新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 振り返ってそこを見たとき・・・・・・ブーメランの如く No1920 | トップページ | 高転びにご注意を!!   中国  大企業  No1922 »

2016年7月25日 (月)

イギリスのEU離脱を地図で考えてみた。 No1921

 何かの本で読んだことがある、19世紀以降世界のリーダーを決める重要

な要素は人口である。と 同時に国土の広さも密接な関係があるとも。此処

で言う国土というのは人が住める或いは農業用地・工業用地になる言う意味

においてなのだが。

 

 こんな記事が出ていた。

 

 日本とほかの国の大きさを較べてみた

 

 地図上で日本の国土をほかの国と較べたものだ。少し各地図を引用させて

頂くことにする。

  

日本は世界と比較すると森林面積の割合が高い(国連食料農業機関のDATA

では約68.5%が森林)先進国ではフィンランド、スウェーデンに次いで第3位。

世界でも有数の森林国です。ちなみに世界の森林率の平均は約30%です。

その為逆に人が住める或いは他の農業工業を行う面積はかなり小さいと言う

事になるのだが その狭い日本(GDP世界3位)をアメリカ(GDP世界1位)

と比較すると

Slide_450906_6027202_free

 その国土面積差は歴然である。(但し 日本の南北は結構なものである)

世界2位の中国と比較すると

Slide_450906_6027210_free

となる。此も差は歴然である。人口差も大きい。

  

それではEU全体と日本を比較すると

Slide_450906_6027208_free

此を最初見たとき 小生の感想は案外日本は広いんだ!との感想を持った。

単純に見ると稚内-鹿児島間が デンマーク(コペンハーゲン)-スペイン

(バレンシア)間になる。

ドイツ国内のフランクフルト-ミューヘン間は日本では青森-仙台間という

所である。

 やはりEU諸国一国一国ではさほど国土が広いと言うことは無いのである。

 

 だからこそ EUとしてひとかたまりに成り広大な国土を持つアメリカ・

ロシア・そして中国と対抗しようというのは地図における面積感からすれば

間違っていないのである。ドイツ・フランスの2大国は対立から協調を選択した

のである。(他の諸国もそれにのった)

 

逆に違った見方をは 3位の日本 4位のドイツを比較すると分かるよう

な気がする

Slide_450906_6027212_free

 どちらも広大な面積は有せず小さな国土なのだ。此から考えるとイギリス

は一人でやっていけないはずがない。そんな気がしませんか??

 

 かつて明治維新直後の東洋の小国と同盟を結んだのはイギリスであった。

フランスとの対抗上という問題は有ったにせよいずれも島国の両国は価値観

がある部分一致していたのかもしれない。

 

 今米国大統領選挙では TPPからアメリカが距離を置くのでは??との

推測がある。そうしたとき日本として次の手はEUから離脱したイギリスと

手を組むと言うのはどうだろうか?? 今イギリスは中国一辺倒との報道が

有るが 実は日本メーカーのEUの拠点の多くは未だイギリスにあるのであ

る。かつて同盟を結んでいた仲でもある、イギリスのEU離脱をチャンスに

変える手だてを探るのも悪いことでは無いような気がするのだが。

« 振り返ってそこを見たとき・・・・・・ブーメランの如く No1920 | トップページ | 高転びにご注意を!!   中国  大企業  No1922 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリスのEU離脱を地図で考えてみた。 No1921:

« 振り返ってそこを見たとき・・・・・・ブーメランの如く No1920 | トップページ | 高転びにご注意を!!   中国  大企業  No1922 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK