新ブログです

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 有る意味手抜きの記事なんですかね? **ランキングが多すぎる No1873 | トップページ | 続 許すと言うこと 寛大さが No1875 »

2016年6月 8日 (水)

許すと言うこと  寛大さが   No1874

 このところ報道でも 大きな意味で「許す」に関することが小生は多い様な

気がしている。北海道で置き去りにされた子どもが父親と再会したとき置き去

りにされた子どもはそれを許したと報道されている。

 又、「許す」段階に来ていないのであるが 某都知事の問題やw不倫騒動の

ミュージシャンの話なども 最終的にどう許す 許されるかがその最終決着に

なろう。

 (某都知事の問題は 中々 許さない人も多かろう

  又、ミュージシャンの問題は昨日の報道で 

   妻から「しっかり謝ってこい」…一生かけて償いを

  の見出しが出ていたが 此って先の某身重の妻いながら不倫した某国会

  議員の際にも同じような話が出ていて 思わず吹き出した。。)

 

そして 今日書きたいのは かの朝日新聞の記事である。

 Photo  

 先般の アメリカ オバマ大統領の広島訪問の後日談というかが載って

いた。

 

 「大統領が平和記念公園を後にしてからも、何千もの人が供えた花を見に

  来たと専用機の中で聞いた。大統領はとても感動し、広島、そして日本

  の人と個人的なつながりを感じた」

 

朝日新聞がこの様な記事を載せるのすら意外ではあるがそれはさておき、先

のオバマ大統領の広島訪問 戦後70年以上経ち 始めて落とした側の現職

大統領が公式に被爆地を訪問したのだが 広島でも日本中でも多くの人々は

「謝罪」を求めなかった。(中には そういう人もいるかも知れないが今回

の大統領の訪問の一連で謝罪を求める雰囲気は間違いなく無かったと思う)

実際 被爆者の人たちやその親族の方々は 口では

 「ソリャー 許せませんよ 決して許される事じゃない」

とは話をしている(上の言葉は 野球評論家の張本氏の発言である)が、

その実 今回の訪問にはそれ以上の意味を感じているからこそ それを先に

求めなかったのでは無いだろうか?あえて言うなら そのことこそ「許す」

事に繋がっていくのでは無いだろうか?

 

 今回のアメリカ大統領の広島訪問に先立ち 某国からは被害者と加害者の

立場云々の話が出ていた あくまでも某諸国から見れば日本は加害者である。

その加害者が被害者ズラするのは??? と言うのが彼等の意見であろうが

少なくとも広島の一般市民が加害者とは思えないのだが。

 

 そう言えば 某国は先般国家元首が英国を訪問している。(英国王が失礼

だったとつぶやいたとの報道も。。。)皆さんも昔学校で世界史を少しばか

り習ったと思うが 香港はかつて中国(当時は清)とイギリスが阿片貿易を

端にする諍いで戦争になった際の代償として長らくイギリスが統治していた。

 戦争の発端になった阿片 今では明らかに違法物でその取引すら許されな

いが当時はokだったらしい。それによる戦争で土地そのものを99年間もの

間他国が統治下においていたのだが それについてエリザベス国王や歴代の

イギリス首相が謝罪したことが有るのであろうか???・ どうしてそれを

求めないのであろうか???

 (あれは 清とイギリスの戦争で 中国共産党は無関係という詭弁は此処

  では通用しない もしそう言うのであれば 中華人民共和国設立後直ぐ

  に取り返せば良かった事になる 少なくとも鄧小平は清とイギリスとの

  条約を認めその国家継承者として99年後に香港の主権を引き継いでいる)

 

 ここからは微妙な問題を含んでいるが。。。。

小生は 第二次世界大戦時において「日本は中国に武力侵略した」と考えて

いる そして多くの中国国民に多大なる負担を与え 強いた。その事につい

ては当然謝罪が必要であると考えている。(今まで謝罪したかどうかは別の

話として)

   

 それは それで置いておいて。。。。。。

  

「許す」という寛大さを彼等にも持っていただきたいと切に願う。そうすれ

ば自ずと頭を垂れる側もより寛大になれると思うのだが。。。。。

 (此を書くと 身勝手と言われそうとも考えるが。)

 オバマ大統領の言う 核無き世界に最も必要なのは 「許す」心なのかも

知れない。

« 有る意味手抜きの記事なんですかね? **ランキングが多すぎる No1873 | トップページ | 続 許すと言うこと 寛大さが No1875 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 許すと言うこと  寛大さが   No1874:

« 有る意味手抜きの記事なんですかね? **ランキングが多すぎる No1873 | トップページ | 続 許すと言うこと 寛大さが No1875 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK