新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« さて 決行してみました仙台空港経由の郡山   No1775 | トップページ | 凄い火曜日の後は とんでもない**が  アメリカ大統領選 No1777 »

2016年3月 2日 (水)

パラレルワールドストーリー さて どちらが? 京浜東北線 山手線 No1776

 東野圭吾氏の小説に「パラレルワールドストーリー」と言うのがある。

 

冒頭のシーンでは 主人公・敦賀崇史が並行して走る電車の中で 向こう側

の車両で見かけた一目ぼれの相手である津野麻由子と恋人同士である世界と、

敦賀の親友である三輪智彦と津野真由子が恋人同士である世界が交互に展開

(パラレルに展開)される内容である。

 

 その冒頭のシーンで並行して走る電車とは 東京の山手線と京浜東北線が

並行して走る区間(田端-品川間)を設定している。

 複々線区間や複数路線並行区間がある部分は 京浜地区 阪神地区に集中

しているようだが特にこの田端-品川間では車両本数も多く頻繁に並行して

走っているので 並行運転の醍醐味を味わえる。

Photo_2

 

この小説を小生の奥様が読んだときは この電車が並行するイメージが良く

分からなかったそうで 確かにそう言うシーンに慣れていない人には斬新な

シーンかも知れない。(複々線では抜かれるか追い抜く一方なので。。)

 

 鉄道マニアにとってもこの区間は色々興味深い。

先ず、山手線はこの区間には実は存在しない、そして京浜東北線というのも

路線としては存在しない。つまりこの並行区間を走る電車そのものがJR路線

のパラレルストーリーなのだ。

 路線としての山手線は 東京都港区の品川駅を起点に、渋谷駅・新宿駅・

池袋駅を経由して北区の田端駅を結ぶ全長20.6kmである。

 (因みに よく言われる蘊蓄で品川駅は品川区ではなく大田区にあるとい

  うのも・・・・・)

 更に 田端-東京駅間は 東北線 東京-品川間は東海道線 が正式な

路線名になる。従って 山手線の電車は 山手線-東北線-東海道線を渡る

電車のことで有り 京浜東北線は東北線と東海道線を直通運転している電車

のこと とかつてはされていたのだが 昨年の上野-東京ラインの開通でその

定義ももはや曖昧に。。。。。。。。。これまたパラレルストーリー

 

 さて 話を並行走行区間に戻そう この田端-東京ー品川の13.9kmは

日中(10:00-15:00)は京浜東北線は快速運転と称し停車しない駅が存在

するが、ラッシュ時を含むその他の時間帯は品川駅を除いて同じホームの

向かい合わせに停車 抜きつ抜かれつを繰り返している。結果として田端

~品川間の所要時間はいずれも26~27分で変わらない。つまり、山手線と

京浜東北線、どちらに乗ってもほとんど違いはない。その為 どちらかの

車両が何らかの事情で停止した場合 向かいのホームの電車に乗り換える

という光景すら良く見られる。乗客もそのパラレルさを理解しているのだ。

 

 さて この区間について書いた記事が 東洋経済に出ていた。

 

  山手線vs京浜東北線、"並行競走"の勝者は?

 

サブタイトルが 「田端駅-品川駅間はどちらが速いのか」である。

Photo

内容は 読んでいただければ分かるのだが 小生にも非常に興味深い部分

があった。引用すると

 

 まずは走行性能。営業最高速度はいずれも車両の設計最高速度に関わらず

 90km/hに制限されており、さらに同区間を走るのだから、これを比較して

 も意味がない。むしろ重要なのは起動加速度と減速度だ。この起動加速度

 と減速度は、必ずしも新型のほうが優れているわけではなく、線区の特性

 などを考慮して決められる。京浜東北線のE233系1000番台では起動加速度

 2.5km/h/s、減速度が5.0km/h/s。一方の山手線E231系500番台では起動加

 速度が3.0km/h/s、減速度は4.2km/h/sだ。

 

という部分である。加速性能と減速性能がそれぞれ異なり違いが明確なので

ある。その為 記事ではこう続く

 

 車両としてどちらが優れているということではないが、このデータから見れ

 ば加速性能は山手線、減速性能は京浜東北線に軍配があがる…ということに

 なる。ほぼ同時に同じ駅を出発すると、まず山手線が先行するが最終的には

 京浜東北線が追いついて次駅にはほぼ同時に到着…という光景をよく見るの

 は、こうしたそれぞれの車両の特徴が影響しているのかもしれない。

 

此処の記述は 小生も良く見ている光景である。この並行区間だけで車両の

規格を決めている訳ではないので 偶然そうなったのであろうが中々おもし

ろい現象でもある。

 

 記事では 車両性能(特に安全面等)は京浜東北線に軍配が上がり 座れる

確率では山手線に軍配が上がっている。

 

 記事の結論は “来た方に乗る” であるが 皆さんならどうしますか?

因みに 小説「パレルワールドストーリー」はラストシーンが 第一章の冒頭

に繋がるエンドレス小説になっていて 山手線の様な構成です。過去が未来に

繋がると、、、 田端-品川間は 現在 ということになりますかな???

« さて 決行してみました仙台空港経由の郡山   No1775 | トップページ | 凄い火曜日の後は とんでもない**が  アメリカ大統領選 No1777 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« さて 決行してみました仙台空港経由の郡山   No1775 | トップページ | 凄い火曜日の後は とんでもない**が  アメリカ大統領選 No1777 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK