新ブログです

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« この格差にもメスを入れるべきでは?  世代間格差  No1318 | トップページ | 良い夫婦の日  ラブ連休です  No1320 »

2014年11月22日 (土)

エアバック不具合によるリコール騒動に思う  No1319

 このところ経済欄・産業欄を賑わしているのがエアバック不具合による

事故とそのリコール騒動である。

 しかしこれらの記事で小生非常に気になっていることがある。

Photo

 Photo_2   Photo_3

上記も見出しもそうなのであるが、これらの事故はタカタが製作したエア

バックシステムの欠陥による物だ。タカタといえば小生も孫のチャイルド

シートはタカタ製の物を購入しておりその点は少し心配であるが、今回の

問題はエアバックを瞬時に膨らませるインフレーターの欠陥問題なので、

ひとまずは安心であるが、小生の努める会社の社用車(トヨタ製)はその

あおりを受けてリコール処置がとられている。ある意味危なかった??

Takata

 実はエアバックという安全装置は重大な欠点を当初から有していた。

世界的に見ればそれは少数派になるのかも知れないが日本では本来大

きく問題にすべきであったと思われるのは エアバックの動作を考えれば

直ぐに分かるのだが 「眼鏡」をしている人へのダメージである。 日本人

は眼鏡をかけている人も多い また欧米でもサングラスの問題はあろう。

 実は小生が昔購入したことのある眼鏡チェーンではガラスの眼鏡を装

着していた人がエアバックの作動で失明したことがあり ガラス製のレン

ズの取り扱いを停止していた。眼鏡を掛けていた人のエアバック作動によ

るけが等の詳細な報告は見たことがないが、有る程度の率では世界中であ

り得ることではないかと考える。ある意味 もっと大きな安全の為ではあ

るが眼鏡を掛ける人々の安全は一部切り廃られた感が小生にはある。

  

それはさておき 気にかかっている点に戻ろう。再度上の記事見出し等を

見て欲しい。これらの事故の被害者は 自らタカタ製のエアバックを購入

したわけではない。ホンダにせよトヨタにせよGMにせよ自動車を購入し

たのである。

   (しかも 消費者は自動車を選択することは出来てもそれらの自動車

    が設置しているエアバックメーカーをチョイスすることは出来ない)

 にも拘わらず どうしてこれらの事故報道では自動車メーカーの名前が

前面に出ないのであろうか???

  

 自動車メーカーはその安全には細心の注意を計り 各部品の隅々にま

で気を配っている 当然それらの部品を作製するメーカーに対して非常に

厳しい品質管理等を要求し それができないメーカーは容赦なく切り捨て

られる。そんな現状を報道しているマスコミは理解しているのだろうか?

 複数のメーカーにタカタはエアバックを供給し(世界シェアは2位だ)て

いるのであるが それでもこれらの事故は

  

 「**社製の自動車のエアバック(エアバックはタカタ製)により

  事故が起きた」

  

と報道すべきでは無かろうか??

 

 ある記事では タカタ製のエアバックを採用している自動車メーカーは

その代替え調達先を確保するのは難しいと答えている。つまりタカタと各

自動車メーカーはもはや運命共同体であるのだ。それにも拘わらずタカタ

のみをやり玉に挙げるのは間違っているし 自動車メーカーも本質的には

望まないのではないだろうか??

 

 (良くあるように日本のテレビ局で問題が生じると外注先下請けに問題

  をなすりつけてトカゲのしっぽりの如く 親であるテレビ局が責任を

  とらない図式を考えているのではないかとまで 勘ぐってしまう)

  

 今回の問題はタカタの生産量が爆発的に増加し 新たに新設した工場で

の品質管理 人的管理が行き届かなかった事が一つの原因とも言われてお

り では と今タカタがその生産を休止・中止すると自動車メーカーはその製

造ラインを止めざるを得ない可能性がある、従って各自動車メーカもこの問

題を解決するべく全力を尽くす必要がある。その点をマスコミはつくべきでは

ないだろうか??

 又こういう事が起こらないように各自動車メーカーは供給業者に対して

厳しい管理を要求してきたはずだ。その責任も問われるべきだ。

 作らせた責任が無いのであれば 供給業者にコストのみならず品質他の

要求をするのは単なる下請けいじめにしか過ぎない。

   

 マスコミは自身も含めて 作った責任 のみを追求せず 作らせた責任

を問う という姿勢を持たないと 足下をすくわれますぞ!

« この格差にもメスを入れるべきでは?  世代間格差  No1318 | トップページ | 良い夫婦の日  ラブ連休です  No1320 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エアバック不具合によるリコール騒動に思う  No1319:

« この格差にもメスを入れるべきでは?  世代間格差  No1318 | トップページ | 良い夫婦の日  ラブ連休です  No1320 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK