スカイフォール」でロケが行われた島である。

  『007』新作に登場。最強に非日常なデートができる長崎『軍艦島』を本格撮影してきた。

 最古の鉄筋コンクリート住宅は大正5年(1916年)に作られているから

もうすぐ100年である。無人島になったのが197年であるから 40年間

はほったらかしなのであるが それでも倒壊せず立派に立っている。

Nagasaki_hashima_01

  今から 5年前の記事があった

 ついに上陸解禁! 日本一有名な廃墟、軍艦島に行ってきた!【前編】

 ついに上陸解禁! 日本一有名な廃墟、軍艦島に行ってきた!【後編】

まあ 007の映画でも建物はそのまま使われていたようなのでまだ大丈夫

とは思われるが。

 しかもコンクリートには過酷な 海風(潮風)にさらされての状況である

から 鉄筋コンクリート実はもっと寿命が長いのでは?? とさえ思う。

 Images

 

まあ そうでないと 建築後50年たっている土台の上を時速300Km近い速

度でぶっ飛んでいる現時点の小生から見れば 恐くて寝ていられないのが

事実ですが。

 まあ 日本の建築技術 信用しましょう。

« 少し気になるこの報道 若者のPC離れ キーボード離れ No1293 | トップページ | どうして最適な大きさなのに採用されない??   No1295 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 少し気になるこの報道 若者のPC離れ キーボード離れ No1293 | トップページ | どうして最適な大きさなのに採用されない??   No1295 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK