新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 丁度30年前の映画から始まった。。。    No1637 | トップページ | 成田空港へは。。。。 少しだけの贅沢かな??   No1639 »

2015年10月15日 (木)

世界の発明王が現代に貢献した最大の発明とは  No1638

 東洋経済にこんな記事が出ていた。

   電球だけではない!GEの10大発明総まくり

Ge

記事はこう書き出されている

  トーマス・エジソン。この発明家は、2332件もの特許で時代を変え

  「魔術師」との異名も囁かれました。エジソンが、あの白熱電球を

  世に送り出したのは1879年のことです。

此処で改めて トーマスエジソンを調べてみた。

ウキペディアにはこうある

  傑出した発明家として知られている。

  生涯におよそ1,300もの発明を行った人物であり、また人々の生活を

  一変させるような重要な発明をいくつも行ったことで知られている。

  例えば蓄音器、白熱電球、活動写真である

今我々が便利に生活できている多くの事はエジソンが発明したこれらの

物が基礎になっているのだ。

 Thomas_edison2

 元の記事に戻ると エジソンはこれらの発明を元手に 現GEを設立

(1892年)

   その後GEは、エジソンという稀有な発明家に依存するのではなく

   企業として“システマティックに発明を生み続ける”体制作りを

   目指し、1900年、その基盤として米国初の科学研究に特化した

   『GE中央研究所』を開設した。

     (末尾に続く)

とある このGE中央研究所からは多くのノーベル賞学者が生まれ多くの

発明が世に出されたとしている。

  1. 白熱電球と「夜も明るい時代」

  2. 「ラジオとテレビの時代」

  3. 電気冷蔵庫をはじめとする家電と「女性の社会進出の時代」

  4. 粋なエンタメ 「夜のスポーツ観戦を楽しむ時代」

  5. 電気機関車と「流通の爆発的拡大の時代

  6. 人工ダイヤと「マテリアル(材料・素材)ブーム」

  7. ずばり「ジェット時代」

  8. 「スペースの時代」のためのさまざまな技術

  9. 超伝導磁石と「本格的な非侵襲医療診断の時代」

  10. インダストリアル・インターネットと「超・効率化の時代」

これらの発明はGEから出たというのである。

 

 では エジソン 及びGEが作りだした物で一体何が一番この世の

役に立っているかお分かりだろうか???

 

 エジソンが考案した物で最も20世紀以降この世の中に影響を与えた

もの それは。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 「研究所」というシステムであると と言われる。

それまで 研究所という多くの研究者が共同である事を研究すると言う

組織はなかった エジソンはこれを作り GEにもそれをおいた。

その御 学校や多くの企業に研究所が置かれそこの中で大奥の世の中

役に立つ物が送り出されたという。

 

 上記の記事の続きはこうである

  これは当時としては画期的な取り組みでした。わずか3人の科学者

  と共に産声を上げたこの研究所は、やがてノーベル賞受賞者を2名

  輩出し、いまや世界9拠点で働く約3000人の科学者(その約半数は

  博士号)を擁する『GEグローバル・リサーチ・センター』の本拠

  地となっています。

 世界の発明王が発明した偉大なる発明 「研究所」 これからも多く

の研究がなされ未来に使われるであろう物が送り出されるに違いない。 

« 丁度30年前の映画から始まった。。。    No1637 | トップページ | 成田空港へは。。。。 少しだけの贅沢かな??   No1639 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界の発明王が現代に貢献した最大の発明とは  No1638:

« 丁度30年前の映画から始まった。。。    No1637 | トップページ | 成田空港へは。。。。 少しだけの贅沢かな??   No1639 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK