新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 人間には抑えられない欲望が。。。こんな経験有りませんか?  No1801 | トップページ | たかがマウス されどマウス  こだわりのマウスって無いの?  No1803    »

2016年3月28日 (月)

確かにイヤホンの音は良い  のですが........ No1802

 しょうもないことを書き綴っている小生であるが 驚くべき事に学生の

頃は音について一応研究していた。今でははるか昔の話であるが。。。。

 

 ヘッドホンステレオの創始者ソニーの「ウォークマン」が世に出たのが

1979年であり 小生が上記の研究していたのが1981年頃であるからちょう

どヘッドホンという音の再生装置に注目が集まっていた頃である。

 よく言われていることであるが 何故ウォークマンがヒットしたか??

の答えの一つに ヘッドフォン(イヤホン)は音が良い と言うのがある。

 音とは単純に空気の振動である。誠に残念なことであるが エジソンが

音を記録する装置「フォノグラフ」を開発した当時から記録した音を人間

の鼓膜の振動として最終的に伝える装置(スピーカー・イヤホン)は基本

的な原理を変えていない。

 

音の記録は 空気振動を何らかの形で記録してそれを再び電気信号に変え

増幅して再び空気振動に戻すという形で行われる。技術が最初に進歩した

のは電気信号の領域であった、エレクトロニクスの進化と共に増幅の方法

が素晴らしく進化し 小さな信号から同じ形で大きな信号へ増幅すること

はごく当たり前になった、その後空気信号を何らかの形で記録する方式で

当初は いわゆるレコードと同じで機械的な振動に変えていた方式でこれ

は1980年頃まで主流の一つであった。1950年代後半から 磁気テープに

よる形での記録も進み いわゆるコンパクトカセットテープに記録する様

になり一般大衆も簡単に「音楽」を記録できるようになる、ちょうど小生

が中学生の頃 ラジカセ が全盛期になりラジオ番組から音楽を記録し楽

しむ事が出来るようになった、その後記録方式が大きく変わるのは電気信

号から光信号に変える CDの出現で これは「ウォークマン」より少し

後(日本では1982年以降)である。 しかし 真残念ながらその後30年以上

経過した現在でも 最後の再び音に戻すと言う工程だけは未だに基本原理

は進歩していない。

 

 電気信号を空気振動に変えるには 電気信号により空気を振動させる物

スピーカーの場合はスピーカーコーン(多くの場合は紙や樹脂フィルム、

繊維など)つまり「振動板」を使う。

 イヤホンでも基本的には同じ構造で材質はアルミ箔なども使われる。

電気信号でコイルに磁力を発せさせその磁力の強弱で振動板を振動させて

空気に伝えるのである。

 

残念なことに空気を振動させる場合その周波数(つまり音の高低)により

振動板の動く領域が異なり 更に人間に耳に空気振動が到達するまでには

沢山の障害物や 反響物があり 素直に耳に届いてくれない。全ての音を

正確に伝えることはいわばそれとの戦いである。スピーカーはそれを解決

する為に 周波数毎に振動板を変えたり(いわゆる2way3wayスピーカー)

その形状を複雑にしたり(スピーカーの形で 密閉型 バスレフ型 バック

ロードホーン型などがある)してきた。

 そして 音を聞く為の場所の状況を改善する必要まで。。。。。。

  (昔は 部屋を改造する 強者オーディオファンが沢山いた)

 

しかしイヤホンは振動板から鼓膜までの距離がごくわずかで小さな振動で

済む利点があり 容易く高音質にできた。これが「ウォークマン」が音が

良い理由である。つまり 安価で良い音が聞けたのである。

   

実は小生イヤホンで聞くのはあまり好きではない 理由は単純 本当の音

ではない違和感があるからだ。確かに低音から高音まで原音に忠実な音が

再現されている しかし 例えばコンサートで聞く音と明らかに違う。頭

の中にだけ音が再現されているのに違和感があるのだ。

 その為 小生はイヤホンにあまりお金を掛けることはしていない。

 

 今の若者は違うようだ こんな記事が出ていた。

 

   なぜ若者は3万円もするイヤホンを使うのか?

 Photo

今や 3万円もするイヤホンがかなり売れているそうだ。確かに音は良いの

だと思うが その出費に見合うのであろうか???

  

 今や記録されている音は小生がラジカセ時代にカセットテープに録音して

いた頃に較べて遙かに良くなっている、それに更にお金を掛けて高価なイヤ

ホンを買うというのは。。。。。。。。。。。

    

 出来れば 少し良いスピーカーを買い 大音量で音を楽しんで欲しい。

  

まあ 昨今の住宅事情等もあり 大音量で音楽を流すのは時間的にも制約

が有るが。。。

 かなり自然な音で楽しめるとも思うが。。。

(今も小生の横では 自作のスピーカーが良い音を奏でている)

 

上記の記事と同じ昨日 こんな記事も出ていた

 

  いい音を求める人に教えたい「スピーカー学」

 

参考にしていただきたい記事である。3万円も掛けなくてもキットいい音が

それも自然な音として 楽しめますよ!!

« 人間には抑えられない欲望が。。。こんな経験有りませんか?  No1801 | トップページ | たかがマウス されどマウス  こだわりのマウスって無いの?  No1803    »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確かにイヤホンの音は良い  のですが........ No1802:

« 人間には抑えられない欲望が。。。こんな経験有りませんか?  No1801 | トップページ | たかがマウス されどマウス  こだわりのマウスって無いの?  No1803    »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK