新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« さらば ランサーエボリューション  No1491 | トップページ | ブラック企業って? 社内だけでは無く社外へのブラック有りますよ No1493 »

2015年5月21日 (木)

2014.4交通科学博物館の閉館から2年 少し遠いのが。。 京都鉄道博物館No1492

 大阪環状線 弁天町駅前にあった「交通科学博物館」である。確か幼稚園の

遠足で始めて言ってから 何度となく行った。 恥ずかしながら愛する奥様を

「駅弁が食いたい」とまで行って説き伏せ 無理矢理デートに行った事すら(既

に当時 娘も息子も 高校生以上で一緒に行ってくれなかった)有ったのだが

 

 今、我が家に滞在中の孫君 電車大好きそうなのでそれをネタに。。。。と

考えても 既に交通科学博物館は無い。2014年4月6日に閉館したのだ。

Koutu0

 大阪の交通科学博物館及び京都の梅小路蒸気機関車館を統合するとの事で

有ったが、昨日2015年5月20日開館予定の京都鉄道博物館(京都市下京区)に

ついて収蔵車両が決定したとJR西日本が発表しました。

 

 京都鉄道博物館の収蔵車両が決定しました!

 京都鉄道博物館、収蔵車両「国内最大」に 0系や500系新幹線、トワイライトなど53両全リスト

Koutu

京都鉄道博物館は現在、梅小路蒸気機関車館に収蔵している20両の蒸気機

関車、嘗て 交通科学博物館で展示され テレビドラマ「華麗なる一族」のロケ

で キムタクが乗車しているシーンを撮影した事で知られる 初代新幹線0系

車両、更に 先般引退したトワイライトエキスプレスカラーの牽引機関車EF81

更に更に 小生のプチ自慢(500系の試乗会に当選してまだ幼かった息子と広

島まで往復した事)の際 乗車した500系の1号車両など 合計53両の車輌を

展示するとしている。

車両が走っている営業線から博物館まで繋がっている線路を活用し車両を積

極的に入れ換える計画も有るそうで 現行の珍しい車両も機会に応じて展示

する考えもあるとの事だ。

無論現梅小路蒸気機関車館同様 SL他の動態保存もあり実走行も有るそうだ。

 Koutu1

 残念ながら 京都鉄道博物館の開館準備の為 既に高越科学博物館は閉館し

梅小路蒸気機関車館も今年8月30日に閉館予定である。孫君と梅小路蒸気機関

車館を訪れる夢は叶いそうにないが 来年の夏休みには京都鉄道博物館は狙い

なのかもしれない。

 (所で 駅弁とビールは販売しているのか???それを館内出来れば食堂車

  で食べられるのか???? 小生的にはその興味が大きいのだが。。。

   更に言うと 森のいかめし 富山のます鮨 横川の峠の釜飯を一度に

  喰らうと言うかねてからの夢をそこで実現したい)

 

正直なところ 弁天町は近いのだが 京都駅はチト遠い そこがネックなの

だが。

 それまでの間は しばし 我慢 京都鉄道博物館のHPでも見ながら想い

をはせる事に。。。  

   京都鉄道博物館 HP

Koutu2

 因みに この発表が有った5月20日 26年前の平成元年の5月20日に

「東武博物館」が伊勢崎線の東向島駅(東京都墨田区)付近にオープンして

います。小生行った事はないのだが昔 吉田類が酒場放浪記の冒頭で行って

いたのを見た記憶が。。。。   ホーム下に鉄道の博物館オープン

   (何か 5月20日は鉄道博物館に所縁があるのだろうか??)

« さらば ランサーエボリューション  No1491 | トップページ | ブラック企業って? 社内だけでは無く社外へのブラック有りますよ No1493 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さらば ランサーエボリューション  No1491 | トップページ | ブラック企業って? 社内だけでは無く社外へのブラック有りますよ No1493 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK