新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 許すと言うこと  寛大さが   No1874 | トップページ | 大変お恥ずかしい話ですが 知りませんでした  治具  No1876 »

2016年6月 9日 (木)

続 許すと言うこと 寛大さが No1875

 表題は昨日に引き続きですが。

 

それは 昨朝(6/8)の出来事であった。

 

 我が家の朝は例のドルチェグストの珈琲と小生はパン等のひとかけら、

愛する小生の奥様はフレンチトーストないしバタートーストというパターン

である。(珈琲をすすりながら めざまし占いを見るというのが恒例)

昨朝もその流れで占いが終わり(因みに小生も愛する奥様も蠍座である

が昨日は2位であった)ふと 小生の靴下等がでていないのに気がついた。

奥様に聞くと あっ忘れてたと 直ぐにタンスより靴下他を出してくれた。

 

何か 愛を感じませんか? そんな素敵な朝だったのです。その時までは、

 

 奥様が再び席に戻ろうとした瞬間、

 

     「あっ!」

 

との叫び声が

テレビから視線を奥様に向けるとそこにはテーブル上に有った珈琲カップ

をひっくり返し パジャマのズボンを珈琲で染めた愛する奥様の姿が。。。

 幸い 珈琲は少し冷めていたので「やけど」までは行かなかったのだが

パジャマのズボン テーブル 床のカーペットは珈琲の茶褐色の餌食と化

していた。

 愛する奥様にやけどが無いことを確認しつつ 懸命にそれらを拭こうと

している姿を見ながら ふと頭をよぎったのは 次の歌

 グレイのジャケットに見覚えのある珈琲のシミ 相変わらずなのね・・・

      (昨年 11/1 No1655 引き続き登場の名曲です)

        そして次の瞬間には 

 

              このケース もし俺がこぼしていたら 多分 えらい剣幕で

 

                 「もお !! なにすんのよ!!」

 

              と怒られていたのであろう。と考えていた。

そんなことはおくびにも出さず、小生は昨日の記事にある「寛大さ」を

もって 愛する奥様の些細なミスに対し「許す」判断を下した。

 二人して挙力し テーブルを拭き カーペットカバーを外して洗濯に

回した。

 「許す」判断をしたからこそ、そんな些細なことでけんかをし1日悪い

気分を哀話う事もなかった。

 その為か 昨日も二人仲良く過ごせたのである。

 

 やはり 「許す」事は 二人であろうと2国間であろうと 最も重要な

要素である事を改めて感じ取った 6月の朝 であった。

 

 因みに パジャマの珈琲のシミ 直ぐに洗濯すれば 取れますよね???

 

  パジャマのズボンに見覚えのある珈琲のシミ 相変わらずなのね・・・

  

では様にならない。

追伸

 小生が常に愛する奥様から「許されている」事は言わずもがなであります。

« 許すと言うこと  寛大さが   No1874 | トップページ | 大変お恥ずかしい話ですが 知りませんでした  治具  No1876 »

コメント

社長のこの些細な出来事がめっちゃ賛同できます!
まあ許すことの方がパワーとエネルギーが必要ということで。
平和な日々が過ぎていきます(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続 許すと言うこと 寛大さが No1875:

« 許すと言うこと  寛大さが   No1874 | トップページ | 大変お恥ずかしい話ですが 知りませんでした  治具  No1876 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK