新ブログです

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 赤羽の夜は更けて  海外赴任のS氏を送る。     No1702 | トップページ | さて 皆さんにとって今年のニュースとは??   No1704 »

2015年12月20日 (日)

その世界観は38年の間に変わったのだろうか?・  No1703

 東京での忘年会を終え 先ほど帰阪した。夕刻から愛する奥様と1日

遅れではあるが 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を見に出掛ける。

 本来であれば当然公開日の18日夜に行くのであるが如何せん 赤羽

サミットという重要案件があった為やむ無しである。

 

Photo_2

初回作が公開されたのが1977年小生が17歳まだ高校生の時である。それ

から38年の年月が経たことは初回作が出世作になり今回作品にも出演

しているハリソン・フォードを見れば分かるのかも知れない。

 

 アメリカ映画では昔の人気作品の続編やらが多いのが最近の特徴出る

が多くの場合それは初回作を上回る出来にはならない。ターミネーター

他については今年の夏批判的なことを小生も書いている。

 

贅沢にダブルヘッダーで見てきました アベンジャーズ ターミネーター No1543

 

それはスターウォーズシリーズでもNo4-6に較べNo1-33の出来

が今一だった事でも同じであろうか?(No3のラストシーンで28年前の

No4の冒頭のシーンへ繋げたのは見事であったが)

 

 今回はそのNo3から10年後である。果たして物語としての繋がりを

うまく表現出来るのであろうか??

 今回フォースの覚醒についてはそのストーリーは極秘とされており今ま

でNET等でも紹介されていない。小生も楽しみは取っておきたいとの思

いで 調べもしていない。映画が始まったらその世界のどっぷりと浸れる

ことを期待したいのであるが。

 

事前の情報で 小生的には先ほどのハリソンフォードが出演していること

は?である。NO1-3 とNo4-6では 役者という点では同じ人が

出ていない。ヨーダやオビワンはいずれのシリーズでも登場しているが、

ヨーダは特撮であり オビワンは役者が異なる。(唯一の例外は皇帝を

演じたイアン・マクダーミドと言うのがあるが その雰囲気は多いに異

なっていた) それでも同一の連続したストーリーを構成したところは

脚本のすばらしさであり このシリーズの良さでもあるのだが今回それ

を破ったのは何故だろうか???

 

 因みに今はまだ映画を見ていなく 内容を全く知らないで書いている。

また、見た後での感想も当面は書かないので 興味のある方は是非映画館

に足を運んで(無論 配偶者や恋人がいらっしゃる方は一緒にどうぞ)

見ていただくことを進める。小生が良く行くMOVIXであれば小生同世

代のカップルは1100円で見らますから。

 

 (良いとも 悪いとも分からない作品を見に行けという無責任感。。

  但し アメリカでは大人気で 公開後初の週末興行収入が2億ドル

 (約240億円)を超える見込みだそうだ

   スター・ウォーズ、北米で興行収入240億円超 初の週末

 

 38年前は小生 ガリガリであったがもはや・・・・・・・・・・・

そんな年月を このシリーズはどう表現するのであろうか???

« 赤羽の夜は更けて  海外赴任のS氏を送る。     No1702 | トップページ | さて 皆さんにとって今年のニュースとは??   No1704 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その世界観は38年の間に変わったのだろうか?・  No1703:

« 赤羽の夜は更けて  海外赴任のS氏を送る。     No1702 | トップページ | さて 皆さんにとって今年のニュースとは??   No1704 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK