新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« それでも「こやじ」は行くのであった 雨模様かな? いざ 鈴鹿へ No1271 | トップページ | 円安で警戒論に対して その2 日本の雇用を守る  No1273 »

2014年10月 6日 (月)

雨のレース  残念な結果に。。。。。。 No1272

その雨は丁度20年前 1994年の時と同じようだった。鈴鹿での決勝が雨

(土砂降り)と言うのは1994年以来である。ドライバーの安全を考えれば果

たしてレースを開始するか否か開催者達は悩んだに違いない。

その為一旦セイフティーカー先導での開始を行っていながら赤旗中断となった

のも致し方ない ただ10万人の観客は既にスタンバイ状態である。

 

 最新の気象情報で後しばらくは(30分以上は)雨が振らないであろうととの

事 ここぞというばかりに再開したのは致し方ない 

                     それ以上雨が振らなければ・・・・・・・・・・・・。

 

 SNSでは中止すべきであった との声もかなりあるようだが。。。。

 

 レースは再開後非常にエキサイティングであり小生も十分楽しめた、途中で雨

が降り出したが既にエキサイティングなレースになっている状態ではドライバー

も観客もそして開催者も それを止める事は考えていなかった様に思う。

 各ポジションで抜きつ抜かれつ ニコ vs ハミルトン もその他も各所での

見所満載だったのだ・

 

 ただそれは2時間ルール(レースは開始後2時間を超えて新しい周回にに入ら

ずその時点でれーすは終了)にあと5分と言うところで。。。。。。。

 

小生達は逆バンクのS字コーナー側で見ていたのでそのものの映像は見ていない

だが 逆バンク出口でMまずスーティルがスピン コースを飛び出しクラッシュ

した(それは映像で見ていた)がレース全体の続行には傷害がないように思えた

 小生達の感覚ではそれは突然であったが赤旗中段となった 何が起こっている

のか分からないのである。

 恐らくサーキットにいたほとんどの人(事故現場以外の人たちは)がその事故

の深刻さは理解していなかったように思う。

 

 スーティルの事故現場では クラッシュしたスーティルの車を撤去しようと

マーシャルが作業者でつり上げていたところであった。そこにビアンキの車が

まるでその前週のスーティルと全く同じようスピンし突っ込んできたのである。

 彼のマシンは作業者の下にのめり込んだ コックピットも・・・・・・・・

 

 そばの観客の証言では 直ぐにドクターが酸素吸入器を取り付け 体を引きず

り出したそうだが 出血等は見られなかったとも・。。。。

 

 F-1では 94年セナの事故死以来死亡事故は起きていない。

 

そう あの年の鈴鹿も今日みたいな雨であった。。。。。。。。。。。。。

 

現在 10/5 21:15 現段階では 意識不明の重体 緊急手術中としか報道

されていない。

 

ビアンキ選手の無事を祈るばかりであるが。。。。。

Photo

« それでも「こやじ」は行くのであった 雨模様かな? いざ 鈴鹿へ No1271 | トップページ | 円安で警戒論に対して その2 日本の雇用を守る  No1273 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨のレース  残念な結果に。。。。。。 No1272:

« それでも「こやじ」は行くのであった 雨模様かな? いざ 鈴鹿へ No1271 | トップページ | 円安で警戒論に対して その2 日本の雇用を守る  No1273 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK