新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 知らないうちに片棒を担がされている??  本質は何か??  No2185 | トップページ | ちょこっと変わったものをいただきました。 SUBARU  No2187 »

2017年4月16日 (日)

「インド」と聞いて 頭に浮かぶ曲は??   No2186

 昨夕は愛する奥様と二人で(いつも基本二人であるが) 先週の花見の際の

残り物の焼肉を堪能していた。 ブラタモリ見ながらの愛いっぱいの(当然)

のんびりした夕食で ビールを飲みながらほろ酔いである。

 

夕食後ふとテレビではニュースをやっていた。ありがたいことに昨日はかの

北朝鮮さんもおとなしかったようで軍事パレードは有ったがミサイルの発射

・核実験はその時間まではなかった。そのためか 他愛もない話題であった。

 

Photo

   日本のNPO法人が、誰でも楽しみながら参加し、チームワークや

   協調性を学ぶことができる日本式の運動会のよさを、インドの人た

   ちに知ってもらおうと開かれました。

 

 と有った、どうしてそれが「インド」なのかその真相は定かではない。しかし

ながらこのニュースを見て 小生も愛する奥様も実は同じ曲が頭に浮かんだ

のである。

 

 

 皆さんは 「インド」と聞いて どんな曲が浮かびますか??

 

 

 

 小生の性別は 男性であり 愛する奥様は女性である。従って 子供の頃

見ていたテレビ番組は異なっている。にも関わらず 「インド」と聞くと次

の瞬間に この曲が浮かぶのは実に不思議である。

 

その放送は1972年10月から1973年9月までの1年間であるから 丁度小学校

6年生から中学1年の頃であろうか??

 別に爆発的にヒットしていたわけでもないようだ。ウィキペデイアによると

平均視聴率は関東地区で15.5%、関西地区で20.5%だったそうだ。

 

  主人公の名前はヤマトタケシ 対決する組織は 死ね死ね団

 

と言ってもピンとこない人のほうが多いのではないだろうか???????

小生も愛する奥様も覚えていない。にも関わらず。。。この曲だけが。。。

まさに不思議である。

 

 よくある話かもしれない 曲のほうが有名になった映画は沢山ある。

 プロレスラーの入場曲に使われた スカイ・ハイも本来映画の主題歌で

 あるのだが 映画よりも曲のほうが有名では??

 

話を 「インド」に戻そう 

ここまで書くと記憶力の良い55歳以上の人は思い出しているかも知れない。

やっぱり インドと言えばこの曲ですね!!!

 

歌っているのは後に声優として有名になる水島裕 実はこの歌が芸能界へ

のデビューである。

 それにしても インドの人は 日本人の中でこの曲がインドのイメージと

言われると はた迷惑なのかもしれない。

まあ それほど当時のインド 魅力的だったのかも?? と言えるかも

 

ビートルズ(特にジョンレノン)が かなり影響を受けたり 同じくアニメ

のタイガーマスクでも インドのミスター・クエスチョンが登場したりして

ミステリアスに描かれていました。

 1970年代 インドはミステリアスなところだったのかも???

 

それにしてもそこで修行するって  大変だったんでしょうね!!

« 知らないうちに片棒を担がされている??  本質は何か??  No2185 | トップページ | ちょこっと変わったものをいただきました。 SUBARU  No2187 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「インド」と聞いて 頭に浮かぶ曲は??   No2186:

« 知らないうちに片棒を担がされている??  本質は何か??  No2185 | トップページ | ちょこっと変わったものをいただきました。 SUBARU  No2187 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK