新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« ツイタマから乗り換えました Joytter Ver0.8.0へ  No1885 | トップページ | 阪和線に新型車両225系 7月1日デビュー  今は昔の阪和線 新快速 No1887 »

2016年6月20日 (月)

EUからの離脱問題 決戦は木曜日 果たしてどうなるのか??  No1886

 グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(通称イギリス----

イギリスというのはあくまでも通称です)のEUからの離脱問題 国民投票

は今週の木曜日 23日に行われる。

一昨日 残留派の女性国会議員が殺される事件があり、そこまで世論が二分

されている騒動であるとも、、

 

 と此処まで書いてきて同じようなことを確か書いたぞ。。。。と過去記事を

検索してみると 2年前 2014年9月2日に こう書き出した記事が、

 

  スコットランドのグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国

 (通称イギリス--イギリスというのはあくまでも通称です)からの

  独立騒動は住民投票(投票率84.6%)の結果 55.25:44.65の予想を

  超えた大差で否決された。

 プロの仕事というものであろうか 流石だ! ブックメーカー No1255 

 

2年前のスコットランド独立に関する住民投票に関する記事である。そして、

その際マスコミ等の報道より遙かに高い確率でその結果を予測していたのが、

ブックメーカーであると書いた。

 

では今回のEU離脱問題ではブックメーカーどう予測しているのであろうか

 少し前 15日のブルームバーグの記事であるが 

 

  なぜブックメーカーは英国のEU離脱ないと信じているのか

 

  イギリスやアイルランドの大手ブックメーカーの大半が、残留勝利の確率

  を60%以上と見積もっている。今週公表された5つの世論調査が離脱派

  の 優位を示したにもかかわらずだ。ブックメーカー、ラドブロークスのスポ

  ーツトレーディング責任者ジェイミー・マキトリック氏は「世論調査は有権者

  がある日、どう感じているかを尋ねるものだが、われわれは投票日の23日

  に実際何をするかを予想している」と説明。「過去の例では最終段階での

  現状維持への傾斜が見られた。心を決めていない有権者には特にこれが

  顕著だ」と述べた。

 

とある。ラドブロークスは前回のスコットランド独立問題でも否決が優位と

予測していた。流石に彼等はその予測が外れるとお金を失うことになるので

その予測は確実性が高いのかも知れない。逆にマスコミは自身の主張に近い

方を有利と報道する嫌いがあり 公平性を有る意味書いているのかも???

(本来公平であるべきなのだが。。)

 

さて、前回のスコットランド独立問題の住民投票でもそうであったが今回の

EU離脱問題でもその投票は木曜日に行われる。どうもイギリスでは慣例的

に国政選挙は木曜日に行われるらしい(法律では決められていない)。そう

言えば米国でもスーパーチューズデ-等と呼ばれ各党の選挙も火曜日に行わ

れるし 有権者が大統領候補者に票を投じる「一般投票」は、4年ごとに11

月の第1月曜日の翌日(11月2日 - 8日のうち火曜日)に行われる。その為に

イギリスでも米国でも選挙当日は職場から選挙に行くことが普通でそれは公

休扱いになるそうだ。

 (アメリカ合衆国大統領選挙やイギリス庶民院総選挙は、遅刻早退や勤務

  時間中の時間単位での休暇を政府レベルで認めている。週末の投票は

 「労働者の休む権利を奪う」との認識がある。)

  

 日本の場合 次の参議院選挙でも日曜日投票が一般的であるがそれも法律

で定めれているわけではない。

 国政選挙では1969年以前は平日を投票日に設定するのが一般的だったが、

1969年の衆議院議員総選挙の投票日が土曜日だったのを最後に平日投票は行

われていない。1970年以降の国政選挙では投票日を日本では一般に休日であ

る日曜日にすることが慣例となっている。日本の場合は平日に選挙を行うと

投票率が下がるという恥ずかしい結果になるのだそうだ。此処はいっそのこ

と韓国のように 国政選挙日を平日に設定しその日を休日にすると言う手が

有るのかも知れないが。

 

 日本の平日に選挙を行うと投票率が下がると言うのも恥ずかしいが 実は

イギリスの選挙が木曜日というのも その理由が????

 あくまでも諸説があるのであるが 本ブログではイギリスのBBCの主張

を採用しておきたい。

 その理由は

_

 かつて週給制であったイギリスでは 金曜日が給料日に当たり給料日前の

木曜日は既に金欠でお酒を飲めない すなわち 木曜日が唯一まともな判断

が出来る。。。。。と言う 大層立派な理由だそうです。

 

 何処の国でも 似たり寄ったりなのかも知れません???

« ツイタマから乗り換えました Joytter Ver0.8.0へ  No1885 | トップページ | 阪和線に新型車両225系 7月1日デビュー  今は昔の阪和線 新快速 No1887 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ツイタマから乗り換えました Joytter Ver0.8.0へ  No1885 | トップページ | 阪和線に新型車両225系 7月1日デビュー  今は昔の阪和線 新快速 No1887 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK