新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 此処は素直に称えましょうよ 4257本 イチロー  No1883 | トップページ | ツイタマから乗り換えました Joytter Ver0.8.0へ  No1885 »

2016年6月18日 (土)

少し近づいたのか?キャプテンスカーレット  No1884

 昨日 こんな記事が出ていた。

Photo

遂に自動車のミラーの変わりにカメラとディスプレイモニターを使用した

「ミラーレス車」が解禁された。

 今まで死角であった所でも見られるようになるので安全性も高くなるの

かも知れない。

 

 小生は この記事を見て思い出したことがある。遙か昔 幼少の頃見た

人形劇 「キャプテンスカーレット」である。

 お若い方は多分知らないであろう。元々は1967年にイギリスで製作された

SF特撮人形劇である。(以下はウィキペディアから引用)

 

  2068年、地球防衛機構スペクトラムの火星探検隊が火星の異星人ミステ

  ロンの基地を発見し、監視カメラを攻撃兵器と誤認して基地を破壊。

  ミステロンは破壊された物質を復元し、不滅にする力=ミステロナイズ

  を持っており、火星基地を瞬時に復元した後、地球人を好戦的とみなし

  て絶滅を宣言。火星探検隊の隊長ブラック大尉をミステロナイズして

  地球に送り込む。

   地球連邦大統領の護衛に付いたキャプテン・スカーレットもミステロ

  ナイズでスパイにされたが、スペクトラムとの戦闘でロンドン展望塔か

  ら転落し、そのショックで人間の理性を取り戻す。不死身の力とミステ

  ロンを察知する力を得たスカーレットは、スペクトラムの切り札として

  ミステロンに戦いを挑む。

と言う設定だった。

 

 実はこのキャプテンスカーレットの前作がかの「サンダーバード」である。

サンダーバードはイギリスで成功したもののアメリカではそのセールスは失敗

だったとされていて その次を狙う新しい企画であったのだ。

( 実はイギリスではサンダーバードよりも此方の方が人気が高いそうだ)

   

日本では 1968年1月2日から放送されていて森永製菓の一社提供で有った。

(確か エンゼルパイのCMをやっていた記憶が)

 

 小生が何故この物語を思い出したかだが??実は この物語中に出てくる

メカの中に 追跡戦闘車 (S.P.V. Spectrum Pursuit Vehicle)と呼ばれるものが

ある,。世界各地に配置され、航空機などで最寄りの保管場所へ急行してから

行動をする。保管場所はガソリンスタンド前の路上に駐車されたトラックの

中、自動車整備工場、商人の倉庫などがあり、スペクトラムメンバーは利用

に際し、IDカードの提示を求められる。当作の代名詞とも言うべき人気メカ。

 非常に強力な装甲と、ロケット砲などの重装備を持っている。通常は2人乗

りなのだが 一番の特徴は衝突時の安全性を考慮し、座席は後ろ向きになって

いて、運転者はモニター映像を見ながら運転すると言う点に有った。

 

 当時8歳の 小生少年はこの後ろ向きに座るという点が何とも不思議でなら

なかった。衝突安全性を考えれば確かに後ろ向きの方が衝突という急減速時に

首から上が保持されやすいので理にはかなっているのだが 当時の小生はそん

な事すら分からず とにかく不思議で有ったのだ。当然 後ろ向きであるから

操縦はカメラとディスプレイモニターを使用している そう 今ようやく解禁

された事を 48年前に予測していたのである。(ドラマ設定上は今より52年

後の世界ではあるが)

 

 因みに このS.P.V 全長7.62m、最高時速321.8km/hで有り、車体前後

に8ローターのヴァンケルロータリーエンジン駆動とされているそうである。

 此も マツダのローターリーエンジンが将来復活するのでは無いかとの暗示

ではないだろうかと小生は考えている。

Photo_2

 いやはや この手のSFは侮れない (こち亀もそんな予言が有るとの噂が

今 NETで大流行)

 その内本当に後ろ向きに座る車が出てくるような????

« 此処は素直に称えましょうよ 4257本 イチロー  No1883 | トップページ | ツイタマから乗り換えました Joytter Ver0.8.0へ  No1885 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し近づいたのか?キャプテンスカーレット  No1884:

« 此処は素直に称えましょうよ 4257本 イチロー  No1883 | トップページ | ツイタマから乗り換えました Joytter Ver0.8.0へ  No1885 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK