新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« それは違うだろ!! インテルの業績下方修正  No1429 | トップページ | 爺バカネタを  航空ファンの聖地 千里川土手へ  No1431 »

2015年3月22日 (日)

スリーブからの復帰でUSBメモリを認識しなくなる 解決策 No1430

 No1406 でご報告したが先般よりUSBメモリにメールのDATAを置き

運用している(SSDへの書き込みを減らす一連の方法の一つである)。

運用上の問題はほぼ無いのだが一つ困ったことがある。小生外出時に

ノートPC(R732)はスリーブにしておきたいのだが 一度スリーブさせると

復帰の際にUSBメモリごとPC側が認識しなくなるのだ。不思議なことに

USB2.0で動かしているワイヤレスマウスは問題なく認識する どうやら

USB3.0関連のバグらしくNET上に色々と報告されている 解決策も様々

書かれているが小生が解決策として使えたのが Devconというソフトを

使用する物である。 自身でもやってみたので 再度改めてみると次の様

な手順だ。

   

 休止・スリープ状態復帰時にUSB機器が反応しなくなる問題を解決

 

スリープや休止状態からの復帰後に接続したUSB機器が認識されない際に、devconを用いて認識させる方法  

  

を参照させていただきました。

 

   

 まず devcon.exe というソフトをダウンロードする。マイクロソフトの

ページからである。

   

  デバイス マネージャーとして機能する DevCon コマンド ライン ユーティリティ

   

ダウンロード後解凍して 自身のOSにあったフォルダ(小生の場合は32bit

なのでi386のフォルダ)の下の devcon.exe を適当な場所に置く

  (小生はG:\PG\Devcon\ に置いた)

このソフトをスリーブからの復帰時に起動しUSBメモリを再認識させるので

ある。

  Devcon.exeに関しての説明は

 

    Devcon.exe でコマンドラインからデバイスを無効化

 

 を参照下さい。

 次に PC Wizard というソフトをダウンロードしてインストール

 

   このページからダウンロードできる

 

このソフトで 再認識させたいUSBメモリの VIDとPIDを調べるのである

Pc_wizard1

PC Wizard を起動し 左の「Hardaare」からIoPortを選び目的のデバイス

(今回の場合はUSBメモリ)のProductID項目で VEN_の次の4桁の数字と

DEV_次の4桁の数字をメモっておく。

Pc_wizard2 これをスリーブからの復帰時にタスクマネージャーでタスクを起動し再認識さ

せるのだ。

 

「スタート」→「コンピューター」→右クリック→「管理」で管理ツールを

起動

Photo

 タスクスケジューラーの所で 「タスクの作成」をクリック

Photo_2

全般TABでは

 名前 適当に(小生はスリーブ)

 下のセキュリティオプションは

  「ユーザーがログオンしているかどうかにかかわらず実行する(W)」を選択

 「パスワードを保存しない(P)」にチェック

 「最上位の特権で実行する(I)」にチェック

Photo_3

とした。

次にトリガーTABで  [新規(N)...]をクリック

Photo_4

 タスクの開始(G)で「イベント時」を選択

  ログ(O)で「システム」を選択

 ソース(S)で「Power-Troubleshooter」を選択

 イベントID(T)に「1」を入力

  詳細設定は「有効」のみチェックを入れておく

Photo_5

としておく

次は操作TABである 先のトリガーTABと同じで [新規(N)...]をクリック

「プログラムの開始」を選択

プログラム/スクリプト(P)に、ダウンロードしたdevcon.exeへのパスを入力

   (小生の場合 G:\PG\Devcon\Devcon.exe )

引数の追加(A)に「disable “USB\VID_****&PID_****”」と入力(****には事前

に調べたVID値とDEV(PID)値を入力)(小生の場合それぞれ 0781 5583)

[OK]をクリック

Photo_6

もう一度[新規(N)...]をクリック

「プログラムの開始」を選択

プログラム/スクリプト(P)に、ダウンロードしたdevcon.exeへのパスを入力

   (小生の場合 G:\PG\Devcon\Devcon.exe )

引数の追加(A)に「enable “USB\VID_****&PID_****”」と入力(****には事前

に調べたVID値とDEV(PID)値を入力)(小生の場合それぞれ 0781 5583)

 (先ほどは引数の頭が「disable 」 2回目は「enable 」であることに

  注意)

[OK]をクリック

Photo_7

条件TABは次のようにした(各自で条件があれば変更して下さい)

Photo_8

また 設定TABも次のように(各自で設定があれば変更して下さい)

Photo_9

最後に[OK]をクリックして「タスクの作成」ウインドウを閉じる。

これでタスクが作成された筈です。一覧の所で設定した名前があるか

確認してみて下さい。

Photo_10

これでスリーブさせて復帰させるとこのタスクが自動的に走りDebcon

がUSBメモリを一度取り外し再度取り付ける作業をしてくれます。

 小生はこれで認識してくれるようになったようです。

« それは違うだろ!! インテルの業績下方修正  No1429 | トップページ | 爺バカネタを  航空ファンの聖地 千里川土手へ  No1431 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« それは違うだろ!! インテルの業績下方修正  No1429 | トップページ | 爺バカネタを  航空ファンの聖地 千里川土手へ  No1431 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK