新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« Google+を使用されている方 いますか??  No1529 | トップページ | 円安についてまともな記事が  但し将来的には。。  No1531 »

2015年6月29日 (月)

Twitterのつぶやきから レイノルズ数 トムズ効果 イルカペイント? No1530

 昨日Twitterの速報性について書いたが もう一つ新しい情報を手に入れら

れると言う事も上がられようか フォローしている人の中にはしきりにRT

(リツィート)を行う人がいる、それらの中には小生が興味のないものが多

いのだが 別の意味では興味のないものまで知らしめてくれる その中には

当初は関係ないが 実は多いに興味のある分野に関係した言葉であるケース

もあり びっくりさせられる事がある。

 

 昨日もそうであった。

Photo

 上にあるように 誰かがつぶやいた 「レイノルズ数」について多くの人

がRTしている。レイノルズ数って何???

 いつもながらウィキペディアで調べると(難しいので引用)

 

  レイノルズ数Re は表面に向かう相対運動の中の流れを有する様々な状況

  として定義される。これらの定義は一般的に密度や粘性、及び速度や特性

  長さ、もしくは特性寸法等の流体特性を含む.この特性長さは慣習によって

  決められており、例えば、半径や直径は球や円に対して等しく有効である

  が、どちらか1つが慣習的に選ばれている。飛行機や船舶については、縦の

  長さもしくは幅が特性長さとして利用される。配管内の流れや流れの中の

  球の運動については、内径が今日一般的に利用されている。長方形配管や

  球体以外の丸みを帯びた物体のような他の形状については定義されている

  等価直径を用いる。圧縮性気体や非ニュートン流体のような、粘性や密度

  が一定ではない流体については、特別な規則が適用される。速度について

  もある環境、特に攪拌槽では慣習により定義される。

6614abbe5293274afa3b3c20d49c6015

      v: 物体の流れに対する相対的な平均速度 (国際単位系: m/s)

      L: 特性長さ(流体の流れた距離など) (m) 

  μ : 流体の粘性係数 (Pa·s 、 N·s/m² 、 kg/(m·s))

  ν : 動粘性係数 (ν = μ/ρ) (m²/s)

      p: 流体の密度 (kg/m³)

何の事か 良く分からないが 特に流体力学なんかでその抵抗値を計算際に便利

な数 と言う事になろうか??

 

 上の引用文中になるように大きな船(特に昔の戦艦など)では同じ出力の

エンジンを持つ船の場合船体長が長いほど高速を出せる事が知られていた。

船体長を延ばす事は重量増加を生むがそれでも長くした方が速力が増すので

ネイバルホリデ-と呼ばれた1922-1936年に頻繁に行われた船艦等の近代化

改修では一度船を真っ二つにして間に新しい船体を入れて船体長を延ばす試

みが多く行われている。

 又飛行機でも 初期の機体をストレッチして乗客数を増やした機体の方が

速力が早くなっり ジャンボジェット機のこぶの部分(2階席)を延ばした

-300型機以降の方が燃費がよい.。それらの事がレイノルズ数を計算する事に

より導かれるらしい。(それでも 良く分からないが。。。)

 そして このウィペディアページの3.4項にこう書かれていた

 船舶工学

  高分子溶液の層流は魚やイルカにより利用され、それらが皮膚から高分子

  溶液をにじみ出し泳ぎの間、体の上の流れを助ける役割をしている。これ

  はヨットレースにおいて利用され、ヨットオーナーはスピードをあげるた

  めに低分子量のポリエチレングリコールのような高分子溶液を船体の接水

  面にポンプ注入することがある。

 

えっ??? ヨットレースってやっぱりアメリカズカップ???????で有ろうか

船体と海水の間に別の物質を流す事で抵抗を減らす??イルカにより利用され

ている?? こ こ これは あの大石タモツの「イルカペイント」では!!

 

   イルカペイントは本ブログへの検索文言でも多いものの一つ

    効果が有るのだろうか? 高燃費塗料 イルカペイント No675

   参照下さい。

 

実はこの効果も古くから知られており「トムズ効果」と言われる論理だそうだ

 液体に少量の高分子物質を添加したとき,乱流の液体摩擦抵抗が著しく減少

 する現象をいう.この現象にはある飽和限界があり,それ以上添加しても効

 果が認められなくなる.

(1948年トムズにより発見 日本でも1969年,東京大学田古里哲夫教授らによ

 りそれまでの約20年間にわたる実験的,そして理論的な研究の歩みを詳細に

 は発表しているとの事,「ポリマー水溶液による摩擦抵抗減少について」

 (日本造船学会誌)(田古里教授は,自らもドジョウの皮膚分泌物のトムズ

 効果を確認したり・モータボートを使った実艇試験も指導していた)

 

  トムズ効果含めて 抵抗と推進の流体力学 は 下記参照下さい。

   抵抗と推進の流体力学

 

 つまり有る程度までは「イルカペイント」の目指す事は可能なのである。

大石タモツが開発に成功したイルカペイントは空気抵抗がほぼゼロであった

とされるのでトムズ効果の飽和限界を極限まで高める事に成功した事になる

 

なんて 現実の理論と漫画の世界を融合したブログ記事が書けるネタをTwitter

は小生に与えてくれた事になる 素晴らしきはSNSの世界である。

« Google+を使用されている方 いますか??  No1529 | トップページ | 円安についてまともな記事が  但し将来的には。。  No1531 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« Google+を使用されている方 いますか??  No1529 | トップページ | 円安についてまともな記事が  但し将来的には。。  No1531 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK