新ブログです

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« チェッと待った!! なんか受け取らない側が悪いとでも言うの?  No2176 | トップページ | ダイエットの敵ではあるのですが食べてしまうのは罪でしょうか?  No2178 »

2017年4月 7日 (金)

少し進歩して手動4段階切り替えに  R732  No2177

 大事に使い 少しでも寿命を永らえようと。

 

 愛機R732(何かと話題の多い東芝製だが)購入が2012年9月TOP既に

4年半を経過した。

使用上の問題はないが先般ご報告したようにCPUファンがフル回転(正確

に言うとフルではなく90%程度らしい)する様になってしまった。 やむなく

整流用ダイオードを使用して回転数を落としたのだが応急的に回転数を固定

する形であった。

 

    無理やりファンの回転数を落としました。 R732  No2172

  

そこでありあわせのもの(先般のパーツの残り)と使用していないPCMCIA

スロットを使い手動であるが回転数を切り替えできるようにしてみた。

 単純に整流ダイオードの数でコントロールする作戦である。

 

まず 低速(通常)は 現状通り整流ダイオード4直列の形、その上に中速

(整流ダイオード3直列) 高速(整流ダイオード2直列) そしてフル(直結)

の4種類だ。

 

先般改造したファンの電源ラインから 一旦整流ダイオード4直列を外し

電源ラインをPCMCIAカードスロットまで引き伸ばす。PCMCIA

カードスロットは裏蓋についているのでバラす際にケーブルを外せるよう

に途中接続コネクターを設置し メモリスロットをヨコに置いた。ここは

裏蓋を取り外す際に隠れネジがあるの必ず外すので丁度都合が良い。

 20170406

 PCMCIAのダミーカードを改造し小さなスイッチを3つ設置し電圧

コントロール用の整流ダイオードもその側においた。 

Img_2852

 カードを外すイメージでダミーカードを引き出してそのスイッチを操作

することで 4種類の回転を実現できた。

 通常(低速) =SW1状態

Sw1

 中速    =SW2状態

Sw2

 高速    =SW3状態

Sw3

 フル    =直結

Sw4

こうしてみると整流ダイオード1個で約650-800回転程度落とせる計算

になる。

 

 これで夏場も大丈夫であろう。

愛機 R732まだまだがんばってね!!

« チェッと待った!! なんか受け取らない側が悪いとでも言うの?  No2176 | トップページ | ダイエットの敵ではあるのですが食べてしまうのは罪でしょうか?  No2178 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少し進歩して手動4段階切り替えに  R732  No2177:

« チェッと待った!! なんか受け取らない側が悪いとでも言うの?  No2176 | トップページ | ダイエットの敵ではあるのですが食べてしまうのは罪でしょうか?  No2178 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK