新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 少し読みたくなるような。。。。。経済小説   No2014 | トップページ | 関西電力の__を担当している保安会社です  No2016 »

2016年10月27日 (木)

司法判断をすべき内容なのかどうか?? 大川小学校訴訟 No2015

 昨日、仙台地裁は東日本大震災の津波で死亡・行方不明になった 宮城県

石巻市大川小の児童23人の19遺族が市と宮城県を訴えていた裁判で司法判断

を下した。

学校の責任を認め、計約14億2660万円を支払うよう市と県に命じたのである。

 Okawa_2

 東日本大震災の最大の悲劇とも言われるこの事件に初めて司法判断が下され

たのであるが その感想 皆さんはいかがであろうか??

 

 以下は小生の私見である。

 

 確かに犠牲になられた74名の児童の皆様のご遺族の方々にとってはいたた

まれない惨劇であった。その心情は、言葉で表すことのできないことであろう。

しかしながら この惨劇の責任が果たして学校(教職員)にあったかどうかに

ついては疑問を感じる。無論教職員は学校生活において児童の安全に配慮する

責任・義務があるこれに異論はない、しかしあの時あの状況でその判断が果た

して。。。。。。。。。

 

ウィキペディアでおさらい

 

  地震直後、校舎は割れたガラスが散乱し、余震で倒壊する恐れもあった。

 教師らは児童を校庭に集めて点呼を取り全員の安否を確認したのちに、避難

 先について議論を始めた。学校南側の裏山は有力な避難先であったが、悪天

 候(降雪)の中、急斜面で足場が悪いことから、児童らが登って避難するに

 は問題があるとされていた。約200m西側にある周囲の堤防より小高くなって

 いた新北上大橋のたもと(三角地帯)も避難先候補となり、裏山へ逃げると

 いう意見と、老人も含まれていることを考慮して三角地帯にするべきという

 意見が教職員の間で対立し、最終的に三角地帯に避難することになり移動を

 開始した。(事件はその直後発生している)

  地震発生から津波到達まで50分間の時間があったにも関わらず、最高責任

 者の校長不在下での判断指揮系統が不明確なまま、すぐに避難行動をせず校

 庭に児童を座らせて点呼を取る]、避難先についてその場で議論を始めるなど

 学校側の対応を疑問視する声が相次いだ]。普段から避難に関する教育を徹底

 し児童らだけの自主的避難により99.8%が無事だった釜石の全小中学校]や、

 地震直後より全員高台に避難させ在校児童が全員無事だった門脇小学校と対

 照的とされた。宮城県が2004年3月に策定した第3次地震被害想定調査による

 津波浸水域予測図では、津波は海岸から最大で3km程度内陸に入るとされ、

 大川小学校には津波は到達しないとされていた。そのため大川小自体が避難

 先とされていたケースもあり、実際に地震の直後高齢者を含む近所の住民が

 大川小学校に避難してきていた。

 

  

あの震災で 津波が大川小学校にまで到達することを予測できたであろうか?

(裁判では予測できたと判断しているが)

少なくとのこの事件では責任を追うべき教職員の11名中10名が犠牲になって

いる。自身の命をも守れなかった。人間は最終的には それは本能であろう

が自身の命を守る行動に出る。コレばかりは生き物である以上仕方あるまい。

当然自身の命が危険にさらされているかもしれない状況で どこに逃げれば

いいか?を議論するのは致し方ないと思う。既にマニュアルにある避難場所

にいるのにもかかわらず逃げる場所を探す。。。。。

   

 おそらく 児童も避難してきた高齢者もおらず教職員だけなら裏山を登る

ことを決断したのではないだろうか??

 しかし その決断ができなかった、果たしてそれを責めることがで出来る

のであろうか???

 

 

重ねて申し上げる、遺族の皆様の憤りは十分理解しているつもりである。又

それが今回の訴訟につながることも致し方あるまい。しかしながらこの裁判

の判決はそれでいいのだろうか??と疑問を感じるのである。

 無くなれれた教職員10名の方々にも遺族の方々がおられる。

その方々は被害者の遺族なのだろうか? 加害者の遺族なのだろうか???

 

 今回の司法判断にはその点がの配慮がないように思える。。。。。

 と言って 小生には本来判決はこうあるべきであったと言うものは無いので

あるが、可能性として

 (唯一 思うのは司法判断するべき内容ではないと 訴訟そのものを棄却

  出来たのではないか???とは思うが)

« 少し読みたくなるような。。。。。経済小説   No2014 | トップページ | 関西電力の__を担当している保安会社です  No2016 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 司法判断をすべき内容なのかどうか?? 大川小学校訴訟 No2015:

« 少し読みたくなるような。。。。。経済小説   No2014 | トップページ | 関西電力の__を担当している保安会社です  No2016 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK