新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 持つべきものはブログ愛読者の皆様   メタペン  NO2008 | トップページ | ビックリしているだけではなく まず行動を  No2010 »

2016年10月21日 (金)

ビックリするとともに悲しみが徐々に増すニュースである。 No2009

 小生も既に半世紀をこの世で過ごしている。齢を重ねるに連れて昔は理解

できなかったことが わかってくることも多々ある。

  

 高校生の頃 学校で先生(おそらく今の小生の年齢と同じくらいの方)が

授業の合間に昔話をしたりすることがあった。そんな中で先生と同世代の方

がお亡くなりになるというようなニュースではたいそう悲しんでいたことが

有る。ティーンエージャー(この言葉も既に死語かもしれない)の小生達に

とっては70歳を超えたご老年の方々がお亡くなりになるのと 40-50歳の方々

が亡くなるとの違いが分かるはずもない。小生たちにとってはどちらも遥か

に年上であることには変わりがないからであったろう。

  

しかし、半世紀以上の齢を重ねた今 あの時の先生の悲しみが少し分かって

来ている。

 

 昨日 かつてラグビー界の貴公子とも呼ばれた平尾誠二さんがお亡くなり

になられたとの報道が。。。。

 Hirao

 彼は小生より2学年下である。小生はひ弱であり屈強な男達がその肉体を

ぶつけ合う ラグビーと言うスポーツを 真剣にプレーしたことはないが、

高校生の頃授業等で垣間見たその醍醐味は やはり捨てがたいものがあった。

  

 それ故か ラグビーを見るのは好きである。昔 正月と言えばラグビーで

(いつごろだろうか 正月のスポーツがラグビーから駅伝に変わったのは?)

日本チャンピオンと社会人日本チャンピオンが激突する 昔の日本選手権は

成人の日 1/15の風物詩でもあった。1月3日が大学選手権の決勝であり

正月休にには夢中で見ていた。その日本選手権で大学生との格の違いを見せ

つけ 最後には日本選手権のあり方そのものを変えてしまったのも平尾選手

が活躍していた 神戸製鋼かも知れない。

 

 彼は小生が大学2年のときに伏見工業の3年生としてラグビーの高校選手権

に出場して優勝(その1年先輩に大八木選手がいる)その後同志社大学に進学

同志社大学の3連覇の際の大八木選手とともに中心選手であった。ラグビーと

言えば 早稲田 明治の2強であり関東の大学ラグビーが日本の大学ラグビー

の中心と言われていた時代に 関西に同志社アリと輝いた時代でも有る。

 

 その後活躍は神戸製鋼に移り日本選手権で7連覇という偉業を達成している。

(因みに 神戸製鋼ではV1からV3まで主将を努めていたが 彼がチームの

 主将をしているときに負けたのは 大学生の時に日本選手権で新日鉄釜石に

 負けた1度だけであったらしい)

  

現役時代にファッション雑誌に登場して物議をかもしたこともあったが、精悍

な顔立ちは その体格も有り 写り映えも良かったように思う。

 

小生とは2歳違いであるが 同世代のヒーロでもあった。大学・実業団とともに

関西での活躍で 東京へのアンチテーゼの象徴でもあったように小生は感じて

いた。

 

その彼が亡くなったとの報道に接した時の驚きと その後ジワジワこみ上げて

くる悲しみを ああ、あの時の先生の気持ちはこういうものであったろうな?

と感じた。なかなかコレばかりは 年令を重ねないと分からないのだろうな?

とも。。。。。

 

 ご冥福をお祈りします。

 

« 持つべきものはブログ愛読者の皆様   メタペン  NO2008 | トップページ | ビックリしているだけではなく まず行動を  No2010 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 持つべきものはブログ愛読者の皆様   メタペン  NO2008 | トップページ | ビックリしているだけではなく まず行動を  No2010 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK