新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« たとえ仕事での緊急出張ででも 楽しみが無くては  No1432 | トップページ | iPhone6 SIMフリーの発売中止の陰に。。。。  暴買 中国 No1434 »

2015年3月25日 (水)

少し贅沢な 夜行バスで  VIPライナー  No1433

 このところハードスケジュールである。2日続けての車中記事となる。

 

現在24日 22-20 大阪 天王寺駅から 東京駅前まで夜行バスの車内で

ある。

経費削減の目的もあり LCCを利用することが多い東京行きだが、さすが

に春休みになると料金が上がる、何度か書いたが小生の場合片道7千円

を超えるとLCCは安くなくなる、その場合は夜行バスの選択となるが愛用

の自宅から一駅での出発地点のバスは先週の段階で既に満席であった。

 

 そこでふと思い出したのが 先週の「ガッチリマンデー」でやっていた少し

高級感あるバスである。 確か VIPライナー だったとググるとすぐに見つ

かった。 ありがたいことに天王寺駅から出ている便に空席がありそれを

予約し 現在乗車 移動中というわけだ。

3列シートのバスでTVモニター付である。

HPではこう紹介されている。

Top

 やはり春休みということで既に満席のようだ。先も24日朝の状態で次

のような予約状況であった。

20150324_0750

天王寺駅すぐの天王寺公園前から乗車した。

Map

 実乗車してみると これはかなり広々としている。いつものバスは独立

3列シートだが このバスは 1+2の構成でその分通路が広々である。

小生は1列側を取れたのだが2列側でも座席間にカーテンがあり問題は

無い様に思う。

20150324_221402

 そしてこのバスの最大の売りは その座席である、リクライニングして

後ろの座席側には倒れないのだ。これなら前席の人がフルリクライニング

しても自身は狭くないし 自身がフルにイスを倒しても後方の人から怒ら

れる事もない、嘗て後ろの人にイスを蹴り上げられた経験がある小生には

誠ありがたい仕様だ。

 既に前席の人は かなりイスを倒しているようだが 小生は全く問題なく

ノートPCでこの記事を書いているのである。

 足下も広々 中々快適である。

20150324_221357

 このVIPライナー なんばや大阪には出発前のラウンジが使えるし、

東京駅でも到着後ラウンジが使えるので 女性にも人気とはがっちりマ

ンデーでも放送していたが 男性でも快適であることは間違いない。

 しかもこの記事は社内WiFiでの書き込みであるし USBコネク

ターが座席前にあり スマホの充電も問題なし 至れり尽くせりである。

 これで 料金は8千円程度なのである。いつものバスはほぼ同料金だが

6回で1回の無料券が現在あるので実質1300円程度の贅沢である。

まあ このくらいは許して下さい。

 

このところのハードスケジュールが祟り 既に睡魔が。。。。。。。。

快適に寝られそうであるが 前のTVモニターが小生を呼んでいるよう

な気が????

 それでは 夢の世界へと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この記事が公開される頃東京駅着のはずである。

« たとえ仕事での緊急出張ででも 楽しみが無くては  No1432 | トップページ | iPhone6 SIMフリーの発売中止の陰に。。。。  暴買 中国 No1434 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し贅沢な 夜行バスで  VIPライナー  No1433:

« たとえ仕事での緊急出張ででも 楽しみが無くては  No1432 | トップページ | iPhone6 SIMフリーの発売中止の陰に。。。。  暴買 中国 No1434 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK