新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 2つの事故から知らなければならないこと  No1981 | トップページ | まさかこのネタを小生が書く羽目になるとは。。。。。 No1983 »

2016年9月24日 (土)

VPN GATEからのメールが引っかかる???  No1982

 1ヶ月ほど前の記事であるが 現在ビジネスにこんなのが載っていた。

 

  スノーデンの警告「僕は日本のみなさんを本気で心配しています」

 

2013年6月にアメリカ政府の監視システムを告発したエドワード・スノーデン

Photo_2

今もロシアに滞在している、アメリカに帰国すれば重刑に処さえると言われる

彼 アメリカ国家安全局(NSA)の契約職員だったエドワード・スノーデンは

かつて日本にも滞在していたことが有るらしい、インターネットの裏側で大規

模に執り行われている監視と言うか検閲の実態あからさまに暴露したのだが、

日本の社会は彼の警告をまともに聞いたのであろうか??

 今やメール、携帯電話による通信無しの世界は考えられないのであるが、

それらすべての通信等は実は監視されている。と彼は主張する。コレは一般

庶民ならずも 日本・ドイツ等の同盟国の首相の電話ですらそうであった。

アメリカが メルケル首相 安倍首相の携帯電話を盗聴していたのである。

 

引用するとこうまで

  

 発言3 「多くの場合、最大手の通信会社が最も密接に政府に協力しています。

 それがその企業が最大手に成長した理由であり、法的な規制を回避して許認

 可を得る手段でもあるわけです。つまり通信領域や事業を拡大したい企業側

 に経済的インセンティブがはたらく。企業がNSAの目的を知らないはずはあ

 りません」

  日本の通信会社がNSAに直接協力しているのか、それはスノーデンにも分

 からない。だが、彼は言う。

 「もし、日本の企業が日本の諜報機関に協力していないとしたら驚きですね。

  というのは、世界中の諜報機関は同手法で得た情報を他国と交換する。まる

  で野球カードのように。手法は年々攻撃的になり、最初はテロ防止に限定さ

  れていたはずの目的も拡大している。交換されているのは、実は人々のいの

  ちなのです」

 

と我々の通信 そしてこの記事を誰が読んでいるかまで彼らは把握しているの

かも???

 

さて 小生、本日中国出張を終え帰国します。

  

 中国滞在中 小生がいつもお世話になるが 筑波大学によるプロジェクト

    筑波大学による公開VPNサーバー VPN GATE

 

である。

 このサービスを使わず 中国国内でTwitter Facebook等にアクセス出来ず

不便を被る。駐在者の方々はより安定している有料のVPNサービスを利用

される方々も多いようだが 出張ベースになると 有料のサービスには入り

づらい その為確度は低いが当該サービスで サーバーを探し出して通信す

るというのが小生の出張時である。

  

 VPN GATE このサイトには登録しておけば毎日3回 メールで毎日

ミラーサイトの URL 一覧を送信してくれるサービスが有る。

 (VPN Gate ミラーサイト URL メール配信サービス)

 当然小生も申し込んでる、今までそれで不便を感じなかったが。。。。

 

今回中国国内に入った日から時折メールの受信が止まるというか キャンセル

される事象が繰り返された。はじめは原因が不明であったが 翌22日午前中に

ふと気がついた。VPN GATEからのミラーサイト通知メールが有ると

そのメール以前の未読メールを読みにいけなくなるのだ。

  

小生が使用しているNiftyのメールサーバーのみの症状かどうかは不明

だが 明らかに中国で何らかのチェックが行われそのメールを読めない様に

しているとしか考えられない。仕方がなく メール振り分け機能で該当する

メールが来た場合 ゴミ箱に自動振替させ メールソフトでは読めないよう

に設定した所 安定してメールが取れる様になった。当該メールを見る必要

があれば ゴミ箱は30日間保持されるのでその間にWEB上で見に行けばまだ

見ることが出来る。(それがいつまで出来るかは不明だが)

 

しかし メールの差出人なのか 内容なのか不明だが特定のメールがあれば

そのメールそのものをメールソフトが読みに行けないようにするなんて、、

 

 まあ 露骨にそれを行う 中国 秘密裏にそれを行いそれを暴露したもの

を重罪に処するとする アメリカ 世界の2大 大国である。

  

 ある意味 どっちもどっち?? 中国式に言うと 五十歩百歩 である事

は間違いない。

« 2つの事故から知らなければならないこと  No1981 | トップページ | まさかこのネタを小生が書く羽目になるとは。。。。。 No1983 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VPN GATEからのメールが引っかかる???  No1982:

« 2つの事故から知らなければならないこと  No1981 | トップページ | まさかこのネタを小生が書く羽目になるとは。。。。。 No1983 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK