新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 何でもくっつければ良い物ではないが 此も時代の流れなのか  No1689 | トップページ | 7作目 果たしてその出来は???           No1691 »

2015年12月 6日 (日)

自動車の自動運転 普及させる前に結論を出しておかなければ No1690

先に書いた

 

  自動運転 貴方ならどうしますか??  No1629

 

の続編である。

  

 各自動車メーカーやGoogleなどがしのぎを削っている感がある自動車の

自動運転システム。上記の記事で小生は懐疑的な事を書いているのだが

それはさておき 今後一般大衆に普及してくる事は間違いないのであろう。

その際重要な要素の結論を出す必要があるように思える。

  

 それは 最終的にドライバー(人間)と機械が異なる指示を車に対して

出した時に どちらを優先すると言う事である。

機械(コンピューター ロボット)が考え出された瞬間からあり得る問題でも

有るのだが。。。

 古くは1940年頃アイザック・アシモフにより提唱されたロボット三原則だ

  第一条

   ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過

   することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。

     第二条

   ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。

   ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りで

   ない。

     第三条

   ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、

   自己をまもらなければならない。

  

このロボットの部分を自動運転システムに置き換えた場合 第2条を考えれ

ば人間の指示が優先されるべきとも考えられるのだが?

 

 現実の世界で自動運転が進んでいるところではどうだろうか???

興味深い記事が 東洋経済に出ていた

 

  ボーイングとエアバスに見る自動運転の現実

 

現実にかなりのレベルの自動運転システムが導入されているのが民間旅客機

の世界である。しかし 細かく見てみると本ブログで過去何度か触れている

ように2台メーカーと言われる ボーイングとエアバスではその考え方が異

なる。記事中の言葉を使って説明すると

 

 ボーイング-ソフトプロテクション

   機械の抑止を人間がオーバーライドできるようにしておく方式

   つまり極限で人間と機械が異なる指示を出した場合人間の指示

   が優先される

Photo_2

 エアバス-ハードプロテクション

   機械による抑止を人間がオーバーライドできないようにする方式

   あらゆる局面で機械の指示が優先される。此を解除するには自動

   装置そのものをOFFにする必要がある。

Photo_3  

の二つだ。

 それぞれにメリット・デメリットがあり航空機事故も起こっている、が

現状どちらが優れているかその結論は出ていない。

両者の考え方は上記の前提も基づくのだが現状こうなってきているそうだ

(引用します)

 現在はボーイングの航空機にもエアバスのようなハードプロテクション

 が導入されています。いざというとき人間に主導権を戻しやすいのが

 ボーイングですが、絶対にやってはいけない境界もあり、その場合は

 人間の入力を意図的に無視して、違うやり方を認めないようにする。

 エアバスのいいところをボーイングが採り入れている格好ですね。一

 方のエアバスは「人間はエラーを犯す」というのが根本にあるので、

 何かしらエラーが起きても機械で制御しようという考え方が強いよう

 です。

 

小生的には最後の最後は自身の考えを優先したいのでソフトプロテクション

派であるとも言えるが 無論人間は間違える物なのでそれが全体として正し

いとは限らない。自身の判断で自身のみが被害を受けるのであればそれでも

自身の考えを優先するだろうが 自動車の運転となると被害は他者に及ぶ可

能性も高く容易には決められない。

  

航空機のような専門のスキルを持つ人間がそれぞれ専用の訓練を受けて操縦

している場合は 異なる意見がある現状でもやむなしかもしれないが?これ

が一般大衆が運転する自動車となると やはり考え方の統一が必要になるの

では無いだろうか???

  

 事故等の責任を誰が(何処が)?負うかの問題と共に最後の操作は誰が?

行ったのかと言う事が明確になる必要が有ると考える。

 

 その結論を出す時期に来ているようだ。貴方なら どちらを選びますか?

 

« 何でもくっつければ良い物ではないが 此も時代の流れなのか  No1689 | トップページ | 7作目 果たしてその出来は???           No1691 »

コメント

どちらも×
自動運転のない車を選びます

環境重視のエンジン制御やパワステはやむをないとしても
アクセル・ブレーキの操作をダイレクトで行なっていない最新車も
乗る気はないですね

このまま、今の愛車を乗り続けるしかないですね
今13年なので、あと17年で30年
私の寿命もそれぐらいかと・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 何でもくっつければ良い物ではないが 此も時代の流れなのか  No1689 | トップページ | 7作目 果たしてその出来は???           No1691 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK