新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« さて ANA JALの対応は??  A380はどうなる  No1383 | トップページ | この作戦はうまくいくか?  IP電話に転送  No1385 »

2015年2月 2日 (月)

盛者必衰の理をあらわす   アップルは果たして  No1384

 ISILによる後藤健二氏の殺害 実に残念なニュースです。真相が明かに

なるのはまだ先でしょうが。。。。日本政府は事実と判断しているよう

です。                   ご冥福をお祈りします。

 この様な行為は決して許すことが出来ません。強く 非難します。

 (実は止めておけばいいのに ISILの公開した動画を見てしまい

   殺害された後藤氏の映像が頭から離れません。。。。。)

この様なニュースが二度と無いことを祈ります。

 

 

 さて、今日は先人の知恵をお借りしました。

 

アップルの決算が好調である。

2014年10-12月で売上高は前年同期比29.5%増の745億9900万ドル(約8兆

8030億円)、純利益は同37.9%増の180億2400万ドル(約2兆1270億円)。

なんと 同3ヶ月でiPhoneは7447万台売れたという。スマホのシェアでも

前年同期の17.6%から19.6に拡大し首位になったようだ。

 と此処まで書いて ン!?と感じた これは数年前に聞いた内容と良く

似ている 但し アップル と言うカタカナ4文字を サムソン と置き

換わっているが。。。。。

 

 サムソンは不調である。稼ぎ頭のスマホではシェアを29.6%から19.6%

まで落とし(2014/10-12)アップルに首位で並ばれた。以前よりTV事業

は赤字とも伝えられ かなり全体としても利益を落としている。

 

 そんなことを書いていると題名にもある様に 平家物語のフレーズが浮か

んで来た。

   祇園精舎の鐘の声

   諸行無常の響きあり

   沙羅双樹の花の色

   盛者必衰の理をあらわす

   おごれる人も久しからず

   ただ春の夜の夢のごとし

   たけき者もついには滅びぬ

   偏に風の前の塵に同じ

約800年前に誰かが書いた(現在でも作者不詳)先人の書物 その冒頭の一説

学校でも必ず習うので覚えている方も多かろうが 常に人の世で有り得る話

しである。

 今絶頂期に有るとも言えるアップルですが 果たして数年後はどうなって

いるのでしょうか 平家物語のフレーズがいつ当てはまるか。。。。。。

 

 2012年 グーグルから世界を騒がす商品が発表されました。

 「グーグルグラス」と名付けられた商品です。

1024pxgoogle_glass_detail

Google_glass_with_frame

 行きたい場所を声に出すと、眼前のディスプレーに自分が今居る場所から

目的地までのグーグルマップが表示される。音声操作で自分が目にしている

風景を動画で録画出来る。さらに、電子メールの送受信ができたりする。と

言う現実(リアル)と仮想(バーチャル)が融合した夢の商品と言われました。

各社も追随したり 他の商品を開発したり ウェアラブル端末(常に身につけ

る端末)の普及が一気に進とも言われました。

 が それから2年と少し 去る1月19日 グーグルはグーグルグラスの発売

を中止したのです。

価格が高い(17万円) アプリがない そしてプライバシー・著作権が侵害され

る等の理由により売れなかったされていますが、今の消費者がそこまでウェラ

ブルな端末を必要としなかった と小生は考えます。

グーグルグラスよ…安らかに眠れ 「夢のIT機器」が抹殺された理由

 

 そしてアップルに戻ります。絶好調のアップルが今年4月ウェラブル端末

「アップルウォッチ」を発売します。

 Aw

Aw2

当初は昨年末とも 今年初め発売とも言われていたアップルの新製品です。

  (一説によると外層のガラス開発メーカーが倒産したことが影響でとも)

記事でも その商品に対する期待が書かれています。

 

  iPhone無双!アップル「超優秀決算」の衝撃 

 

しかし 小生は先のグーグルグラスの件 そして先人の知恵に照らし合わせ

るとその先行きには疑問を感じます。果たして消費者はウォッチに手を出す

でしょうか?? 小性的にはiPhone含めスマホは十分ウェラブルです。そこ

に果たしてウォッチの入る隙間が有るでしょうか??確かに肌に直接身につ

ける物ですが そこまでして自身の脈拍を測定する人がこの世に沢山いるで

しょうか??

 

 小生の周りでは 携帯電話の普及に伴いそれを身につけなくなった と言

う人が多い機器があります。そう 腕時計です。小生の場合 持病の皮膚炎

の問題もありますが此処5年間は全く腕時計をしていません。出先で時間が

知りたくなればスマホを見れば済むことも大きな要因です。

 有る意味アップルは自社の製品がその存在を奪った機器を改めて自身で出

すと言うことになります。 その成功は如何に???

 

どうしても小生の頭の中には 平家物語の冒頭のフレーズが浮かぶのですが。 

« さて ANA JALの対応は??  A380はどうなる  No1383 | トップページ | この作戦はうまくいくか?  IP電話に転送  No1385 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盛者必衰の理をあらわす   アップルは果たして  No1384:

« さて ANA JALの対応は??  A380はどうなる  No1383 | トップページ | この作戦はうまくいくか?  IP電話に転送  No1385 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK