新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 実は  本当に怖い **のお話。。。。。。。  No2001 | トップページ | ようやく秋らしい日々 週末 食べたくなるのが   No2003 »

2016年10月14日 (金)

あえて書くなら 元気がないと言うのはこういうことかな?? No2002

 2000回を超え 今更よもや小生のブログが「炎上」するなんてことは無い

とは思うが。。。。

 

 少し気になっている報道が有る。一つは今週始めの報道で、

  

  「残業100時間で過労死は情けない」 教授の処分検討

Zanngyou100   

もう一つが

 

  NHK「貧困女子高生」報道炎上は何が間違っていたのか

 Hinkon

後者の当初の報道に対しては以前にも小生意見を書いている。

 

  「相対的貧困」って 此はNHKが間違っているでしょ  No1956

  

今でも あのNHKの報道の意図が小生には理解できない。が 今回は

先の記事も含めての意見を。

  

 

武蔵野大学の教授の投稿は

 

 「月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない」

 「自分が請け負った仕事をプロとして完遂するという強い意識があれば、

  残業時間など関係ない」

  

であったが これに対してNET上で批判が出て当人も

  

  「つらい長時間労働を乗り切らないと会社が危なくなる自分の過去の

   経験のみで判断した」

  

と釈明したようだ(それに対して大学側が処分を検討と言うのが今の流れ)

 

 小生はこの事件での 電通の新入社員が自殺した真の原因は知らない。

報道でしかそのストーリーを読んでいないが この程度の内容ってかなり

多くの企業(極端話し公務員の世界でも)有るのではないかと正直の思う。

 それを 自殺した-弱者となった-から 一方的に擁護する必要が有る

のだろうか???

少なくも「電通」の社員になったと言う時点では社会的「強者」であった

のではなかろうか??(多くの電通を志望した人たちを弱者に押しのけて

採用された強者と言う意味で)

就職と言うのは 仕事が合う合わないは人それぞれに違い 志望した会社

が自身に合う保障は無く ある意味バクチみたいなものでも有る。そして

合わないと判断した時、通常人間が考えるのは その会社を辞めると言う

判断であり 「死ぬ」と言う判断は明らかに間違っている。しかし、彼女

は「死ぬ」を選択した なぜだろうか。

  

 教授を批判する人はそこは考えないのだろうか???

 

 NHKの報道で未だに小生が理解できないのが「相対的貧困」なる言葉で

ある。前回も書いた引用であるが もう一度引用させていただくと

 

 「貧困とは、努力が報われないこと。生まれたときから機会が平等でない

   こと。どんな家に生まれても、努力するための基礎がある、スタート地点

   には平等に立てる社会を目指すために、子どもの平等を社会全体で考える

   こと。いまの日本には、その視点が欠けていると思うのです」

 

とあったのだが 努力して報われないこと=貧困 であれば世の中の殆どの

人が貧困になってしまう。

 

上の報道も 下の報道も 貧困や弱者 を明らかに勘違いしているところから

始まっている。そしてそれは 今の日本が抱えている非常に大きな問題点でも

ある。

 

 貧困や弱者の立場から抜け出そうと努力している人は決して

 貧困者でも弱者ではない。

  真の貧困・弱者はその立場から這い上がる努力をしない人

 

少なくとも 昭和20-40年頃までの日本は明らかに今の日本より貧乏であり

生活は決して楽ではなかったが 多くの人がそこから這い上がる努力をして

いた。だからこそ世論調査を行うと多くの人が自身は貧困者ではなく中流で

あると回答していたのではないだろうか? 

 自身は貧乏かもしれないが貧困者ではない と言うプライドがあった。

 

 それが今の人はどうだろうか?? NHKの報道で出てきた女子高校生に

「彼女は貧困では無い」というと「相対的貧困者」なるけったいな言葉を引

きずり出してでも彼女を貧困者にしようとする人たち(当人は擁護している

つもりなのかもしれない) 厳しい社会についていけず にも関わらず自身

の立場は守りたいと「死」を選択する新入社員 それを批判するとその考え

が間違っていると 死を選択した人を擁護する人たち。

 それらの人たちこそ 自身が上から目線で世の中を見ている事に気がつく

べきなのに。

  

 貧困者・弱者を助けてあげれるのは ただ一つ

 

  「努力することを教えること」

である。お金を上げれば良いということでは決して無い。また 同情を寄せる

のは失礼だということも。

 

 今の日本に 元気がない のは弱者を擁護して そこから這い上がる努力を

教えようとしない そんな社会が原因ではないだろうか?

« 実は  本当に怖い **のお話。。。。。。。  No2001 | トップページ | ようやく秋らしい日々 週末 食べたくなるのが   No2003 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 実は  本当に怖い **のお話。。。。。。。  No2001 | トップページ | ようやく秋らしい日々 週末 食べたくなるのが   No2003 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK