新ブログです

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 苦節ウン十年 やっと小生の方が正しかったことが。。。。。。  No1317 | トップページ | エアバック不具合によるリコール騒動に思う  No1319 »

2014年11月21日 (金)

この格差にもメスを入れるべきでは?  世代間格差  No1318

 小生 現在54歳である。その年齢で書くのは??とも考えるが・・・

 Photo

本日衆議院は解散する。12月14日総選挙である。今回の解散は色々

取りざたされているが その件についてはあえて振れない。将来の日本

と言う観点から少し考えてみたい。

野党からの批判として アベノミクスで格差が広がったと言うのがある。

小生から見れば 努力し結果としてお金を沢山保有する人 努力せずに

お金を保有できない人 と言う観点から見ればそれは致し方ない。逆に

努力しても結果としてお金を保有できない社会 努力せずともお金を沢

山保有できる社会はは大問題である。そして今の日本はどう見ても前者

の方が言えてると考える。確かに親も含まれるが祖先にお金を沢山保有

していた人がいても そう末代まで保有できているケースは非常に希に

見える(そりゃいることはいますよ デモかなり少数だと思います)

 

 そう言う意味では 野党の指摘は当たらないように思うのだが。。。

逆に 小生が生まれた頃からどんどん広がっていくのが実感できるのが

世代間格差です。

 

 だってそうでしょ 単純に年金だけとっても今 年金を受け取ってい

る人たちは自身が支払った額より より多くの金額を受け取れる可能性

が高い しかし、小生の世代以降はそれが逆転し今の若者は自身が支払

う年金より受け取れる額の方が確実に少なくなる と言うのが今の制度

と今後の世代別人口予測です。

 

 実はこれには対策があって 今、年金を払い始めた若者達が沢山子供

を生み 育てればそうでなくなります。しかしその為には子供を育てる

経費をその若者が負担せねばなりません。そこで今一番お金を持つお年

寄り達にその一部をご負担頂くと言うのはどうでしょうか???妙案の

様に小生は思います。

 只、それは現時点で実現不可能でしょう??? どうして??それは

先の世代間格差につきます。

 

 これらの事を決定するのが政治であり国会がその場でもあります。

でも国会に登院する人たちを見てください。その中に 今子供を産み育て

る人達がいますか??? 衆議院議員には25歳以上の日本国籍を持つ

人はなれるはずですが そんな若者が国会議員になっているのをほとん

ど見ません(世襲の議員さんを除いて)  それはどうしてでしょう?

 

 やはり大きな理由は 若者が既に政治に失望し国会に行かないつまり

立候補しないからです。若者が選挙に行かないからです。

 今の日本の制度は地方格差を無くすという目的で各都道府県から国会

議員が有る程度の率で選ばれることにはなっています。しかし世代間に

は全く配慮していません。20代の人々の考えと70代の人々の考えが

同じであると言う事に法律上はなっています。でもそれって正しいので

しょうか??

 先般 こんな記事が出ていました。

Photo_2

若者の投票率を上げる為の目的があるようです。(自己責任は20歳以上

とされているので 権利は有するが責任を負わない人々を作るのは如何か

と言う意見もあるようですが)

 

 で どうでしょうこんな風にしてみたら????

 

日本の有権者を 3つに区分する

  20(18)から39歳まで

  40歳から50歳まで

  51歳以上

この各区分に属する人々はその属する人々の者にしか投票出来ない。

尚 議員総数は 上記に3つの区分に対して同数とする。

 

 現時点で最も所属数が多いのは 50歳以上の人々だと思います。但し

何十年も先の日本を果たして本当に考えることが出来るか?とは思います。

社会を本来動かしていくべき そして最も生活にお金が必要なのは最も少

数派であろう 40歳から50歳の人々です

 20歳代から30歳代の人々は 今は先のことに興味を示さず自身の生

活にのみ関心がある。しかし、心の底では自身達の考えを代弁する人たち

が今までいなかった とも考えます。

という趣旨の配分なのですが。。。

 

 それらのことを考えると 地方格差の問題と同様に 世代格差の問題が

解決していかなければならないとの結論になったのですが。。。。。。

 

 夢の話でもありますが 男女間の格差 所得格差 より実はもっと根が

深くなっていっているのが世代間格差ではないでしょうか??????

« 苦節ウン十年 やっと小生の方が正しかったことが。。。。。。  No1317 | トップページ | エアバック不具合によるリコール騒動に思う  No1319 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この格差にもメスを入れるべきでは?  世代間格差  No1318:

« 苦節ウン十年 やっと小生の方が正しかったことが。。。。。。  No1317 | トップページ | エアバック不具合によるリコール騒動に思う  No1319 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK