新ブログです

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

1

おしりさんの独り言

栄久堂吉宗          美味しい和菓子

A3

ドスパラ

日本ブログ村

PINGOO

  • PINGOO

ドスパラ2

3

地域別アクセス

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

FACEBOOK

FACEBOOK ぼんち揚げのつぶやき

パソコン工房

« 早くも6ヶ月になろうとしています、、  No2233 | トップページ | 何度やっても SMS>キャリアメール>GmailのPush>OUTLOOKのPush No2235 »

2017年6月 3日 (土)

トランプ大統領だけがエゴイストでは無いように どっともどっち No2234

 アメリカのトランプ大統領が パリ議定書からの離脱を発表した。

Snapcrab_noname_201762_182449_no00

 各国 特に欧州各国は怒り心頭のようだが??

   

 (最近 よく「そもそも論」と言う言葉を耳にする 森友問題の国会で

  安倍首相が発言したことがきっかけだが・・・・・・・・・・・・・)

 

そもそも論で書くと、

 

 1 果たして人間の活動によりCO2などが排出されて結果地球が温暖化

   しているというのは本当だろうか??

 

 2 もし地球が温暖化しているとしてそれが人類に悪影響が出るのだろう

   か?? 地球そのものに悪影響だろうか??

 

 3 上記の2項を本当に欧州各国の人々が信じているなら どうして即刻

   自動車に乗ることを止め 火力発電所を止めないのはなぜか??

 

4 同様に そうであるとしたら先進国 途上国共に地球という閉鎖空間

   にあるのに その排出に対して負う責任が異なるのはどうして??

 

 5 パリ議定書にある排出ガスの取引とは一体誰のためあるのか??

 

 

など いっぱい疑問点があげられる。

最近の研究では違う説もあるが 小生が子供の頃は こう習った。

 

 何万年も前の地球は今よりもっと暖かかった。その為動物が巨大化し恐竜

 が生まれた。しかし その後何らかの理由で地球の平均気温が下がり恐竜

 たちはその環境変化についていけず絶滅した。

 

 地球は今まで何度か 氷河期と呼ばれる寒い時代が有った。何らかの理由

 で地球は冷たい時代ー温暖な時代を繰返している。

 

現在もすべて否定されているわけではないのでこれらは事実であろう。

 そして ここ4千年(所謂人類の歴史と重なる時代)は 氷河期-温暖期

のどちらの属するかというと どうやら氷河期に近いらしい(小氷河期と呼

ぶ人もいるようだ)。

 これは 日本の昔の住居跡が東北地方等からも発見されていて その証明

だと言う人もいる。

 そしてその小氷河期から脱して徐々に温暖化しているというのである。

つまり 人間の活動により温暖化しているのではなく 長い地球のサイクル

がそうなっていると言う理屈である。

 

これらの説を唱える人とイヤそうではなく人間の活動による温室効果ガスの

排出が地球温暖化を加速している という人々の議論 今では後者が優勢で

ありその結果が パリ議定書になっているのだが そこには 先進国と呼ば

れる国々のエゴ と途上国と呼ばれる国々のエゴが渦巻いている。

 

 話をややこしくするのは 温室効果ガスの排出量の1位の国と2位の国が

それぞれに分類されていると言う事実である。ご承知の通り1位は途上国に

分類される中国で 2位は先進国に分類されるアメリカである。

 

 先進国はかなり強力な排出ガスの削減目標があるのだが 途上国に対して

は緩やかである。まあ 先進国は過去大量のガスを出してきて その代償と

して多額の利益を得てきた それを今更 地球環境の問題だからと途上国に

もその削減を求めるな!! と言う途上国の論理も間違ってるとは表立って

言えなかったのだ。

 (但し 未来の人類に対してその区別は無意味と小生は考えるが??)

 

 それを トランプ大統領は率直に意見表明したに過ぎないと小生は考える。

 ドイツの首相がそのことをあからさまに批判しているが?? 自動車って

ドイツ人の発明では???  その意味ではドイツ人の責任も重いですよね

  (確かに 自動車の大量生産を発明したのはアメリカ人ですが??)

 

小生が一番疑問に思うのは 排出ガスの削減ができなければその量に他の

国から「お金」で買うことができるという今の枠組みである。これで完全に

環境がビジネスになってしまっている。それは大きな誤りではないだろうか?

 

 結局 金で環境が買える と各国の首脳は考えているのだろうか??

 

 だったら すべての国がそうすれば 地球はどうなるのだ???

   

 「京都議定書」そして「パリ議定書」とあまりにも 建前だけで議論されて

来たのではないだろうか?? (建前だけでなく そこにお金儲けの要素が含

まれていることも)

 

 こうして 一部の国が さも環境に優しいと 褒め称えられ またある国は

途上国の立場を利用してますます温室効果ガスを排出する。。。。。。。

 (褒め称えられた国のメーカーが 自動車の排気ガスを偽装Iし ある途上国

  の首都は 窓を開けて入れないくらいに空気が汚れているのだが)

 

 確かに 決めたことから簡単に 「一抜けた!!」と言うのはいかがなもの

かと思うが ここいらで 本当に地球の未来を真剣に 本音で議論しなければ

本当に地球は滅んでしまうかもしれない。

 

 その意味では わがままな超大国のリーダーの今回の騒動はいいきっかけに

なれば良いのだが???

 

« 早くも6ヶ月になろうとしています、、  No2233 | トップページ | 何度やっても SMS>キャリアメール>GmailのPush>OUTLOOKのPush No2235 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 早くも6ヶ月になろうとしています、、  No2233 | トップページ | 何度やっても SMS>キャリアメール>GmailのPush>OUTLOOKのPush No2235 »

フォト

r

 フォローは下のボタンで

Follow me

無料ブログはココログ
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

2

A2

JALのページ

  • JAL FACEBOOK

ANAのページ

  • ANA FACEBOOOK