新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 阪和線に新型車両225系 7月1日デビュー  今は昔の阪和線 新快速 No1887 | トップページ | 足かけ5日間の カブトムシの放し飼い??  No1889 »

2016年6月22日 (水)

小生の あいすものの 物語。。。。。。。。  No1888

 梅雨の間に晴れ間が出ると 暑いですね!!!

サンケイに記事が載っていた。 書き出しをあえて引用すると

 

  まず最初に言いたい。日本で市販されているアイスクリーム類の品質は

  世界一である。

   例えば、江崎グリコの「ジャイアントコーン」のコーン部分、森永製

  菓の「チョコモナカジャンボ」のモナカ部分には、世界最高峰の技術力

  が生み出した見事なサクサク感が盛り込まれている。

  また、森永の「パルム」にはバニラアイスの濃厚な味わいとなめらかさ

  に加え、チョコの口溶けが絶妙にマッチしている。

  正直、こんな高品質のアイスを100円程度で、コンビニエンスストア

  やスーパーマーケットで売る日本企業はすご過ぎる。このような技術は

  日本ならではで、海外ではアイスクリーム専門店でなければ、こんなサ

  クサク感や口溶けの食感を出すことはできない。

   しかし残念ながら、日本のアイスクリームは世界の国々でまったく売

  れていないという事実がある。正確には、売っていないのだ。

  世界最高品質の日本のアイスクリーム、外国で売れていない理由とは?

   

書き出しからしてかなり熱の入った書き方であるが 日本のアイスクリームの

すばらしさを語っている記事である。

   

 作者曰く これら世界最高品質のアイスクリームをコンビニやスーパーで

販売するためには それを製造する技術だけではなく小売店での温度管理は

当然 さらに物流においても緻密な温度管理が必要不可欠でそこが新興国で

は困難なこと さらにその妥協を許さないながらも安価で売る事の出来る日

本の商売スタイルと、先進国では高級アイスクリーム専門店でそれを購入す

ると言うスタイルとの差が日本以外の先進国に客層では、

  「所詮(しょせん)、コンビニのアイスでしょ」

との考えから 受け入れられていないそうなのだ。

 当然 日本では「所詮」と言う考え方が無く 高級品にはより一層の高品

質を求め コンビニ・スーパーでの100円程度のものでも可能な限りの品質を

要求する。(もはや それなり と言う言葉のレベルが高すぎるのかも)

   

この記事の作者はこれほど素晴らしい日本のアイスクリーム(100円クラス)

同レベルで諸外国でも販売できれば大ヒットするのでは??と考えている様

でもある それを実現するために必要なアイデアさえあれば との注釈付で

あるが。記事はこう締めくくられている

 

  日本のアイスクリームメーカーには、自慢の技術をどうすれば世界で生

  かすことができるのかを、ぜひ見いだしてほしい。

 

此処に大きな商売のネタがあるのかも。。。

 

  

 さて 小生結婚して早三十数年 小生のアイス  いや  愛する奥様は

小生の全てを知る無二の存在であるのだが その奥様が未だに理解できない

小生の一面がある。

 それは。。。。。。。。。。。。。。

   (以前にも書いているが。。)

小生 牛乳を飲まない。。いや 正確に書こう 嫌い である。中学生の頃

以来飲んだ記憶がないから 既に牛乳飲まない歴40年を超えている。

 

 しかし アイスクリームは大好きである!!!!!!

 

この点は当の当人が理解できていないのであるから 幾ら小生を愛する奥様

が理解できるはずもないのかも知れない。

  

 しかし そこは夫婦の愛 愛する奥様はせっせと小生の大好物の「アイス

(キット彼女の心は 愛す であると信じているが)」を買ってきてくれる。

冬場のメインは上記記事の作者も書いているが 香ばしいコーンのサクサク

感が絶品の 「ヨーロピアンシュガーコーン」であろうか?

Photo_4

これも販売店の保管状況でそのサクサク感に当たり外れがある、外れを購入

した際 愛する奥様は小生に それはもう済まなさそうに

 「ごめん 今回の少し湿気ってる・・」

と謝罪からはいる (そこが又愛しいのでもあるが。。)

 逆に当たりの場合

 「今日のは 美味しいよ!!」

と自慢げに語るのである。(奥様が作ったわけでは無いのであるが。。。)

 

もう一品年間商品は最寄りの生協(Coop)で買ってくるアイスモナカ。

 Photo_5

  (なぜだか 我が家では 「ミルちゃん」と呼ばれている)

 これまたモナカの皮のサクサク感が 一層中身のバニラアイスの味を引き

立てる(重ねて書くが 小生 牛乳は嫌いであるので 味わうことも無い)

上の記事の作者が コーンとモナカを取りあげているのも小生大いに賛同出

来る。やはり サクサク感は命である。

 

 そして 夏  そう暑い夏 既に暑くなってきているがこれからが本番で

ある。

 こうなってくると アイスキャンデーの出番であろうか???

定番 ガリガリ君は捨てがたいが 小生的にはやはり これ

Photo_6

 夏には柑橘系!! これで決まりである。(哀しいかな 箱入りのものは

1本のサイズが小さい やはりガリガリ君サイズのものがお勧めである)

 

 結婚して早三十数年 我が家は 「アイス(愛す)」で満ちあふれている。

« 阪和線に新型車両225系 7月1日デビュー  今は昔の阪和線 新快速 No1887 | トップページ | 足かけ5日間の カブトムシの放し飼い??  No1889 »

コメント

グリコのジャイアントコーンの開発者は、私の友人(といっても
75歳ですが)です。 また言っておきます。
先日もコーンの内側にチョコレートを塗って・・・ 上の部分を・・・
なんて話をしていました。その時は社長賞をもらったらしいですよ。

ガリガリ君は、最近梨の物が出ていて、かなり美味いという
噂が私の会社では言われています。
シャーベット系は普段食べない、と言っている私の向かいに
座っているお姉さんも言っています。
私も一度食べなければ!と思っています。
一度試しに愛する奥様に買ってきていただいたら
いかがですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小生の あいすものの 物語。。。。。。。。  No1888:

« 阪和線に新型車両225系 7月1日デビュー  今は昔の阪和線 新快速 No1887 | トップページ | 足かけ5日間の カブトムシの放し飼い??  No1889 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK