新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« うーーーん 民主党?????  No1726 | トップページ | ままままっまさか 今年は2回有るの? Sで始まりPで終わる所の終わり No1728 »

2016年1月13日 (水)

さて今年の大河ドラマは。。。。。「真田丸」  No1727

 少し遅くなりましたが 先の10日からNHK大河ドラマでは55作目

になる「真田丸」の放映が開始されました。

 初回視聴率は19.9%とまずまずの発進だったようです。

Photo

 

 このところ大河は

 ■花燃ゆ

 ■軍師官兵衛

 ■八重の桜

 ■平清盛

 ■江

 ■龍馬伝

 ■天地人

 ■篤姫

 ■風林火山

 ■功名が辻

 ■義経

と 古い順に主人公が 男 女 男 女 男 男 女 男 女 男 女

と来ていて 今年は男 という順番でもあります。残念ながら昨年の

「花燃ゆ」は2012年の「平清盛」をも下回る低視聴率でした。その理由の

一つに主人公があまり知られていないとの指摘もあります。女性が主人公

の場合上に上げたほぼ全数であまり知られていない人が主人公でしたが、

2008年の「篤姫」は高視聴率でしたのでそれだけとは言えないのかも知れ

ません。

 

さて今年は? 2008年の準主役を演じた堺雅人さんを主役に据え 主人公

も著名である真田幸村(信繁)とNHKも気合いの入っている様です。

脚本は 昔「新撰組」で転けたといわれる三谷幸喜さんですが 今回は?

 

 初回を見た感想ですが、小生的には主人公 信繁より 父昌幸役の草刈

政雄氏 及び 武田勝頼役の平岳大氏の演技に感心してしまいました。

 特に 味方に裏切られ続け 最後には行くところが無くなってしまう、

武田勝頼の哀愁というか悲壮というか もの悲しい姿は中々のものでした。

今まで 武田勝頼は偉大なる武田信玄の築いた甲斐の国を滅ぼした能なし

と描かれるのが多かったように思いますが 先般の第一話では先を読んで

いたのにも拘わらず 甲斐の国を離れることが出来ない孤独な武将という

面が強調されていました。

 小山田信茂が裏切り 木戸を閉められた後 家臣からどちらへ向かわれ

るのかと聞かれた際の 返答が

 「分からん」

というのが正に その前日 真田信繁が勝頼のことを

 「哀しいお方です」

と指摘しているとおり 正に哀愁一杯の泣かせる演技でした。

 

 

草刈政雄氏演じる真田昌幸が 

 「富士や浅間の山が噴火でもしない限り武田が滅びることは無い」

と行った直後に 浅間山が噴火 呆然として見つめる姿は三谷幸喜さん

の脚本らしい展開でもあります。

 (それ以上のおちゃらけは控えてよね というのが小生の希望ですが)

 

さて此からの展開 少し期待感があります。

 

最後のハイライトになるであろう 大阪夏の陣における戦いまでこの

1年多いに楽しましてくれることを期待します。

« うーーーん 民主党?????  No1726 | トップページ | ままままっまさか 今年は2回有るの? Sで始まりPで終わる所の終わり No1728 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さて今年の大河ドラマは。。。。。「真田丸」  No1727:

« うーーーん 民主党?????  No1726 | トップページ | ままままっまさか 今年は2回有るの? Sで始まりPで終わる所の終わり No1728 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK